海外在住何十年の後、伊豆の山に惹かれて古い家を買ってしまい、 埋もれていた庭を掘り起こして、還暦の素人が庭を造りながら語る 60年の発酵した経験と人生。

プラマーの子

アメリカの水回りは要注意だった。
新築だって油断はできない。ウチの風呂の蛇口は赤いラベルが水で青から熱湯がでた。代々の持ち主は気にしていなかったが。

友達の家はコンドで隣の住人の部屋から水がしみ出てきた。さあ大変である。どこの水道菅が悪いのか。コンドの共有スペースの菅か、個人の所有権のある部分の水道菅か?
壁の中なので壁を壊すしかないのだが、水道や(プラマー)を呼ぶ費用、壊す費用をだれが持つか?誰も払いたくないので、誰もプラマーに電話してないのである。
結局、全員でミーティングしてプラマーを呼ぶ費用は壁を接するオーナーで負担して、修理箇所のオーナーが修理費を持つと決まった。

電話帳にはプラマーのナンバーがずらずらある。
おばちゃんもいろんなプラマーに来てもらった。おっさんが一人で人の家を訪れるとしたら、それはプラマーである。

「お前はプラマーの子」というアメリカのジョークがあったりする。アメリカの家は新築は少なくて、代々家に手を入れて売買するのが普通であったからどの家も、密かに爆弾を抱えているのだった。バケーションから帰ってきたら、リビングがプールになっていたという話もよく聞いた。

ジャネットはリビングの床下の水道菅が怪しくて掘り返さないといけなくて憂鬱そうだった。

ショッピングモールはジャネットの家より古いからもっと大変だった。リセッションで空いてしまったテナントを2か月無料にするとかあの手この手のプロモーションで広告した結果、大手のエクササイズ会社が2つぶち抜きで借りることが決まった。内装はほとんど終わりシャワールームとトイレの設置が残っている。

エクササイズ会社のマークは壁の中を走っているサビだらけの水道管を見て、危機感を覚えたに違いない。管理会社のフレッドにこのユニットの水道管は古くて信用できないと文句をいったのだろう、フレッドは安請け合いしてもしだめなら大家が修理費用を持つと言ったらしい。

新しいシャワールームとトイレの配管が完了して、蛇口をひねったら、壁から盛大に水が噴き出したそうだ。
もう一人のフレッド(同じ名前が多すぎ!)はプラマーでパン屋がたまに使っていてた。

このフレッドが恐るべきことに、このショッピングモール建設当時に水道管を設置した本人だった。ジャネットが聞き出したところ、ビルの建設当時から水道管の配管はヘンテコリンで、あっちこっちにつながっていない?行きどまりの?配管があるのだという

。二つばかりパーキングロットまで伸びてそこで盲菅なのだそうだ。ウチのユニットからも建物の外にでる菅があるそうだ。40年前の盲菅が地面の下でどうなっているかただ怖ろしいことである。

さらには、代々のテナントが水道管を継ぎ足し、合流させ、カットし、はては二つのテナントをぶち抜いた後に、また分割したりすると2つのテナントにまたがった管があるわけで隣のビジネスが水を流すと、こっちの水道管から下水に行くとか長年この建物の水道管を扱ってきたフレッドももう何が何やら分からんのだそうだ。

2年後、3つ隣りの本屋のブランドンのトイレが爆発し、ブランドンは新トイレと配管に2万ドルをつぎ込んだのであった。

アメリカで訴える1

弁護士のフジツボ村
それはビジネスが安定し始めて、3年ぶりくらいに半日休んで友達の集まりに出たのであった。自分にご褒美を上げるつもりで。そこで、友達の顔におかしな斑点があるのに気が付いた。勘のいいひとはお分かりだろうが、レーザーである。

日本人は頬・かん骨部分にシミができやすい。美白クリームを試すより、レーザーで焼くのが手っ取り早い。ただ、おばちゃんはその時初見でなんだろうと思ったのである。まずいくらか値段を聞いた。友人は顔全体で$350。カサブタが取れれば赤ちゃんのようなピンクの肌に戻るの!私は早速電話番号を控えた。

次の週に紹介されたエステで施術を受けた。ところが、カサブタがとれたにも関わらず、ピンクの皮膚でもなく薄茶色の肌が見えるばかりである。ダウンタイムがあるから、しばらく待たねばならいそうだが、。結論から言うと、シミはとったがその痕がレーザー焼けで色素が沈着してしまったのである。
Pigmentationという。

おばちゃんはいろんな薬や美容液を試したがついにUCLAの皮膚科の専門医に行った。大損害だわ。調査して分かったのは、カリフォルニア州でレーザー器具を操作できるのは医師だけである。

つまり、施術者のエステティシャンは、もぐりでレーザー治療していたのだ。おばちゃんはエステティシャンの監督庁California Board of Barbering and Cosmetologyにクレームをファイルしたのであったが、はかばかしい返事が来なかった。

CBBCはほっておいて、おばちゃんは弁護士を探し始めた。Medical Malpractice専門の弁護士である。
例によって、友人の弁護士に聞くと一人紹介してくれた。地図のプリントアウトを頼りに探すのだが、該当の番地の枝番がない。

おかしいなぁ、間違ったかな?おばちゃんは何度も弁護士事務所に行ったことがある。どこも、高層ビルか高級テナントに入っていた。
通りは住宅街で目に入る限り、玄関に芝生1階か2階建ての民家。どこにもビルがない。ぐるぐる回ると商業用ビルが見つかった。駐車場に止めて、とりあえず番地を聞いてみようとした。

クリニックのような作りだ。古い。ドアを入ると、驚くべきことにそこは本当にむかし歯医者かなんかクリニックだったようで、まさに昭和のお医者さんのようにすりガラスのちっちゃな引き戸の窓があり、まぎれもなくAttorney At Aawと書いてあって。超混乱しながら引き戸を開け、誰かいませんか?と呼ぶと白人のおばちゃんがハァ~イと出てきた。

おばちゃんにこの住所を探していると尋ねると、該当の場所を教えてくれた。指示通り車を走らせると、そこには。通りの両側は突き当りまでず~と、先ほどと変わらぬ住宅街である。

さっきは気が付かなかったが、それぞれの家のフロントの芝生には全部看板が立っているのだった。
Attorney ,, Law Office, Lawyer, Leagal Servies,,,,見渡す限りの民家はすべて弁護士オフィスであった。ひええっ!

時間が迫っていたので、家?(オフィス)に入るとリビングにテーブルが一つ電話が一つ。白人の秘書がいた。あなたの予約はスーザンだから右のドアを入ってね。もとはクローゼットだったのではないかと思うちっちゃなオフィスにはスーザンがいて私があれこれ事情を説明していると、

天井でゴンゴン足音がする。二階の弁護士。
スーザンは始終キリッっと背筋を伸ばして話を聞いてくれたが、残念だけど、ウチはそもそも1万ドル以下のケースは扱わないから。1万ドル以上のケースに沢山恵まれているようには見えなかった。

二階のベッドルームは2つか3つ。3人から4人の弁護士が一軒家をシェアし秘書を共同で雇って玄関に看板を出しているのか?
一歩家(オフィス)を出ると、見渡す限り道路の緑の芝生の両側には似たような民家が通りのはしまで並んでおり、おばちゃんはそれらの白い家が、岩にへばりついているフジツボのように見えたのであった。

弁護士あるある

弁護士資格を持っていれば一生食っていける優秀な人、でもなければ、すべての弁護士が高収入でベンツに乗っているわけでもない。それは弁護士でも優秀な上位5%の話である。

アメリカの弁護士でオフィスは間借り、車はトヨタ。、いや仕事がなくてタクシー運転手をしているなどの下位もいるのである。

弁護士!と叫ぶ。
契約書を読んでも自分の立場が分からないと、まず弁護士に相談することから始まる。

ある会社は、日本の習慣だった住宅手当をそのまま持ち込んでIRSからそれは給料だろうと突っ込まれて、どうなんでしょうと弁護士に詣でる。

ある人はビザのトラブルで、LAの有名な弁護士TXXXHIを訪れると、デスクの上には本物の砂時計があり、TXXXHIは話を聞く前に砂時計をひっくり返した。この砂時計は私も見た!

斜め向かいはGoogleのビルという超お高いオフィスでOCの弁護士協会BarAssociationから選んだ弁護士は、私がプロボノのクライアントなので、わかったようでよくわからない回答をして、早く切り上げたいのが見え見えだった。プロボノでなかったら10倍の料金が取れるから。

友人はある日曜の朝突然、自宅に引っ越し屋が現れて寝ぼけている顔に奥さんから”私、離婚したいの”と言われた。あれよという間に3人の子供と家具家財が目の前でどんどん運ばれ思考が停止した。次の日、離婚弁護士に電話を掛けて7時間も話を聞いてもらい、1週間後に電話相談の$20,000の請求書を受け取って、さらに呆然とした。

おばちゃんが怪我で入院中の知り合いを見舞って、地下のカフェテリアに寄るとジャケットを着た男が、いろんなテーブルに止まって立ち話し、何かをテーブルに置いて次のテーブルに向っていた。
弁護士である。

入院するほどの怪我だと、車の保険とか相手方とかディープ・ポケットが狙えるのである。

law

ひどい弁護士になると、莫大な弁護士請求書の明細にランチや朝食のドーナツ代などが含まれていて、なんだぁランチまでぇ?弁護士はシレっと、問題を解決するために自分の時間を費やしているのだから当然だと開き直る。

シャークだのスクルージだのぼろくそに言われ嫌われるのも弁護士である。血管をたててアメリカをダメにしたのは、弁護しだ!と真顔で力説するアメリカ人のおじちゃん。
ところが、身内家族が弁護士になると、ころっと評価は変わって、息子よ、よくやった!と父ちゃん喜ぶ。弁護士あるあるである。ウチも息子にほしい。

弁護士の敵は弁護士である。やわで経験が浅い弁護士が クライアント客に書いた婚前契約/プリナップ(Prenuptial Agreement)をカミさん方のタフな弁護士に破られてクライアントはカンカン。”あんたはこの契約書で大丈夫だと言っただろ。みろ、彼女に半分財産を持ってかれたじゃないか!”

カミさんが雇った弁護士費用もダンナが払うのである。泣くしかない。
ウチ(法律事務所)が書いたプリナップは破られません!最強です。
プリナップならXXX法律事務所へ。 
弁護士広告である。

知り合いは知らずに入居した家の大家が弁護士だった。トラブルが発生したとき、知人弁護士に相談した。ところが、通常の賃貸契約に見えた契約書はよく読むと、大家側が何でも好きなようにできると書いてある。

ムリ!都合7人の弁護士が契約書を読んだが、みんなサジを投げた。大家は現役LAの弁護士で、彼女の父は大きな不動産を経営するしかも引退したLAの判事だった。ムリ。彼女らの経験の粋を凝らして作成した契約書は鉄壁だった。

おばちゃんも何度弁護士!と叫んだことか。どこのナニ専門の弁護士か?
強ければ料金は高い。専門が広くてなるべく自分で払えそうな弁護士を探すのだ。

自分でやろう少額裁判  アメリカで裁判をする2

さて、違法レーザー治療で色素沈着が起こってしまって弁護士も一万ドル以下では動いてくれそうもないと思い知らされたおばちゃんはどうなったか?

お肌のダメージは、UCLAの皮膚科専門ですごいクリームを処方され、レーザー焼けはすっぱり治ったばかりか、顔はつるつるピカピカ、皆にどうしたの?と聞かれるほどだった。
そのドクター処方の漂白クリームはめっちゃ高かったし、日本から取り寄せた化粧品やサプリも笑って忘れられる金額ではない。

そのころ、エステティシャンを紹介してくれた知り合いの噂が聞こえてきた。彼女のシミも焼いたあと色素沈着したので当のエステティシャンに戻って相談したら、フォローアップとしてもう一度焼きましょうと提案されもう一度レーザーで焼いたそう。

おばちゃんは、色素沈着はレーザー焼けというものであること。メラニン色素が多いアジア系でしかも年齢が高くなると、色素沈着の確率は70%まで上がる報告があること。
そのそもカリフォルニアでレーザー治療を許されているのはドクターだけで、エステティシャンの行為は違法。皮膚科の治療を受けたほうがいいよとメールで連絡したのだが、遅かったみたい。

私の他に知り合いを何人も紹介していたようで、悪い報告があっちこっちからあり、彼女はノイローゼ状態になってしまった。彼女に専門家医やクリームの情報を送ってエステェティシャンの監督官庁California Board of Barbering and Cosmetologyにクレームをファイルしたことも知らせておいた。信じられないことに、件のエステティシャンはまだこっそり営業を続けているようだった。

CBBCはエステシシャンの免許監督官庁でクレームが認められたところでCBBCがおばちゃんに被害額を補填するわけではない。おばちゃんは強盗でもなければゆすりでもないからレザー治療の費用と回復にかかった実費を本人から返還して欲しいだけだ。
よほどの大事件でもない限り、「慰謝料」と言うものはカリフォルニアでは認められないので、実費だけ。ん~ん、そうするとやはり損害額としては少額裁判に訴えるしかなさそう。

お昼寝をあきらめる Do It My Self

おばちゃんはとにかく勤務時間が長い。自由になる時間がお昼過ぎの2時間くらいしかない。お昼寝をあきらめて、おばちゃんは少額裁判を自分でファイルすることにした。DIYのお国柄、自分裁判のヘルプページは沢山あった。おばちゃんは昼寝の代わりにそれらのページを順番に研究し、しかるべき手順を踏んでいくのである。

第一段階Demand Letter
おばちゃんはセルフヘルプにかかれている通りエステティシャンに実費の返還をリクエストする手紙を送った。レーザー治療によって、色素沈着になったこと。専門家医の診断と治療を受けたことを述べて、レーザー施術の費用と回復にかかった実費を求めた。

3―4日あと電話がかかってきて”色素沈着になったなら、私がもう一度施術をしたのに!”と、違法行為の本人が反省のかけらもなく、さらには専門家の診断は本当か?診断書を見せろと言ってきた。
診断書はもちろん取ってあったが、弁護士の要求でもないので見せる必要はない。手紙にドクターの情報を書いてあるのだから、自分でコピーを取れと言った。取れるはずはないのだが、。

次の日の同じ時間に、また電話がかかってきてカルテのコピーが取れないじゃないか!彼の国の言葉と金切り声でもう何を言っているか分からないのであった。

赤の他人がカルテの開示を要求できるはずはないのに、どうして知らないのだろう?違法施術といい個人情報守秘のルールなどの欠如といい、基本的な法治国家の知識に欠けているようで、おばちゃんは頭をかしげた。バカなんだろうか?取り合えずは第一段階修了である。

第2段階 請求書

時系列に沿って支払った費用と明細を記入しすべてのレシートのコピーも同封した。カバーレターには2週間後を期限として支払いがなければリーガルアクションを取ると締めくくった。

10日後くらいに大き目の封筒が届いた。彼女の弁護士からだった。Kimナンとか事務所だった。弁護士のオッファーは、彼女の施術料の返還と専門家医の治療費だけだった。話にならない。

おばちゃんは専門家医に辿り着く前に、原状回復費用は倍かかっているのである。違法行為がばれればエステティシャンの免許は当然取り消し、カリフォルニアではもビジネスができないのである。
なめられているのだろうか?

紹介者の知人は2回も効果のないレーザーを受けその他の知り合いは色素沈着を人に言えず密かに泣いている。ここでセトルしてはこいつはきっと違法行為を続けるだろう。おばちゃんはオッファーを蹴った。

第3段階裁判のファイル
少額裁判所はすごく近かった。昼寝をする代わりに、ちょっと出てくるとおじちゃんに断っておばちゃんは裁判所に着いた。短い行列があって、前のアメリカ人おばちゃんはノースリーブのシャツに短パンでサンダルを履いていた。

窓口からあなたは何日が都合がいいの?あの日はだめだから、この日にして、と旅行のフライトでも取るような調子で裁判の日を決めていた。列の中でおばさんやおっさんはあなたはどんなトラブルなの?と世間話を交わしていた。

どの人も不幸そうであった。おばちゃんは水曜日の午前中が空けられるので水曜日を指定し裁判費用は確か25ドル?を払った。訴状のコピーと送達者のリストを受け取ったて、
何食わぬ顔をして帰った。おばちゃんは一安心して大きな間違いを犯してしまうのである。

送達
次の週の水曜日、おばちゃんは電話を受けて裁判の送達がされていないというのである。しまった~。そうだった。送達をしない限り裁判は開かれない。電話の主は送達サービスで、後2時間のうちに送達を行えば裁判ファイルリングは完了すると言った。時速80マイルくらいで送達サービス・オフィスに行きポリス送達を選んだ。35ドルくらいだったかなぁ?

制服のポリスが、彼女のエステを直接訪れ目の前で彼女の名を確認して裁判の収監状を渡すのである。送達はぎりぎり間に合って、後は待つばかりだった。


開廷
少額裁判には弁護士を連れていけない。ただし、通訳は別である。
おばちゃんは2世のトオル君を選び半日拘束100ドルで雇った。水曜日の午前中、おじちゃんにちょっと出てくると言ってでた。

コートの廊下には開廷を待つ人々が椅子に座って時間をつぶしていた。トオル君とその列の前を通ると中ほどに見たことがあるようなアジア系がおりよく見ると日焼けしてすごくブスになったエステティシャンだった。傍らの同じく若いアジア系男と何かひそひそと話をしていた。英語がほとんどしゃべれなかったから、こちらも通訳だろう。

映画で見るようなコートである。法廷吏が開廷を宣言して、次に呼ぶ氏名は送達がなされていないので、コートを出るように言った。40人ほど着席していたベンチシートから3人ばかり立ち上がった。一人の婆ちゃんは唇を突き出し、この上なく不満そうであった。送達を忘れなくてよかった!とおばちゃんは胸をなでおろした。

和解
裁判長が話す。
裁判と言うのは国の税金を使って行われるものである。(そうだ。そうだ)いまこの場で、セトルできるならそれに越したことはなく法廷外でセトルを望むものは別室があるのでそちらで協議し、決裂したなら裁判に進む。

何人かの名前が呼ばれ、立ち上がってコートを出ていくパーティがいた。
驚いたことに、おばちゃんの名前が呼ばれた!ビックリしているとトオル君がどうします?Mediateしますか?する。あいつらが何をオッファーするか聞いてから裁判に進んでもおかしくないから。

別室には小さなヨレヨレのじい様がテーブルの端に座り、我々とエステティシャンと若い弁護士それとも通訳?(たぶん弁護士事務所の関係者?)が向かい合わせに座った。

仲裁役のじい様にレーザー治療でダメージを被って原状回復を求めていると述べると、相手の通訳?があきれたことに美容レーザー機器のパンフレットを取り出して、じい様に見せこの機械は誰でも買えるし(当たり前だ、買うだけでは違法ではない)いかに安全かと力説した。

もう絶句である。
ギロチンの歯に自分で頭を突っ込んでいるじゃないか?バカなの?じい様にレーザー治療はドクターにしか許されていない。このカリフォルニアでは、。きょとんとするじい様に”違法なの!”

すると、通訳?が依頼人は誠実な人柄だが(どこが!)金がなくて要求された金額は払えないと泣き落としにかかった。知らんね。支払いができないなら、和解(Mediate)はなしで裁判に行くわ。裁判になったらおばちゃんはレーザー機械の現物押さえていないし、密室の施術だったので証人がいないので、違法行為の立証にかなり苦労する。

すると、弁護士は全額一括払いでは無理だから分割払いでどうだろう?と、例えば20回払いとか?おばちゃんは20回払い?アホかいな。と一蹴りしようと思って、しか~し彼女が毎月くやし涙にくれながら小切手に私の名前を書く。20回!も

それを想像すると、うっとりとなってそれもいいかな。トオル君がいいんですか?と驚くほどすんなりといいよ。と言った。

仲裁役はそれではセトルメントの書類を作成して双方のサインをしてもらう。法廷外の決着であったとしてもケースは公的に7年?保存されるのである。おばちゃんはショッピングモールに帰ると、おじちゃんに「裁判に行ってきた。勝負には勝ったわ、全額分捕ったよ!」と報告した。
おじちゃんは何が?と狐につままれていた。

OCコートに和解案がファイルされると、CBBC(California Board of Barbering and Cosmetology)がコンタクトをしてきた。裁判の結果を教えてくれと言うのである。

私がCBBCにクレームをファイルしたときは、ほとんど何もアクションを取らなかったくせに。彼女に対してクレームが他からもファイルされたから、だと。

おばちゃんがクレームをファイルしたときに、CBBCが素早くアクションを取っていれば、レーザーの犠牲者は増えなかったのだ。おばちゃんは原状回復の費用はすべて回収することで合意した。それがどういう意味か分かるでしょう?とセトルメントのナンバーを教えた。

TV Series Judge JUdy

ジャッジ・ジュディ
訴訟の送達が終わってから裁判日を待つ間に、実はとんでもない手紙が舞い込んできた。テレビ番組のJudge Judy(ジャッジ・ジュディ)のプロデューサーから。
興味のあるケースなので番組で放映させてもらえないだろうか?というオッファーだった。OKなら取材チームを送ると。

おばちゃんはジャッジ・ジュディは番組のジャッジの中では一番好きだったし、少額で争っているアホみたいなアメリカ人が、しょうもない論理を振り回してジュディーに木っ端みじんにされてふてくされてコートを出てゆく番組を腹を抱えて笑っていたから、手紙を受け取ってから動転してしまった。

おばちゃんのケースもアメリカのリビングで腹を抱えて笑われるほど滑稽なのだろうか?他人事は面白いが、自分が笑われるのはまっぴらであった。オッファーの返事はしなかった。

おばちゃんは誰にも裁判のことを話していなかったから、裁判の当日、開廷を待つ間に同じく待っていた気さくそうな裁判関係者に思い切って番組オッファーの話を明かしてしてみた。

ジャッジ・ジュディからオッファーの手紙が来たんだけど。
あ~、ジャッジ・ジュディ?
あの番組はものすごい数のオッファーを訴人に送るんだよ。
珍しくないよ。
そうなの!?よかった!特別笑われるようなケースじゃなかったんだ。

ランダムで送って、オッファーを受けたケースを番組にするんだ。
でも、例えば私がオッファーを受けたとしても相手方がNoと言えば番組にはならないよね?エステティシャンは違法レーザーがバレれば、免許がなくなるから間違ってもオッファーにOkするわけがない。おばちゃんは疑問が解けて、ひとまず安心した。

おばちゃんはこの事件以来日本のあるお菓子が苦手だ。お菓子の名前がエステティシャンと同じなので、目にするたびに記憶がよみがえってくる。
やりたくてやったわけではないし。

モグラ対決

モグラという動物は見たことがある。
子供のころ田んぼの畔に遊んでいたような気がする。帰国してからはお隣の地所にある湧き水から水を飲んでいた。ムクムクしていてキュートだと思う。

ある日、貴重なダーラの苗を植えようとすると、地面が妙に盛り上がっている。
苗のために穴を掘るまでもなく、ごぼっと地面に穴が開いた。地面の下にトンネルがある。すでに植わっている苗も妙に地面から浮き上がっている気がする。気のせいではなく人差し指を突っ込むと、そにはぽっかりと穴があった。

雨が?水流が地面の下を流れたのだろうか?否、ここんところ雨は降ってないのである。立ち上がって段々庭を観察すると、地面のモコモコはあちこちにある。もしや、これが話に聞いたモグラだろうか?

私の危機管理能力は高い。
ツテも援助もなく外地で生き抜いてきた経験が能力を培った。早速、調べ始める。たかが、小動物駆除に大げさな作戦は必要あるまい。ミニマムのコストで最大の効果を!忌避剤である。

そうよ、そういえば、お向かいさんが先代のおばちゃんは、モグラ除けにナフタリンを庭に埋めていた。と。ナフタリン?以外な言葉が出てきたので、私は眉につばつけて、右から左に流していたのであった。ホームセンターで買ってきた忌避剤は、ナフタリンそのものに匂いがする。なんなら、このまま洋服箪笥にいれてもいいくらいだ。

とりあえず、庭のもこもこトンネルに落とし込んで、モグラを駆除してくれるわ。さて、ウチのモグラだが、忌避剤の説明書を読んでみると、モグラの導線を囲い退避路を絶つと、モグラがパニックになってあばれるという。モグラあばれ

ほんとかいな?と思うが庭に起こっていることはモグラ暴れなのだわ。しかし、モグラの主要路がどれで、退避路がどこかなんて分かるか?知らんがな。

モグラは敏感な動物らしい。匂いにも敏感だが音と振動も嫌なのだという。コストを考えて、ダイソーに走る。目的は風車である。風車が回る時その振動は風車の柄に伝わり、地面に伝わり、モグラに伝わり

モグラの細君が
「こんなブルブルする場所嫌だわ、あなた新しい物件見つけてきて?」
と一家移住間違いなし。モグラのお母ちゃんは風車の振動ごときは屁でもないらしかった。おばちゃんもダイソーで撃退できると信じていたわけではないけど。予算枠をあげて、真剣に作戦を遂行するときが来たようだ。

匂いと振動はすでに試したので、撃退器で音を試してみることにする。JAと園芸センターをとAliExpressを比べるとAliが一番安い。ソーラー電池のMole Repellerを買う。

モグラの主要路らしきトンネルに2機仕掛ける。杭を打ち込んでも地上には甲高いチーという音が聞こえる。お向かいのおばちゃんは聞こえないのだそうだ。聞こえる私の耳はまだ還暦。

そうして半年は静かだった。

今年の春、またモコモコが現れ始めた。メインストリー沿いで、ソーラー撃退器を迂回して植え替えたビオラやベルフラワーが軒並み根が浮いてしまった。撃退器はちゃんと動いているいるので、考えられる原因としては

モグラが慣れたのではないか?
モグラは慣れたのか?
モグラが慣れたんだな?
モグラは慣れたんだ!

線路沿いに住むと、いつの間にか電車の音と振動に慣れてしまうというではないか。ということで、作戦変更。ナフタリン系忌避剤 撤収風車 玉砕ソーラー撃退器 モグラの慣熟性に 退却
ネットを検索すると、面白い記事が上がってきた。冗談かと思ったけれど、

モグラはチューインガムが消化できず食べると死んでしまうという。元々モグラは栄養効率が悪く、四六時中食べていないとすぐ餓死するのだそうだ。記事の書き手は「マルカワのオレンジ・チューインガム」がよく効くという。

おばちゃんが子供のころ食べた、昔懐かし昭和のガムだけど、いったいどこで売っているだろう?
駄菓子屋展にはリンゴ・葡萄・桃・メロン味があったよ。モグラは匂いに敏感なので、素手でさわらないよう注意があった。おばちゃんの庭手袋は泥だらけで、間違っても人の匂いはしないから大丈夫よ。

早速、メイン・トンネルに落とし込む。食べたかな?死んじゃったかな?死骸が庭に転がっているんじゃないかしら。
毎日ドキドキして眠りは浅かったけど、モグラの死骸は一向に転がってたりせずかといって、モコモコは減りもせずグラジオラスの林にジグザグを書いてたりする。
ある晩、寝ながらふと思いついた。昔見たモグラは「おちょぼ口」だった。ミミズを縦に食べるのが精いっぱいの口に直径1センチを超えるマルカワの球体ガムは噛みにくいのではないか?

そこで、おばちゃんはガムを庭に転がっている石で叩き潰し、またもやメインストリート・トンネルに放りこんだのであった。念のために、ダンナにお願いしてモグラのメインストリートに木の杭をすき間なく木槌で打ち込んで、分断してもらってから、安心してゴージャスなベロニカを植えたのであった。

おばちゃん、うっかりしていたけど、モグラの被害は人類共通であるに違いない。英語のサイトを漁ってみると、駆除にはやっぱり匂いと音が良いという。
モグラはマリーゴールドの花の匂いが好きではないので、庭に侵入しないようにぐるりと植えよ、とある。モグラと一緒で、おばちゃんもマリーゴールドが嫌いだ。この案は使えない。

一縷の望みで、もしかしたらモグラはオリゴ糖が苦手かもしれない。人間の腸で消化できないらしいから、糖質注意のダンナのおやつのオリゴ糖チョコレートをかすめてチューインガムに追加してやろう。今度こそ、餓死するかも。オリゴ糖チョコをトンネルに掘りこんでみる。
アリが来た。

試せることはみんな試した。もう、最終兵器を投入するしかない。モグラ捕獲機は地面のトンネルに埋める。通りかかったモグラが踏むと、バネがハネル。

まず、ダンナが逃げた。私だって、即死したモグラを捕獲機から外したくない。かくて、取り寄せた捕獲機2器はトンネルのメインストリートに一応設置されたけど、地上に出ているバネは一向に閉まらない。

新たなトンネルは、捕獲機を迂回している。バネの取っ手は地上でサビ始めた。今日もウチのモグラは元気だ!

エンドレスの草取り

おばちゃんは山菜取りに誘われても断ろうと思う。何故ならきっと遭するからだ。目の前の山菜しか見えなくなって、一本摘んだら次の一本を探し、さらに前の木の茂みに進む。

気がついたら山の奥深~くに迷い込んで、帰り道も分からず詰め込みすぎた背負子の重みにヘタって、弱弱しく助けを求めるのだ。助けて~。

一般に学業とか、ビジネスとか、スポーツとかは結果が出るものは時間がかかるものだ。
ところが、山菜取りも草取りも結果はすぐ出る。ターゲットは明らかで目的ははっきりしている。次から次へ現れるトロフィーが麻薬のように人を誘うのだ。

おばちゃんはひときわ溺れやすい性格である。
だから山菜は取らず、庭の雑草取りに専念しようと思う。毎朝、起きると花ばさみをもって、花がらを切って庭を一巡回する。

今日のガウラの咲き加減はどうかとか、バコパは暑さにやられていないとか、そろそろ80円の芽が出てきたとか。どの段段庭コーナーに雑草の気配があるか、しかと目にとどめておく。

早めの昼ご飯を食べたら、庭に出陣である。
ドクダミは庭の恥だ。カタバミは敵だ。根を残すと将来に禍根を残す。ほじって根っこが完全に抜けたときの爽快感は、ニキビをつぶした満足感に通じる。

ヒメジョオンは双葉のころは、勿忘草とそっくりだ。若すぎると区別がつかない。2~3日経ってヒメジョオンだと分かったら、躊躇なく抜く。

外来者は軟弱なので、意外と踏ん張らずに抜ける。母子草は白っぽくぽやぽやと花は卵餡のような黄色。温情を掛けると、次の年は母子草の群生が出現する。

庭に出れば、おばちゃんは下を向いている。
鵜の目、鷹の目というが、おばちゃんの目は雑草を探す草取りの目だ。柵ごしにお向かいのおばちゃんと園芸話をしていてもおばちゃんの目は雑草取りモードになっているので、お向かいさんの顔を見るより、ついつい足元や背後の地面に気が行ってしまう。

おっ、お向かいさんの足元にドクダミ発見。背後にはスギナが!もう、抜きたくてしょうがない。

こんなに夢中になれるしかも金がかからない楽しみはそんなにないね。庭を2周くらい草取りをして、四時まえには撤収するのだが、その時はじめて庭を見ていないなかったことに気が付く。見てたのは地面と雑草!服を着替えて、ベランダから庭を鑑賞する。至福を味わう。

お向かいのおばちゃんによると、先代の家主のおばちゃんも同じだったそうだ。ベランダから庭を見る時が一番幸せ。と

ウチの庭には骨がある

ウチの庭にはトリ手羽と魚のカマが落ちている。
庭から生えたわけではなく、我々が食べた後の骨。カリフォルニアの友人が当時、EM(effective microorganisms)菌を利用して、ガーデニングをやっていて、私も何回か招かれたことがある。

米のとぎ汁にEM菌の溶液と糖蜜を入れて発酵させ、液肥として使ったり、生ごみをEM菌で発酵させて肥料として野菜や花つくりをしていた。

山の古家に落ち着いたらEMのぼかしとコンテナを買って生ごみを肥料にする計画だった。

友人はちょっと臭いと言っていたけど、生ごみはEM菌で発酵させると、卵の腐ったような臭い。それでも生ごみを捨てずに活用できるから、エコなんだけど。お茶ッ葉、残した魚の骨と皮、チキンウイング、野菜の皮。まんべんなくぼかしをまぶす。

コンテナが一杯になったら、先代のおばちゃんが残してくれていた大きなバケツに移す。
底に、ためておいた落ち葉、庭の土、発酵生ごみ、でまた落ち葉とバケツをミルフィーユ状態にする。

季節によっても違うけど、2か月くらいたったらちっちゃめのスコップで上下ひっくり返してみる。自然を大切にするグリーンファーマーになったような気がする。

EMで発酵すると、何でも分解されるのかと思っていたが大間違いだった。ぼかしの時点では、卵の殻もブリのカマもチキンウイングも原型をとどめている。アジの小骨は所在が分からなくなるけど、大根の皮も健在だ。この大根の皮はずいぶん長く形が残るね。

バケツのミルフィーユが6か月も経つと、腐葉土と生ごみはだいぶ馴染んで、土と溶けきらない手羽やカマまじり状態になる。

EMのコンテナは2つあるので、ミルフィーユバケツも2つできる。1年くらい寝かして、これから春!っていうときに庭に施す。
結果、ウチの庭は春先すこし臭く、チキンウイングやブリカマが散在する。お向かいのおばちゃんと話をするときに、ツツジの根元にチキンウイングが見えたりすると、そっと足で押しやる。

ブリカマは人に見られても正体は分からない。一度発酵して、太陽光線にあたった方が分解が早く進むようだ。

EMのぼかしが切れてしまったとき里のガーデンセンターのぼかしを代用したら、匂いが随分ましだった。発酵した漬物のような匂い。沢庵みたい! なので、それからは高いEMは使っていない。毎晩、生ごみの始末をするのが、面倒くさいかな。コンテナの蛇口が壊れて、ハエが入り込むので、ちょっとお休み中

日本のイチゴは獰猛である

イチゴが獰猛だなんて知らなかった。日本のイチゴは芸術域に達していて、アメリカ人に一粒食べさせれば感涙するに違いない。今までアメリカ人が食べていたイチゴとは何なのか、野菜か?アメリカのイチゴの中心は真っ白で固く酸っぱい。

ナイフでくりぬいて切りとるのだが、便利な芯ぬきが売っている写真のイチゴの白いところは芯、左のクラックは空洞。穴がもっと大きく空いていたり白い繊維が固い。

日本帰国の時に、これは日本で売っていないからと、イチゴの芯抜きを買ってきて親族に進呈し、親族も驚いて、目の前でちょうど旬だったとちおとめの芯を抜こうとした。とちおとめ 潰れましたわ。
そもそも、日本のイチゴの芯は大きくもないし抜く必要もない。それほど実はジューシーで甘くてかおりがある。

だが、芸術的なイチゴは高い!芯を抜いて、ざく切りにして丼に入れてヨーグルトをぶっかけて夕ご飯替わりに食べるような食べ方はできない。エイ!と目をつぶって8粒599円のとちおとめを買い、大事に大事に味わう。
もっと食べたい!

それで2株苗を買って、ポットに植えてみた。
1年目、数粒実を付ける、野生動物に半分やられる。残りをありがたく頂戴する。イチゴはポットで年越しした。

2年目、ポットからやたら子株が伸びる。伸びた子株が地面で根付く。イチゴ蔓 石垣のヘデラと戦う。ヘデラ戸惑う。イチゴ蔦ヘデラを乗り越え、地面があれば軟着陸、根付く。
初夏、数粒実をつける。野生動物に半分やられる。残りをありがたく頂戴する。

3年目、ダンナがイチゴ棚を作る、石垣に居ついたイチゴが、イチゴ棚に伸びて居つく。イチゴ棚が2段になる。イチゴ蔓、石垣のそこら中を這い、隙あらば根付こうとする。ヘデラとイチゴ蔓絡み合って分からんようになる。

食欲が勝ってヘデラを始末する。イチゴますますたけり狂う。イチゴ棚4つになる。イチゴ棚からパラシュートのように地面に降りて地面がイチゴ小株だらけになる。イチゴ実をつけたかもしれないが、食べてない。イチゴ ついにジャングルになる。今年 ジャングルを始末し

石垣と棚4つに収まるだけにする。結論 日本のイチゴは超美味だが獰猛である。

とりあえず植えてみようエリゲロン

おばちゃんのポリシーは「とりあえず植えてみよう」

オンラインの多年草・宿根草カタログで「スパニッシュ・デイジー」を見た瞬間欲しいと思ってしまった。苗は安くなく送料が痛かったけど、3株頼んだ。

届いた苗は随分根が回っていて、初心者のおばちゃんは根のほぐし方も植え方もどこに植えるかもよく分かっていなかったから、梅の根元に適当に穴を掘って埋めて、水をジャージャーかけた。一輪二輪花は咲いたけれど、オンラインの写真のようにピンクと白の小花の競典とはならなかった。なんだか、しょぼしょぼしたまま枯れた。高かったのに!その後スパニッシュ・デイジーはエリゲロン(源平小菊)と呼ばれていることを知った。
ピンクと白の2色が同じ茎から咲くのできっと源平なのだろう。なかなか優雅な名前である。

次の春、散歩から帰る途中の道にどう見ても「エリゲロン」らしい草が生えている。
花はまだ咲いていなかったけど、ひと夏中見た葉っぱはまぎれなくエリゲロンだった。別荘地の粗い砂利道にエリゲロンが野生で生えている?狐につままれているようで、それでも3把抜いてリベンジに梅の根元に植えてみた。

同じ土壌と気候で育った野育ちは瞬く間に育ち、花を咲かせた。真正のエリゲロンだった。花は咲いたばかりでは白で時間がたつとピンクになり、次次に咲いてくるので、株は白とピンクの花盛りになる。咲いている最中にこぼれ種は飛んで次々に領土を増やしていった。

秋口になっても勢いは衰えず、細い花茎が伸びると、地面に付いて子株ができた。エリゲロンは雑草並みに丈夫で、若干紅葉しつつ山の冬も苦も無く越した。

次の年の春は狂乱だった。
石垣のすき間というすき間から、砂利道の間からエリゲロンが生えてきた。
おばちゃんは嬉しかった。ウチの庭が花でいっぱいになる。エリゲロンはさらに順調に増え、秋には花でいっぱいというよりは、
何やらそこら中、モソモソと茂みが生い茂っているという感じになってきた。優雅で小粋であるはずの理想とはちょっと違う現実?おばちゃんはどうしていいか分からない。せっかく植えて立派に育ったお花をどうしたらいいか。

最初が3把植えただけで今年はすでにジャングル。来年はスーパージャングル間違いなし!それで一部残してエイやッと刈ることにした。

結果は、次の春もしっかりエリゲロンは生えてきて、それなりの美を誇ったのであった。結論、エリゲロンは間引いても大事ない

移住4年目

ジャネット広報局

隣のベーカリーのジャネットおばちゃんは、ここのショッピングモールの私設・広報局だった。先代のベーカリーが、現オーナーのクルスに売る時、ジャネットも付いていた。先代からの勤めなので、テナントの歴代のオーナーも管理会社の従業員もすべて知っていた。

アメリカ人には珍しく、愛嬌があって親しみやすくモールのみんなから愛されていた。管理会社の前のマネージャー:ごうつくばりのアーノルドもジャネットには強く当たらなかった。ただし、おばちゃんはゴシップがチョコレートと同じくらい好きだった。

ヘア・サロンのサラの息子がスピード違反でポリスに追いかけられて、ショッピングモールに逃げ込んできて、サラのヘアサロンの目の前で逮捕された時は、一部始終をかぶり付きで見ていた。

サパー・タイムという食品ビジネスはオープン当時から不振で1年持たずある日曜日にトラックをテナントに横付けして、備品を運び出している現場にトコトコと見聞に出かけ、あの人たちSneakOut (夜逃げ)するんですって、と他のテナントに言いふらした。

金髪でブルーグレーの瞳に、いつも寝ぐせが突っ立っているくせ毛のショートヘアで、ポチャッと小柄だった。

ある土曜の昼下がり、帳簿をつけていた私。ウチは角地で窓の外は駐車場だ。その駐車場に、するっとパトカーが2台止まった。続いて覆面が一台止まった。車から制服が5~6人と私服が2人ほど降りてモールの正面に回った。おかしい。

私はフロントのドアを開けると、ポリスの後姿を観察した。ポリスたちは、ビル中ほどのテナントのドアを開け入っていった。1,2,3、4、、6番目のドアは鍼灸師のマイクのところだ。

私は隣のベーカリーに飛び込んで、ねぇジャネット、ポリスが鍼灸師のマイクのところへ行ったわよ。何だろう?
ジャネットは目を輝かせて、私に任せて!と鍼灸クリニックに偵察に出かけた。私は帳簿に戻ったが、ジャネットが戻ってきた。マイクが逮捕されたの!ハラスメントですって!はぁ?

外へ出てみると、モールのパーキングはエライことになっていた。クリニックの前にピカピカを光らせた救急車が止まり、クリニックから誰かがストレッチャーに載せられて運び出されてきた。

施術中の患者?はハリを突っ立てたままで、バスタオルをかけられていた。マイクは開けたまんまのドア元にしゃがみこんで、手は後ろに回されている。

うつむいた顔が歪んでいた。泣いていたようだ。ジャネットのおばちゃんは我慢できず、ずんずん歩いて泣いているマイクに話しかけ同情するようにハグした。そしてポリスとも2,3言話すと、また戻ってきた。
ポリスは逮捕したっていうの。でもマイクは何もやってないって言ってるの。それで私、マイクに聞いたの。ねぇ今どんな気持ちって?

逮捕されて泣いている本人に、今どんな気持ち?って聞くあんたの料簡が分からない。

次の朝、コーヒーを買いに行くとカウンターにはCounty Register。おばちゃんは頬っぺたをますますピンクにして夕べの7時のchannel 7ニュースでもやってたわよ。見た?長話をするわけにもいかないので、新聞を借りた。

マイクの鍼灸クリニックは、何回かポリスに不必要な肉体接触があったと患者から通報されていたのだという。リポートの回数もあったので、ポリスがオトリを送り込んでそのオトリがセクシャル・アサルトあり!とポリスに報告して突入となったのだそうだ。

運び出された患者がオトリで、刺したままの針は医師か鍼灸師しか抜いてはいけないんだそうだ。新聞にはマイクの妻の証言が載っていて、あの人は良き夫でありよき父なんです。セクシャル・アサルトなんてなにか患者さんの勘違い何だと思います。

ジャネットのおばちゃんは開店するビジネスに挨拶に行き、閉めるビジネスには寂しくなるわとハグしコロコロとよく笑いながら、ゴシップを話し
コーヒーを売るのであった。

馬酔木

伊豆の山の家の隣の地所には2mを超える馬酔木がある。
ほんのりピンクのベル型の花が、春に見事な花をつける。花穂を切ってかんざし代わりにしたのは遥か昔少女の頃だ。
馬酔木には毒があるので、素手でさわってはいかん。いたずらをせぬように表庭には植えず、裏庭に植えるのだ。と父から教わった。

サブプライムから始まったリセッションからようやくアメリカが回復し始めたころ、主人と私がやっているショッピングモールが、外観のリノベーションを決めた。こういう場合、アメリカのビジネスは休まない。
All businesses are open during construction というでっかいサインやバーナーをだして、顧客に知らせる。
経済が回復期にあるからこそ、ショッピングモールもリモデルをし競争相手に劣るまいと、改修工事があちこちで見られたものだ。

半年ほどで建物も駐車場も改装が終わったが、駐車場に植える木で大家が拒否権を発動した。若いオリーブを駐車場に1ダースくらい。店子の前に何本かStrawberry Treeを植える計画だったのだが、オリーブは大家には十分Fancyではなかったそうで、マグノリアに取り換えられた。

あの、風と共に去りぬのMagnoliaマグノリアか。多少ワクワクしながら待つと、何のことはないビワのような葉をした地味~な木だった。

店子には飛び切り大きいStrawberry Treeを選んだのだと言っていた。
植えられて初めて、Strawberry Treeが馬酔木だと分かった。日本と寸断かわらない馬酔木がアメリカにもあると知ったのが驚きだった。

さてその馬酔木だが、ベトナム人経営のネイルサロンの前の馬酔木は元気がない。気候が合わないのかと私はさして気に留めなかったが、。

ところで、ウチと隣のベーカリーは仲が良かった。毎朝、私はコーヒーと朝ごはんのペストリーを買って、ジャネットからモールのゴシップを聞く。ベーカリーは玄関が全面ガラス張りで、駐車場がすべて見渡せるので
モールで起こる事件はジャネットがすべて知っている。

お向かいのイタリアンが強盗に会ったときとか、タコ屋が元従業員に金庫の現金を盗まれたとか、ヘアサロンの従業員が駐車場のポールにぶつかって、ポールがギギギーバタンと倒れた場所が、ヘアサロンのオーナーのサラの車だったとか、、。

20年も同じベーカリーで働いているので、店子のオーナー達をすべて知っているのだ。そして、毎朝コーヒーを買いに来る店子のオーナーや従業員から新しいゴシップを仕入れる。

そのジャネットがヒヒっと笑って言うにはネイルサロンの前の馬酔木が元気がないのは原因があるのだという。

毎朝、ネイルサロンのベトナム人の女の子達がカップに入れた何かを木にかけているのだという。ジャネットおばちゃんは気になって、コーヒーを買いに来たネイルサロンの女の子に何をかけているのか聞いたらしい。

熱い湯だった。
なんでもベトナムでは馬酔木は縁起が良くない木なんだそうだ。イケナイ木が玄関にあるのが困るので、皆で湯をかけて枯らそうとしているらしい。

ケ・ケ・ケと思った。
私が知るころには他の店子のオーナーもほとんど事情を知っていたはずだが、誰一人として管理会社や地主には知らせなかった。モールのどのビジネスも、全面改装の工事の間は売り上げを減らした。

どんなに不自由や減収を訴えようが、家賃をビタ・1セント負けなかったのでみんな大家と管理会社を恨んでいたのだった。馬酔木はとうとう枯れた。

おばちゃんは偽札を受け取ったことがある

偽ドル札を3回受け取ったことがある。
1回目 100ドル
おばちゃんは店をやっていて、従業員もいたからこのときは誰が100ドル札を受け取ったのか分からなかった。給料として従業員に支払い、従業員が日系スーパーで使おうとして突っ返された。「全~然だめですって、この札。さわった瞬間ニセだって。」

おばちゃんは瞬間血が上り、何回もさわっているのに気配が分からなかった自分を恥じ、給料分としてさらに100ドル渡さねばならず、商品分と合わせて損したことが焙られるように悔しかった。もぉう、くやしかった。すぐポリスに連絡し、次の日ポリスはやってきた。

偽札を出してどこがダメなのか聞くと、
「ほ~ら見てここ。すかし。この透かしリンカーンじゃん」
「リンカーン?ってか」
100ドル札の大統領は太ったおっさんのワシントン。
透かしもワシントンであるはずが、5ドル札の痩せたリンカーン?
ポリスはニカニカ笑って
「まず5ドル札のインクを落として、その上に100ドル札を刷ってんの」
だから、偽札チェックペンでこすっても、本物の反応しか出んのよ。これは証拠として押収するから。
「ウチの偽札はそれからどうなるの?」
ニセ札づくりは連邦犯罪なので、FBIに渡すんだと。被害届のコピーをくれて帰った。FBIが来ればいいのに、テレビでしか見たことないから。

ウチの損害は事業保険でもカバーできなかった。保険屋のジェフが知らない間に、免責額をあげて250ドルにしてたからだ。

2回目は50ドル。
これは女の子が受けとったと思う。偽札チェックペンは通用しないから、必ず透かしを確認せぇと周知させたつもりで、忙しいところを狙われた。この時も泣いた。

3回目の100ドル札は
忘れもしない私がつかまされた。
木曜日だったか、従業員はアサインしてなくておばちゃん一人で切り盛りしていたが、お客が立て込んでいた、6時半ごろふらっと見たことがないスレンダーな黒人女性が入ってきた。安い商品で持ち帰りオーダー。

オーダーができるまで、女性は静かに座っていた。現金を受け取った瞬間、あれっ、分厚いな?と思ったのだけど忙しさのあまりレジに入れてしまった。その夜のレジ締で100ドルをさわった瞬間、やられたと思った。おばちゃんはその頃にはベテランになっていたので、札をさわったたら、この紙は違うと思った。透かしがそもそもなかった。おばちゃん、脱力。

以降、ウチのビジネスはホログラムのある”50ドル100ドル札以外”の高額紙幣は受け取らないポリシーを発令した。さらにFry’sでウエブカムを買ってきて、配線しドアに向けて設置した。

ダイソン物語

おばちゃんはダイソンの回し者でもなければ提灯持ちでもなかったのよ。
21世紀に入った現代にいまさら掃除機と言われてもそれで何が違うの?と頭をかしげた。ウチのまーちゃんがクリスマスに自分でダイソンを買って
自分にご褒美とかSNに写真をあげていた時も、え~?掃除機?と言ったの。
でもマーちゃんは、おばちゃんダイソンは別格なんですよ。と言ってね。

そうかしら?と思いながらアマゾンのポイントが溜まっていたのでダイソンを探してみることにしたわ。FactoryRefurbishedがあった。日本ではなじみがないけど、アメリカでは初期不良で返品されてきた電化製品を製造者が自社の工場でチェックして整備し直してもう一度製品として売り出すの。無論、安いの。製品保証も付くから。

おばちゃんはビジネスで必要な器具をファクトリー・リファービシュで揃えたけど全く不備がなかった。なのでダイソンもファクトリー・リファービシュで探しポイントを合わせたらなんとV6を136ドルで買えたわ。

使ってみてマーちゃんが言う別格の意味が分かった。これは掃除機界の革命よ。とっても満足。掃除機で幸せになれるとは思ってもいなかった。

帰国が決まって、おばちゃんは予備に買って帰ろうと思ったのよ。リファービッシュでポイントを使ったらアニマルを180ドルで買えた。一本は長いスティックでもう一本は短いハンディにしておいて必要に応じて持ち替えると超便利よね。

日本に帰国して1年半ほど幸せだったの。ところが、V6がぷすんと止まるようになってしまったのね。もう一台のアニマルがあるからそちらにスイッチするのだけど、原因が分からず困ったわ。それで電気屋さんに持ち込んでみた。すると、バッテリーが寿命なんですって。そのうえ海外仕様のバッテリーは日本では扱ってないんですって!

じゃあどうすればいいの?
アメリカのアマゾンなら替えバッテリーはよりどりで売っているのよ。でも海外配送OKがほとんどないのね。やっと見つけてポチッてコンファメーションを受け取って安心したら、待てど暮らせど届かないのよ。

1か月も届かないからセラーに連絡したらオーダーが取り消されてたのね。
製品のディスクリプションはいつの間にか、海外配送なしに書き換えられていて在庫もゼロよ。おかしいじゃない!

これはサムスンのせいよ。
あそこ製のリチュウムバッテリーがあっちこっちで爆発して飛行機もサムスンの携帯すら嫌がるようになってしまったせいよ。サムスンのせいでリチュウム電池一般が海外発送不可になってしまったじゃない。

さぁて、どうしようかしら。アマゾンがダメならEbayがあるじゃない。香港の業者が見つかったわ!日本の配送Okですって。ポチる。コンファメーションも来たわ!

まだ配送が来ない。香港なら10日で着くはずじゃない。1か月たっても着かないわ。業者に連絡を取ってみたら「あれ、おかしいな送ったんだけど!ついてなかったらリファンドしてあげる」って、。
うそ、絶~対うそ。

出品製品のディスクリプションをチェックしたら、また同じこと。海外発送できませんって!リチュウム電池のせいよね。サムスンのせいよね。

いいわ、それじゃOCのまーちゃんに送ってもらうから。人様に手間をかけるのは忍びなかったのだけど、ダイソンのためにマーちゃんに送ってもらえるように頼んだの。まず、アマゾンUSでポチってマーちゃんの住所に送った。

アマゾン早い。デリバリしました~って。ドア前に箱を置き去りにした写真付きコンファメーションを送ってきた。なのに、まーちゃんは受け取ってないというのよ。アマゾンなによ。置き去りにするから盗まれちゃったじゃない。
おばちゃんは怒って、アマゾンに「ゴラ~」した。アマゾンはゴメンね、もう一度オーダーして。前の支払いと相殺するからって。
それでマーちゃんはやっとバッテリーを受け取り、マーちゃんの旦那が日本出張の時に宅急便で送ってくれてやっとバッテリーを受け取った。長かったわ!!!

取り換え用のバッテリーは問題なく動いたわ。2か月半待っている間にアニマルの方もバッテリ寿命の症状がでるようになっていたのよ。おばちゃんは2個オーダーしていたから2つともバッテリーを交換したのよ。

でも、な~んか引っ掛かるものがあるのね。パワーが弱いというか吸い込みがしゃっくりしているような。そのほかにもアメリカから持って帰ってきた電気製品が軒並みおかしくなってきたのよ。ブラウンのObalBの電動歯ブラシとか。回転がイヤに遅くなってきちゃって、歯が黄色くなってきた気がする。

おじちゃんの大工道具も軒並み変。ブラックデッカーもDeWaltのソウもバッテリーがみんなダメになってきたとおじちゃんが悩んでいた。この時て、やっとおばちゃんたちは電圧のせいではないかと思い始めた。

ダイソンのモーターボディがいるわ。パワーパックが低い電圧のせいでダメージを受けたのね。調べたらモーターボディもやっぱり日本製と交換性が無いのよ。

ダイソンが無いと掃除をする気になれないから。電気屋のチラシを見たらセールだったのね。日本製のV7が27,500円ですって。思い切って買ったわよ。ダイソンが3本になってしまった。

でも悔しいじゃない。
3本あるのにモーターヘッドが交換できなければ1本なのよ。で、また、マーちゃんの出番だわ。アマゾンからマーちゃんに送って、マーちゃんの旦那が出張で日本に来て、成田から宅急便。駐在に送り出したのに、しょっちゅう日本と往復させる会社でよかったわ。マーちゃんは出張つづきのお留守番が大変だけど。

ここまで来たらもう変圧器を買うしかないわよね。アメリカ用110Vの変圧器を買ってモーターボディは交換動画がUTubeであったからおじちゃんに見せて交換してもらった。V6は100vの電圧で稼働させていた時間が一番長かったせいか、バッテリーが変になりかかってるの。
また大変よ。


駐在員時代

簿記のクラスで教師のテリーがチャート・オブ・アカウント(勘定項目?)を解説していた。小売業の場合経費として減価償却費とか修繕費は理解できるのだけどInventory Loss(在庫減)がどういう状況で起こるのか分からなかったのでテリーに質問してみた。

商品在庫が減っちゃうんですか?どうしたら減るんですか?
う~ん、従業員が盗むんだ、。
おばちゃんはびっくりしてアメリカの簿記ってのは従業員の盗みまで「勘定」に入れるわけ?盗みを見込んで経費を考えるって、消耗しそうと思った。

そうしたらおじちゃんの会社でも物が消えるらしい。棚卸をすると目も当てられないくらい在庫が消えてるのだそうだ。支社長は性善説を口にし、従業員はみな家族!みんな仲良くとお題目を唱えるだけで対処をしようとしない。在庫がなくなると実際の管理するおじちゃんが困る。

従業員を家族だと言っているのは支社長だけで、そのくせ人件費が増えそうになるとシフトを容赦なく削っていく。会社に都合のいいことしかしない彼はパートのメキシカンから相当恨まれていた。しかし英語が全くできない支社長はメキシカンを含め現地で雇った従業員の不満を読めないのだった。

日本で契約した雇用条件はむろん健康保険などの福利厚生も含まれていたが、いざ渡米してみると支社長の裁量で適用されなかった。カリフォルニア州の法律では新規雇用の従業員には3か月間は試用期間として健康保険を加入させなくてもいいという規定がある。

日本での契約を無視して、渡米した限りは3か月は保険を入れなくていいんだと都合よく解釈して保険契約を放置した。4人部屋の同僚の一人が膵炎になって入院してしまった。
保険無しの入院である。10日あまりの入院で2万ドル請求されたと聞いた。従業員本人に支払い能力がないので、会社がかぶったのだ。

会社宛てに公的郵便物が届くと封を開けて見るらしい。当然読めないので、デスクに入れてそのままなのだという。秘書役のマネージャーに渡せばいいのだが、そのまま放置されるので期限切れの再通告が来てから知ったマネージャーが怒っていた。

日本での支社長を知っていた人の噂では彼が勤務した日本の支店では業績がすべて落ちたのだという。移動させる支店が無くなってアメリカに捨てられたんじゃないかという憶測もあった。

中年を過ぎて結婚したこれも同じ会社のお局さまは、専務のお手付きだったといううわさもあった。誰がこんなXXを支社長に据えたんだよ。日本の本社へも不満がたまった。ついに従業員の誰かが匿名で本社に手紙を送ったらしい。
すると、うわさされた専務が出張でやってきて「支社長は間違ったことをするかもしれないが、従ってやってくれ」なんだそれ?
間違ったことに従ったら会社がつぶれるじぇねえか?
ダメだこりゃ。

支店長は英語ができなかったが、スペイン語も覚えようとしなかった。パートのメキシカンを人として見ていなかったふしがある。誰かが誰かを馬鹿にしているときは言葉を知らなくても分かるものだ。

おじちゃんは英語よりスペイン語のほうが性に合っていたらしく辞書を片手にメキシカンと休憩時間などおしゃべりをしてこんなことやあんなことがあったと面白がっていた。コークをおごってやって英語日本語スペイン語ちゃんぽんでバカ話をする。

3ベッドルームに4人押し込められていた本社契約の同僚は、膵炎が日本に帰国したので3人に減って一部屋づつ使えるようになっていた。

支店長暗殺さる

ある時外の公園で、おじちゃんたち日本人とメキシカンが休憩時間バカ話をしていると見慣れない顔のメキシカンが混じっていた。パートのメキシカンが友達を連れてきたようだ。
いつものことだが会話は会社の不満、支店長への不満シフトを削られた怒りに流れるのだったが、その時に件のメキシカンが、そんなに嫌な奴ならAssassin/アサンシンしてやろうか?と尻ポケットをポンと叩いた。

Assassinという日常会話を超えた単語が不思議と一瞬で皆に理解されてしまい、日本勢は息を呑んだ。えっ!?メキシカンはすかさず300ドルでどうだ? と追い打ちをかけた。具体的な金額にも驚いたが、たった300ドル?誰も答えなかった。
たった300ドルでも自分がポケットから出すならもったいない金額だったからかもしれない。

別のメキシカンが沈黙を破って、話題は別に移り件のメキシカンはどこかに消えた。休憩が終わって仕事に戻ると300ドルの値段をつけられた支店長は、あ~、今度の日曜日の昼は暇?ウチのお局子がなんか作るからみんなで飲もうよ。

お局さんのメインディッシュは冷凍餃子と焼いたウインナーだったので、魅力がなかったのだがなかなかNoと言える雰囲気ではなく日曜日にアパートの歩道をプラプラ歩いて、巨大なユーカリの枝が幽霊みたいに垂れ下がっている支店長のアパートの階段を上るのだった。

支店長がホールドアップ

メキシカンから命は300ドルと値段をつけられた支店長はいつも元気だった。この人がメゲている時はほとんど見たことがない。ただ、支店長も1度だけ真っ青になった時があった。

支店の開業の時に会社の車として従業員も乗せられるワンボックスカーと支店長が通勤私用につかうセダンとの合計2台の車があった。無論2台とも会社名義の登録車である。最初にセダンを買って、次にワンボックスを買った。だから登録の更新・支払い通知も最初はセダンでひと月遅れにワンボックスが来る。

更新支払いが終わればライセンスプレートに貼る新しいステッカーが届く新しいステッカーを車のプレートに貼る。これだけ。更新料を払わなければ新しいステッカーがないから、人のステッカーを盗んで貼ったり偽造したりする輩もある。
ポリスはパトロールで登録切れの車を止めて、違法移民だったら車ごと押収するし、盗難車の場合もあるから、車内からDMVに照会し登録情報を確認するのだ。

ある時、支店長がワンボックスを運転していると、後ろにパトカーが付いた。支店長は気にせず平和に運転していた。ところがパトカーはライトを点滅させて路肩に止めるようにマイクで呼びかけた。支店長は自分の事だと思ってもいないし、心当たりも全くない訳だから平和に運転を続ける。

呼びかけを無視して逃げるワンボックスにパトカーは応援を呼んだ。わんわんうるさくて支店長はようやく気が付いたらしかったが、怖くなって一心に走る。ポリスはさらに応援を呼ぶ。
支店長はポリスが何を言っているか分からないから、とにかく安全なところに逃げたい。会社の駐車場に辿り着いたころにはパトカーが7台に増えていて前後左右どころか、円形に車を囲まれて降りてきたポリスに銃を向けらて、支店長は真っ青になってホールドアップした。

支店長はまだ更新がきていないワンボックスの方にセダン用のシールを間違って貼ってしまっていたのだった。見たかったわ支店長のホールドアップ。

名古屋が逃亡罪で逮捕

膵炎が一人日本に帰国したので、同僚は3人になっていた。そこそこアメリカにもなれたし、独身の同僚たちは好きに独身生活を送っていたようだ。

名古屋と根暗と板橋(それぞれ仮名)が残っていた。根暗はあこがれていたアメリカに来られたことが嬉しくてCostcoに行っては大きなステーキ肉を買い、休みはゴルフ場かアパートのプールで嬉しさをかみしめているようだった。名古屋もゴルフにつき合うのだが、アメリカの食事を片っ端から貶し、俺の口に合わないと不満をこぼした。3ベッドルームで一人がクローゼットに寝る羽目になっときは自分でなかったのを喜んでいた。

それを現地のおばさん事務員に、支店長からひどい仕打ちをされていると愚痴をいう。契約書と実際の給料が違うと一番うるさかったのは名古屋だった。
ところがいざ支店長と話し合うときは、一言もしゃべらず、意見を言う同僚を上目づかいに見て、でも支店長の言うことも一理あるし。と豹変した。

そのころ、おじちゃんを除いてみな免許を取り車を買ってそれぞれ出勤するようになっていた。ある朝、名古屋が出勤してこなかった。アパートにも帰ってこなかったらから板橋と根暗が心配していた。

名古屋は前の晩に日系のクラブで飲みすぎヨタヨタ運転するところをパトカーに目をつけられて、停止命令を無視して逃げて逮捕されていた。名古屋も英語があまりできなかったから、日系のボランティアがポリスから電話を受け通訳をして会社に電話をしてきて発覚した。
停止命令を無視して逃げようとしたことで罪状に逃亡罪が加算されて、罰金はシャレにならんことになるらしい。

名古屋は逮捕されたショックのあまり、こんな国に誰が居るか、何千ドルの罰金?!嫌や、払らわへん。俺は日本に帰るんやとヒステリーを起こしていた。そのあと名古屋は本当に日本に帰国してしまった。

アパートに届いた裁判の収監状を見て、会社のマネージャーがこの人はもうアメリカは入国出来ませんよ。と言った。おばちゃんたちは驚いて、どうしてと聞くと、逃亡罪がついてて裁判を無視したら重罪ですから、罰金どころか入国禁止になります。ハワイもグアムも一歩も足を踏み入れられませんね。ほう。
その後、本社から派遣された研修員の一人が強制送還の憂き目にあった。

強制送還


テクニカルな問題である。ビザ・ウエイバーではビザを取らずにアメリカに入国して90日間滞在できる。ただ~し、日付変更線を考えねばならない

オーバーステイで捕まったのだ。ある人物は’入国管理官にちょっとこちらへと別室に連れていかれ後ろでに手錠を掛けられたという。彼はなぜ拘束されるのか原因も分からず弁護士を呼ぶことも拒否され、10時間後一本だけ電話をゆるされて会社に電話を掛けてきた。

僕は手錠を掛けられてご飯も食べさせてくれないんです。次のJALで強制送還されるんですおいおいと泣きながら電話で話した、という。可哀そうに、いい子だったのに。

移民弁護士に聞くと、それは当然だと言った。
何故なら、ビザウエイバ90日間の時間は成田を出国しーまた成田に入国するまでの間をカウントする。出国から入国までがアメリカでの滞在時間とみなす。
もし、アメリカで90日間滞在し飛行機に乗るとハワイで日付変更線を過ぎてさらに1日プラスになる。つまり91日になってしまうのだ。北海道は90日目に飛行機に乗ったので、成田に到着して税関をくぐったら91日間アメリカにいたことになるのだった。

ナベさん

会社のマネージャーのナベさんは、色々な逸話があった。
もとはベトナム戦争の末期に渡米してきて気が付いたらビザが切れて違法状態になってしまった。その当時、兵隊さんに応募してベトナムに2期務めて除隊するとアメリカはイリーガルでも市民権をくれた。

california

ナベさんは思い切って軍に応募したら兵隊さんになってベトナムに連れていかれた。戦闘の前には2つのカプセルが渡されるのだという。一つは怖くなくなる薬。もう一つはベトコンにつかまって痛い思いをしたくない時に飲む薬。まぁ、二度と何にも感じなくなるんだけど。

戦闘の合間の休暇に佐世保に何回か寄ったのだそうだ。軍服を脱いで脱走してしまえば、日本人にまぎれて逃げられるわけだが、我慢した意味がなくなってしまうから出来なかったと。

外見はどこから見ても無害に見える小柄なその人は、サイドから髪をかぶせて頭頂をバーコードにして丸い眼鏡をかけている。目だけは感情がなかった。めったに瞬きをしない丸い目はなぁ~んも映してなかった。修羅場を超えてすぎて色んなものがそぎ落ちてしまっているのだった。

ナベさんは割と遠くに住んでいて、通勤に1時間以上かかる。引っ越せばと言われても絶対引っ越さなかった。健康保険も自分が掛けているものがあるので、会社の健康保険には入らなかった。

たぶん日本の会社がいつ撤退するか分からないから信用していなかったんだと思う。軍で通訳もやったから会社のややこしい手続きや交渉も任された。
アメリカの規制やルールが面倒くさいと、支店長や同僚は「でも日本ではXXXだったよぉ?」

ナベさんが「はィ?」と丸い目をゆっくり向ける。”日本では”という言葉はナベさんにはまったく意味がないのだった。”でも日本の常識では、、”と言いかけるとナベさんの目はまばたきもせず空白で、言いかけた日本の常識が
バラバラと崩れて飛散していくのだった。

彼がランチを取るところに出くわしたことがある。メニューに驚いた。
まず、味噌汁を食べる。フォークで。彼にとっては味噌汁はメインディッシュの前にいただくミソスープである。で、その日のメインディッシュはかけそばだった。

フォークで巻いて音をたてずに食べる。箸は2本あるので、持つのが面倒くさいらしい。もうサンマやアジがランチにでても区別はつかないのだと
言っていた。たぶん私生活では魚なんか食べないと思う。箸と炊飯器が自宅にあるかどうかも疑問だった。

ナベさんは市民権が取れたときに日本国籍は放棄してその時にいろんな物(文化とか感情とか色々)も捨ててしまったのだと思う。

法的にも100%アメリカ人なのだが日本語をしゃべって蕎麦を食べるナベさんを見ると、一体ナベさんの日本人はどのくらい残っているのか、ナベさん自身は自分を何人だと思っているのか疑問が消えないのだった。
たぶん一番近い答えは、何人かなんてどうでもいい、かもしれない

セクシャル・ハラスメント訴訟

本社雇用の板橋は本来は所長級の人なのだという。日本でいろいろあって、アメリカ支社を志願したらしい。仕事ができる明るい人だったが、ど~しても、昭和のおっさんだった。事務のおばさんや現地雇いの女性に軽口を言ってしまう。

私服のキャミソールを
曰く:おっ、いいねぇ。セクシーだね。
曰く:リリアちゃん今日も可愛いね。
日本のモーニング娘って知ってる?
リリアちゃは足がきれいだからきっとショーツが似合うよ!
ボーイフレンドはいるの?
日本人と付き合ったことあるの?とか、。

タイ人だろうがベトナム人だろうが日本人だろうが若い女性であれば挨拶代わりに、なにか容姿について言うことが、誉め言葉とコミニュケーションと固く信じて疑わない人だった。人柄は悪くないし日本では見過ごされるレベルであったから板橋さん、クリスティー嫌がってるじゃない。いやいや、意識してるだけだよ。まったく暖簾に腕押しだった。

それでやられたのである。
セクシャル・ハラスメントで会社が訴えられた。証言が沢山集まっていたので法廷に行けば負けるかもしれないし、何より訴えられたことが広まるのを恐れて会社=支社長は和解に走った。それで告訴すれば金を出す会社と現地で密かに広まったのだと思う。

セクシャル・ハラスメントで訴えられた事件は、多分同じく昭和のおっさんだった支社長にとっては、キャンプしてたら雷が落ちたとか、路肩を工事中の道路を走ってたらハンドルとられて脱輪した、という程度の”自然災害にあった”くらいの理解だったふしがある。
事故が過ぎ去れば元通り。和解した後も従業員に注意するくらいで終わらせてしまった。

この時に会社のポリシーに:禁止事項、罰則、相談窓口など両言語で明記して社内教育を徹底的にすべきだった。やっていたら、会社はもう1度訴えられることはなかっただろうに。
2回目はもう、誰も擁護しなかった。支社長は和解の条件をどれだけ下げるかに奔走した。

帰国したら、昭和どころか平成生まれでも挨拶・ギャグだとかのつもりでハラスメントが日常的に発信されているので、おばちゃんはショックだった。とてもこの人たちは世界に出せない。和解1回で会社の利益が何万ドルが飛んでいくのである。SEXIAL HARRASMENT IS CRIME.

駐在員メキシコに行く

 
メキシカンたちはいつも陽気だった。スペイン語と日本語は母音が同じだからメキシカンたちの日本語もメキメキ上達していった。おばちゃんがダンナをピックアップするとき、風邪を引いていて咳をしたら、「お大事に」と言われてびっくりした。ホセだった。前の会社からの引継ぎだから、後ろを向いて聞いていると日本語ネイティブに聞こえる。

ランチにはお互いの食べ物を交換したりして、本場もののタコをふるまってくれるのだ。生のグリーン唐辛子を左手にかじりながらタコを食べるのは日本人には無理だった。

メキシコに行ってみよう。休みを取っておじちゃんの同僚たちとティワナに行った。
フリーウエイの5番を下りサンディエゴを過ぎさらに南下すると国境に出る。車に乗ったままゲートを過ぎ、メキシコはティワナである。国境を過ぎたとたん道路は埃っぽく白くなり、休憩のトイレではお湯は全くでない。
赤い蛇口を一生懸命ひねっていると、そばのアメリカ人おばさんがWe are in Mexico.と言った。

ティワナのメインストリートは臭かった。なんの匂いかわからない。饐えた腐敗臭。リカーショップと土産物屋とドラッグストアが多い。おじちゃんは鮮やかなソンブレロが気に入って、スペイン語で高い高いと値切ろうとしてうまくいかなかった。売り子はおっさんや娘だが目が笑っていなかった。

染みが付いた歩道を裸足の6~7歳の女の子が手に砂糖でギトギト毒々しい菓子を差し出して買ってくれという。通りの歩道には動物がいた。
おばちゃんはどう見てもおかしいから目が離せなかった。シマシマのようだけど、シマウマではなさそうで
顔はどう見てもロバ。あまりにも不思議なので、近くまで寄るとなんと!
ロバにペンキでシマシマが書いてあったのだね。観光客を乗せて写真を撮るらしい。やっぱりラテン系だわ。どこか底が抜けていて明るい。

屋台村のようなメキシコ!っというレストランもあったのだが食中毒が怖いので残念だけどハードロックカフェでタコを食べる。メキシコの下痢はモンテスマの復讐と言う。ドリンクに入れる氷も汚染されていることがあって、とんでもない下痢を起こすことがあるのだ。

土産も買ったので夕暮れになってからティワナをうろつく勇気はない。引き上げることにした。国境のゲートでは行きと違って、全員のパスポートを要求された。おじちゃんたちはグリーンカードをだし、うっかりパスポートを忘れた。ティワナならアメリカと同じような気がして、。

同僚はパスポートを出し、ゲートの管理官が運転手役のパスポートのビザをみて学生か?と聞く。そうだStudentだと彼が答えるとI-20を見せろという。彼は答えに詰まってニューヨークの部屋に忘れてきたと。
おじちゃんたちも他も驚いて、タツヤ君(仮名)I-20 が無いの?
タツヤ君も青くなったが私たちも青くなった。どうしよう?
”忘れた”としばらく係官と問答をして、係官があちらのナンとか局に行けと遠くのオフィスを指さす。

入国ゲートは7,8レーンもあって端っこのオフィスはかなり遠かったから、タツヤ君は車を走らせたが中々近づけない、レーンは何方面かに分かれていて気が付くとオフィスに近づくはずがぐいんとカーブを描いてそのままフリーウエイに出てしまった。むろん逆走は不可能だった。
あれ、?これ5番じゃね?と誰かが言い、
そうだ5番だ。このまま走っちゃえ!

学生なのにI-20 忘れたなんて、メキシコだというのにパスポートを忘れたおじちゃんとおばちゃんは自分のことを棚に上げた。
もし国境でタツヤ君だけ止められたら、とんでもないことになるとこだった。タツヤ君一人を置いて帰るわけにいかなかったのだ。なんでかと言うと、タツヤ君は留学中の日本・本社社長の息子だった。のちの3代目若社長であった。

  • footer