百年に一人の悪妻

おばちゃんは昔から愛想が悪く、頭が高い人と言われ、ついでに言えば、ダンナの会社の専務から100年にひとりの悪妻と言われた。
客商売には絶対向いてい無し、やってはアカン人でその自覚も十分あったのだけど、ダンナの夢を実現するのに私以外に実行者はいない。

愛想がない人が愛想を装わねばならない。
本当に愛想がある人になる努力ではなくて、(そんな努力をしたら死んでしまうと思った)とりあえず愛想があるように見えるようにするにはどうしたらいいか考た。
まずは、形からである。

ベーカリーの2軒隣はヘア・サロンでイラニアンのサラがオーナーだった。
新しい店舗がオープンすると、隣に挨拶に行くのはアメリカでも変わりはい。私が挨拶するとサラは、何人なの?何を売るの? 料金表を見せて?と「ニッ」と笑った。

イラニアンの切れ長できつい目が瞬きもせず、口の端だけキュと釣り上げた、それはそれは恐ろしい笑顔だった。般若に一番似ていた。牙がないだけ。

この人サラというは、人間が好きでも客が好きでも客商売が好きでもないけど、とりあえずあんたを襲ったりしないし、今は友好の印は見せておく。というのがよ~くわかる笑顔だった。

私にもまねできそうな笑顔のお手本は見つかったので、営業時間は口の端を持ち上げることにした。

おばちゃんの眉間はMicrosoftのおかげで縦皺が深い。
Windows95の時代からMicrosoftには苦労させられたからだ。

5年間のコンピューター修業時代は、おばちゃんの眉間に深~い溝を残した。この溝を何とかこれ以上深く怖く見せぬよう努力せねばならない。溝は後日、化学の力である程度何とかした。

ビジネスがスタートするまでビジネスモデルのシュミレーションで1年かけた。
ライセンスの役所の黒人のおばさんと窓口で言い合いになって、上役が仲裁にはいり別室に連れていかれた。

我に返ったので、「はっと我に返り悔いて謝罪をする」という映画のような芝居を打った。英語だから、何とでもいうぞ。ライセンスがパーになるかと思った。

注文した設備のオーダーがすっ飛んだときは、マネージャーに怒鳴ったら仕事が進んだ。なかなかいい方法だったが、ヘラヘラするベトナム人には通用しなかった。Ok, Okと軽請け合いするくせに、すぐ忘れるので納入のために毎週電話をかけるのだった。

オープンまでの課題を一つ一つクリアし、ビジネスをスタートさせたのであった。苦労?違う。おばちゃんは生きるために戦っただけ。

私が悪妻か良妻か、人からの評価には興味がなかった。
そんなことより、私が何をやらねばならぬのか、何がゴールなのか それを実現することが私の人生だった。


老化とファッション2

アメリカに長く住んでいると日本は遠い国だった。日本でどんなファッションが流行っているのか疎くなる。留学生が飛行機で降り立ったままの服装で日系スーパーに現れると、ああ、今日本ではこんなファッションが流行っているのかと観察したのだった。 平成の終わりに日本に永住帰国したら、日本の女性はみな蒸し暑い真夏に中東のようにワンピースを着、ボトムにはパンツを履いていた。胸もウエストもなく二の腕も洋服に隠れていた… Continue reading

老化とファッション 1

それは62歳で始まった。 お出かけのスカートを履いて鏡を見たら、膝っ小僧に皺が寄っていた。60・61歳ではまだまだイケると思っていた。膝に影もなかったから! 64歳の時は頬がたれ始めた。肌を引っ張り上げていた筋と張りが無くなったのであった。統計を読むと62歳から老化・衰えが顕著になるようである。ふ~ん。統計とドンピシャだったので感服する。  さて去年65歳になってどうだったかと言うと、40代の洋服… Continue reading

FIP寛解後

今年の冬は羽毛布団は無しね。おじちゃんは消臭スプレーと雑巾で黙々とベッドルームを掃除していた。 テンのスプレーはますます快調。いつどこでマーキングされるかわからないので、とてもじゃないが羽毛布団は使えない。一昨日も寝具一式をコインランドリーに担いでいったばかりだ。敷く毛布1,掛ける毛布が3枚、キルトのベッドスプレッド。ウチの東芝ザブーンでやると仮定すると、朝洗濯を始め乾燥ができるのは夜の11時頃に… Continue reading

国境なき医師団からお便りが来た

国境なき医師団からお便りが来た。遺贈の件どうなってますか~~?というお尋ねだ。これで何回目だろう? 日本に帰国してカリフォルニアで作っていた遺言書が日本の形式に合わず無効になったので、夫婦で新たに自筆遺言書を書き、万が一の時は国境なき医師団に遺贈することにして遺贈に関するパンフレットを取り寄せた。 パンフレットによれば不動産は受け取ってくれない。医師団は山の古い家などイラヌと言う。都内の不動産なら… Continue reading

日本永住帰国前夜・・・ビジネスを畳むには

南カリフォルニアで成功したビジネスオーナーの先人がかつて言った。 “アメリカで個人事業をしていて年老いたらビジネスを畳み日本へ帰国すると言っていた人で本当に実行した人はほとんどいない”。世話になったおばちゃんたちが帰国のあいさつに伺った時の話である。 アメリカで起業をすることはできる、資金と計画と根性があれば。起業はできるがビジネスを畳んで撤収することの方が難しい。何故か?… Continue reading

2024年 経済肌感覚

おばちゃんは米国でリーマンショックを生き延びた小売業者であった。11月の雇用統計やCPIつづくFRBの発表を受けても胸騒ぎが収まらない。ドルが急落したことだけではない。これは予想されていたことから。 小売業をやっていると「経済の肌感覚」が身につく。客の懐具合は売り上げに直結するからだ。おばちゃんが一番危機感を覚える数字はアメリカ人のクレジット残高である。クレジット残高が過去最高で$1.03 tri… Continue reading

65歳にしてピアスをする

そういえば、お前は金属アレルギーじゃなかったっけ?と、おじちゃんが聞いた、山を下っている途中に。 そうです。金属アレルギーです。35歳の時に、肝臓を壊してアレルギー・マーチが進行した。乳液もハンドクリームもニュートロジーナは全滅して、シャンプーも髪染めもヘナ髪染めさえダメになった。夏場にファッション・アクセサリーのネックレスをつけたところ、汗で金属と反応したようで首周りの皮膚に黒い色素沈着がついて… Continue reading

変身したい

ピアスの穴を開けに行こうかと思う。 お婆、65歳過ぎやないけぇ。今さら何を考えとんじゃぁ?!来年66歳でおます。それがどうした。 アイ子ちゃんともよく話すのだが・人生やりたいことをやる。・新しいことに興味を持つ。・新しいことを試してみる。・できなくなったことはくよくよ考えない。とか、いろいろ続くのだが、近頃、冬の時間はたっぷりあって、そのくせ庭は休眠に入ってしまう。気温が低くなると外出もおっくうに… Continue reading

平成はなかった 時空ワープの話

勢いで買ってしまった4Kテレビはどうかと言うと、 でかい。43インチだと思っていたフナイは実は50インチでテレビ台にぎりぎりだった。朝のニュース番組で華やかな色とりどりのスタジオのセットは「造花」だ、とわかるほどに鮮明。リチャード・ギアってこんなにのっぺりしてたっけと不思議。 テレビでは水谷豊の刑事ものが映っている。4KテレビになってからはCSとBSのチャンネルが増えたので、おじちゃんのセレクショ… Continue reading

Young Sheldonが面白い

NetFlixのYoung Sheldonが面白い。時代は80年代の終わりから90年代の初め、テキサスの天才=ギフティッドの少年のTVコメディシリーズ。シリーズは90年代初めの設定だが制作は2020年だ。リビングに置かれた木目調のブラウン管テレビはいかにも古ぼけてジャンクヤードで探したんだろうかと思う。そのテレビに映っている番組はBaywatchで Pamela Andersonが揺らしながら走っ… Continue reading

  • footer