告知

C宣告があると患者は時間的に:不信・怒り・拒絶・反抗・受容などの心理状態を経験していくらしい。
おばちゃんはよっぽど性格がひねくれているので、フジコ・ヘミングウエイを見せられた時に足が少し冷えたが、不信や拒絶や怒りなどは感じなかった。

「こう来たか?」と思った。
アメリカでずっといろんなものと戦って常にHowで生きてきたような気がする。
戦う相手が自分と比較にならない程大きい場合はできる限り自分の犠牲が少なくなる方法を探る。自己憐憫とか絶望とかは贅沢な話。そんなことをしていたらアメリカで生きていけない。

今回は相手が大きいのでおばちゃんとおじちゃんをより良く生かすため、どのシナリオで戦うのが一番良いか考えた。

胆嚢Cはたちがよろしくない。膵臓Cと同レベルだ。胆嚢Cにはキモ・セラピーがほとんど効かない。吐き気で行動不能になって数週間人生が伸びるだけの選択肢は選ばない。
さらに検査で見つかった大腸のポリープは転移か?単発Cか?単なるポリープか?術前の面会で再度リンパ節の切除はやめてもらうように主張する。

大腸と肝臓の細胞診の結果が悪性なら積極的治療はやめて、緩和治療を紹介してもらいなるべく健やかに残った宿題をやり終えたいと思う。
なんちゅか、ほかの闘病記の方と違って、まず病気ではなく日本のドクターの標準医療観念と戦うことになりそうだ。

切ってみないと正確な状況は分からない。
ゴールデンウイークが終わったころには結果が出ているだろう。2だったけど5年大丈夫でした。な~んちゃってもあるかもしれない。

困っているのは、おじちゃんが怒っていることである。
積極的な治療を止めてくれと主張するおばちゃんと、この切除が有効ですという医師の言葉にしがみつくおじちゃんと。

45年も一緒にいるので、おじちゃんはおばちゃんが一分でも長く生きる選択肢をしなかったことに怒ってしまった。ショックでご飯を食べなくなり口をきかなくなって2日間コタツでうつらうつら眠ってばっかりいた。
おばちゃんが彼を見捨てた、置いていかれると感じて閉じこもってしまったのである。

おばちゃんは逃避しているわけにいかないので、頭の中でタイムラインとやるべきことのリストアップで忙しかった。

45年も一緒にいるので、おじちゃんを生かす方法も知っている。彼は彼がやるべき仕事とタイムラインを示されると動けるのである。

6月には彼のソーシャルセキュリティの申請手続きをせねばならない。先に帰国した知り合いによると、死ぬほど面倒くさかったと言っていた。
在米のうちから日本の会計事務所で年金手続きのサービスがあることを確認しておいたので、有料サービスを使うこともできる。とにかくこれはやらねばならない。

おじちゃんの携帯の特訓と車の運転練習と事務能力ゼロ者のためにマニュアルを作らねばならない。おじちゃんが飛ばないといけないハードルを示すとおじちゃんも少し持ち直した。
知り合いと友達に報告もせねばならんし、忙しい。

小室問題も追っかけねばならぬ。
ここだけの話、去年の「小室圭の税金疑惑」の記事を書いたときにIRSには手紙を送っておいた。彼と妻が享受しているサービスはFair ValueでおおよそXXXXくらいだが、Mr. & Mrs Komuroはちゃんと申告しているか?日本から毎月送金されているはずだが申告されているか?調査をすべし、などなど。

日系デジタル博物館へは、日系人のために設立された組織を特定の個人のためビザサポートなどのためには利用しないでほしい。Fairであってほしいとメールを送っておいた。
投書が増えればIRSも無視できなくなるかもしれない。日本の不正をただすために発信しよう。


闘病記

1-アイタタ、タ
2-五臓五腑になる入院記
3-再入院
4-発覚
5-告知
6-日本のチーム医療・パッケージ治療
7-闘痛記
8-異色・入院雑記

mikie@izu について

海外在住何十年の後、伊豆の山に惹かれて古い家を買ってしまい、 埋もれていた庭を掘り起こして、還暦の素人が庭を造りながら語る 60年の発酵した経験と人生。
ブックマークする パーマリンク.

1件のコメント

  1. お大事にして下さい。
    久しぶりに訪問したら鍵。。。
    格闘する事数日、何回目かの訪問で登録が。笑
    なぁ~んだ。最初のから素直に登録すれば良かったんだ~。笑

    これ以降も続くふたごの小室問題と小室母からも目が離せない。
    やっと辿り着いた、優しくて解りやすい解説に脱帽。お早い回復を祈ってます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

  • footer