外務省 在外手当 第二給与

引用が長くなるが、
元外務省主席分析官・佐藤優が2009年から週刊新潮で「週刊鳥頭ニュース」を連載していた。そこから興味のある部分をご紹介する。

●官僚は国民の税金を収奪して生きている吸血蝙蝠のような生き物だ。だからコスト感覚がほとんどない。外務省は本俸とは別に在外手当という第二給与があるこの金は仕事で使う経費なのだが精算義務がない

●チュニジアの日本大使館公使を務めたキャリア官僚の清井美紀恵/スティルマン・美紀恵氏は2000年に「女ひとり家を4軒持つ中毒記」という自慢本(佐藤優いわく)をマガジンハウスから出版した。

在外手当で40代のうちに目黒に一戸建て、世田谷にマンション、勝浦に別荘、パリにマンションを買った。外務人事審議会が在外手当の額をお手盛りで決めているから個人で蓄財が可能だった。


●外務省を改革するにはまず、外務人事審議会にメスを入れることから始めるとよい。と佐藤優は書く。

●さらに外務省の職員には少なからず性格異常者がいて、異常に興奮しやすくけんか腰で通訳するために外交交渉をブチ壊しにする人。
●横恋慕した人の相手の出張先に卑猥なファックスを送る人がときどきいる。(一人ではないのがすごい)
●法務省では盗撮で捕まった官僚がいるが、外務省ではレイプ未遂、強制わいせつ、痴漢、盗撮などを行った外務官僚などは個人情報保護法で氏名や官職が明らかにされない(2009年)。犯罪を起こしても処分されるような組織ではない。

佐藤優が連載をしていた当時から13年経つが外務人事審議会の在り方は是正されたのか?
第二給与という金が仕事で使う経費であるにも関わらず何故精算義務がないのか。我々国民は追及していかねばならない。この連載は新潮文庫で「鳥頭帝国」「鳥頭事変」として出版されている。

戦場カメラマンの証言

戦場カメラマンの鴨志田譲はカンボジアで取材中襲撃されて、日本大使館に逃げ込もうとしたら大使館員から日本人かどうか確認された”後”、門を閉めだされという。

彼がこのエピソードを、先輩のジャーナリスト橋田信―に話すと「馬鹿野郎、日本大使館なんて信用するな。そういう時はアメリカ大使館に逃げ込むんだ。彼らならとりあえず保護してくれる。」
橋田信一を慕っていたカメラマン宮島茂樹も海外の日本大使館について同じようことを書いている。

ジャーナリスト篠原氏は外務省も昔は気骨のある外交官がいた。と言う。
第2次世界大戦中、ポーランドの日本大使館は閉鎖されず連絡を取り合って法人の保護にあたった、それに比べてロシアは、、。と。

おばちゃんは、ちょっと待てよと思う。
戦前に海外に留学や赴任するような日本人は一般人ではなかった。
貴族・華族という身分制度のある日本でよほど裕福か特権階級の子弟かに限られていただろう。

外務省の外交官や外務省職員だって同じ階級の出身であったから、なじみの親戚みたいな人たちで、面倒を見るのも当たり前だったのではないか。日本に帰ればひょっとして役職や姻戚や出身のどこか‘でつながりがあった上級市民同士だった。狭い仲間うちの話で邦人保護は当たり前のことではなかったか?
戦争中の当時の外務省の人員が、特に気骨に富んで義侠心に優れていたわけではないと思う。

外務省は昔も今も特権階級を保護してきた。一般日本人も保護したことがあったなら、多分ついでだろう。

戦前の日本は一握りの特権階級が富と政権を握っていた階級社会だった。
第二次世界大戦に負けて死に物狂いで復興してきた日本は昭和の半ば~40年くらいまでは1ドル300円。
「ハワイ」は庶民には手が届かない映画スターなどが行ける憧れの外国だったのだよ。洗濯用の粉石けんの中に、ダイアモンドの当たりくじが入っていたり、農協で積み立てをして旅行に行くのがあこがれだった。まだ百年もたってない、80年前のこの間。

そのギャップが狭まったのは40年代の高度成長期からだった。
働けばとにかく見返りがあって得られて社会は急激に豊かになった。ちょうど今の中国と同じだ。父と長子が必至で働いて、私の世代が大学に行ける余裕ができた。
おばちゃんにしてみれば夢の国のハワイが近くなってきたのは、ついこの間のことだ。

おばちゃんの証言

90年代の在米日本領事館の窓口の領事館員は偉そうだったね。
窓口に来る日本語もおぼつかくなっているおばあちゃんでも特権階級で渡米してきた人か、戦争花嫁でやってきた人か言葉としゃべり方で見分けて戦争花嫁をバカにしている節があった。

永住権が取れて7年ぶりに帰国したときは空港の税関の職員に
何年いました?7年です。麻薬を持ってませんね?とスーツケースをひっかきまわされた。
GやJビザを持っている政府関係者には、「お国のためにご苦労様です。」とあいさつするのだと聞いている。

海外に住んで長ければ長いほど日本の領事館とかは当てにしないようになる。前にも書いたが、
地震の時でも、山火事が迫ってきて大学の裏の住宅地には警察から避難命令がでて、近くのおばちゃんのアパートでも昼間でも薄暗く灰が雪のように積り、どこに避難しようかと真剣に考えた時。

LAの暴動が起こって日頃黒人を馬鹿にしていたコリアンタウンでは連日略奪が起こり、のちにおじちゃんの同僚になる人は自分のビジネスが略奪にあって壊滅。用心のために持っていた銃も何の役にも立たなかった。

スーパーのヤオハンではガードを雇ってビルの屋根にマシンガン武装させて黒人からの襲撃を警戒していた。おばちゃんは買い物にも出ず緊張してテレビのニュースを見ていただけ。

領事館からは電話など無論受けたためしはない。Never!  


今回のロシアの領事館についても邦人保護するする気はなかった。今更驚くことではない。昔も今も一般人は関心外だから。よほど辺境のコミュニティが狭い外国では成り行きで保護する場合があるかもしれない。1968年に事例があるそうだ。

2年前、アメリカは素早く武漢に特別機を派遣してアメリカ人を救出したが、日本はぐずぐずと右を見て左を見て、批判をされてやっとチャーター機を飛ばした。
避難させた日本人に料金を請求したと聞いて、外交機密費は何のためにあるのかと思った

外務省の首席分析官が告白するくらい、外務省は腐っているらしいので海外在住者は何かあったら、アメリカ大使館に逃げ込もう。
日本領事館は昔も今も当てにならないのだから将来も当てにしないほうが良いのだ。


ウイスコンシンMarquette大学 2度目のレイオフ

Marquette University

https://www.wpr.org/marquette-university-laid-39-january-staff-and-students-fear-more-cuts-are-come

Marquette大学は1月に39人を解雇した。大学職員と生徒はさらなる解雇があるのではないかと不安を覚えている。大学の当局は近い将来には再度の解雇はないと言っているが、次期入学受け入れが減少する意味をキャンパスは受け止めねばならない

Marquette University Laid Off 39 In January. Staff And Students Fear More Cuts Are To Come
University Administrators Say No More Firings Planned In Near Term, But Future Enrollment Declines Mean Campus Must Adapt

Marquette大学はコロナー19による入学生の減少も含めて4500万ドルの財政赤字を解消するために39人のスタッフを先月解雇した。
Marquette University laid off 39 staff members last month as part of a yearlong effort to close a $45 million budget deficit brought on by COVID-19 financial losses including a drop in enrollment.

Marquetteの2020年の新入生クラスは、1997年以来最もすくなかった。これは、パンデミックによる予期せぬ損失とともに、4500万ドルの直前の財政赤字があったことを意味した。 2024年までに、Pogodzinskiは赤字が6500万ドルにまで拡大する可能性があると予測している。

By Rich Kremer
Published: Monday, February 15, 2021, 5:45am


新潮がニューヨークの小室夫妻の警備費を試算したところ、ひと月に7000万で年間8億という金額をはじき出したらしい。これが外務省の緊急補正予算8億円と合致するという。

どうしても高い!と思う。

あのメーガンとハリー王子が一時期LAに居を定めていた時の警護費は、年間3億3千万とい記事があったと記憶している。むろん武装した警備に決まっている。

アメリカで警備会社の言いなりの見積もりで契約をしたりするとニューヨークの小室夫妻の警備には8億円かかるのか、それとも日系の会社でも「中抜き」をしているのか、どうしても警備費用が高すぎる。

ミーガンの邸宅は戸建ての邸宅だったはず。ニューヨークのヘルズキッチンは他の入居者があるビル型住居。公的な場に外出するミーガンたちが3億3千万で契約できる警備を、ビル住居の小室夫妻に8億払うのは絶対馬鹿げていて、それとも裏があるのではないか。

日本の外務省が昨年要求した緊急補正予算の8億円のうち、Marquette大学に流れるのではないか?それはいくらぐらいなのだろうか。

ウイスコンシン下衆計画を書いているときにRedditの書き込みで見つけたのはおびただしい中国語の嵐広告とMarquette大学のレイオフの記事だった。中国語をgoogleで翻訳してみたところ驚愕した。何故かというと「米国の卒業証書売ります。XXX大学ZZZ大学、、、」というインチキ卒業証書作成業者の広告だったから。

卒業するだけで弁護士資格が取れるというウイスコンシンMarquette大学は(Diploma Privilege)、中国人留学生にも人気だった。海外からの留学生を受け入れて何とか経営が成り立っていたのかもしれない。

ところがcovid-19のせいで、留学生は帰国。海外からの新規入学者の受け入れも不可能で、積みあがっていた赤字が表に出てどうにもならなくなったという状況なのだろう。

4500万ドルの赤字を39人のレイオフで解決できるとは思えない。

赤字にあえいで現在新規入学生も減少している状態で大学側と外務省は交渉し、小室圭は入学を許されるようだ。ジャーナリスト篠原氏の放送によれば、夫妻はウイスコンシンのような田舎に引っ越すのはまっぴらごめんで、小室圭はリモートで授業を受けるらしい。日本の外務省はいくらの寄付金を用意しているのだろう?それは本年度予算で8億円とはさらに別口か?


小室問題ガイド

リンク集です。記事が多くなりましたのでカテゴリ別に分けました。一番上が最新記事です。過去記事は新情報が出たときになるべく後記を付け加えていきます。参考のUtuberさん, 新聞ニュースメディアURL、個人ブログのURLなど随時追加していきます。

小室圭・最新動向

小室夫妻は円安で経済危機か?

試験3回目まであと6週間

俺を殿下と呼べ

メトロポリタンはボランティア

眞子さんはメトロポリタンの学芸員か

ぇ?眞子さん懐妊でグリーンカード?

真子さんはすでに働き始めている?

ウイスコンシン下衆計画 

Marquette大学二度目のレイオフ   

ウイスコンシン州の弁護士の評価

   ●ウイスコンシン州計画はどれくらい実行可能か

試験発表は4月28日29日

小室圭は受験したのか

小室圭受験情報・疑惑

小室圭がICUに入学した理由

二人の小室の選択

EB5がつぶれた後

ベンチャー企業を用意しろという意味

k君ついに暴かれるビザへの道

Noといおう

緊急:小室圭の狙いは永住権だった

ビザ関係問題

H1B よもやま話

しつこくビザの話

グレースピリオド

EB5ビザ新情報

EB5とは

逆引き会社調べ

Lビザ 駐在員ビザ

イミグレとはどういう役所か

時事から学ぶアメリカの正しいビザ知識 F1応用編 学校を変える

留学生ビザから永住権 総集編

時事から学ぶアメリカの正しいビザ知識2ーEB1 松居一代

時事から学ぶ正しいアメリカのビザ知識1ー留学ビザ

支援隊の動向

領事館へ在留届

奥野事務所がサポートに動く!?

質問状の行方

弁護士 対 弁護士

フォーダム大 受験資格 疑惑の再燃

ニューヨークデジタル博物館

ゲーリー森脇氏関連

LLMとJDの謎 総括

税金関連

小室夫妻ニューヨークの警備費

●税金疑惑 easy peasy pieace of cake

小室関連・エッセイ

な~んちゃってリベラルの人

無敵の人

皇統の危機 時代が変えてしまったもの

外務相在外手当 第二給与

情緒に走る人と、理智を第一に考える人- 小室疑惑 リトマス紙

心に半旗を

権謀術策 小室宮

異色

小説・フォーダム大の猫ピロ氏

参考サイト・ブログ・URL

Reddit 掲示板

Daily Mail Online

The Japanese American Association of New York, Inc.

We Love NY  NY在住Utuberさん

帰国してぶつかる逆カルチャーショック

逆カルチャーショックの定義とは

ホスト国の文化や生活習慣に慣れた後に自分の国へ戻ると、その現実に溶け込むことが大変だと感じる。ホスト国にいる間に、留学生の多くは、自分の文化的アイデンティティーを再度模索したりする。

★逆カルチャーショックとは、海外生活を終えて自分の慣れ親しんだ環境(文化圏や国)に戻ってきた者が経験する、自分の文化への再適応に伴い感じてしまう驚きや戸惑いのこと
逆カルチャーショックの起きる原因は、自分の帰る場所が『HOME』ではないから

――――な~んだって。
留学生や駐在員が経験する逆カルチャーショックなのだそうだ。

おばちゃんとおじちゃんは社会人として、日本で暮らしたよりアメリカでの社会人経験のほうが長かった。生まれた故郷を捨て海を渡りアメリカのどこで死んでも結構、散骨してOK。

ただ、余生を暮らすにしてはカリフォルニアは高すぎ、オレゴンやシアトルの気候は素晴らしいとも思えないし、アーカーンソーで凍えて暮らすのはまっぴら、そうだ!老後を暮らすなら「日本」という州もあったな?!というケースである。

慣れ親しんだ環境?Home?
おじちゃんの同僚のテリーさんは不法滞在の挙句、ベトナム戦争中に市民権プログラムに参加してアメリカ市民になった人だった。日本人の文化とか常識とか習慣はとっくに捨てちゃって、日本人とかの定義もどうでもよくなっている人

自分が日本人であるということがどうでもよくなっている場合、どこで暮らそうが日本人かどうかとか文化とかは関係なくて、どこが暮らしやすいかどこで暮らしたいか?という問題ではないだろうか?

おばちゃんたちは、テリーさんほどアメリカ人ではないが、リタイアのために「日本州」に引っ越してきた。血縁地縁もまったくない電車で降りたこともない地方カウンティ。

自分たち半外国人に住みやすそうなポイントを考えて州を選んだ。違う州なんで習慣や考え方が違っているだろうとは予想できるので、なるべく地元の人の迷惑にならないようにカウンティ地元でもよそ者が住む場所に家を買った。

最初に移住したときに違う国の常識にぶつかってびっくりした経験則と対処法はしっかり蓄積されている。日本州の考え方が違うのは当たり前だと思っている。帰国者が「ホーム」に帰ってきたと思うから、違和感のあまり適応障害で鬱になったりするのだろう。

CA州では簡単だったのにね。とか日本州ではここが不便ねとか、そんなことは山ほどある。しかし、違う州なので州の常識があるのだ。
日本州のいいところは取り入れる。
コタツというのは秀逸な暖房器具・家具だわ。おばちゃんと猫は惚れ込んで二度と手放せない。食べ物もおいしいわ。食に関してアメリカは後進国よ。

アメリカでは日本語放送のCMで「あなたの中の日本が不足していませんか」とか言われると、ああ、日本の温泉というものにもう一度は入って見たいなぁ、とずっとあこがれていて、帰国して何十年ぶりに町営の温泉大浴場に入ったときは冷汗が流れるほど困惑した。

何をどうして、どこから始めてよいか全くわからなかった。そこはそこ、アメリカで修羅場にあったことはいくらでもあるので、まず人の観察をする。
なるほど、まずロッカーを確保するのか、次は脱いでロッカーに入れる。裸で大浴場に入ると、。
そこは、学生時代に行ったことのある、銭湯だった!

ピンク色のトドやオットセイが湯舟の波打ち際に乗り上げて、憩っている。温泉は1度で充分であった。温泉を娯楽と思う感性はおばちゃんにとっくに失われてしまっていたのだ。

地方の自治体の手続きというのもなかなかスリリングだった。こちらが専門用語・日本語がわからないので、窓口も困惑しているのだが、何せ手続き文書の日本語が日本語なのに意味不明という説明不能な状態なので聞くしかない。

申請書に申請理由を書いてください。と言われても日本語はもう手で書けないし、コンピューターのキーボードがなければ無理よ。それでも紙に書けと?わずか2行の理由を何分かかけてちびちびとひらがなが多い申請用紙が完成した。

いろいろ疑問に思うことがあるが日本州地方カウンティに怒ったりしない。

地方自治体のシステムにチャレンジすること自体が賢いとは思えない。相手が何を要求しているのか、相手のルールに従って、要件を満たすことが生きていくことの一番の早道。

よその国のシステムが不満なら自分の国に帰る。世界で共通するポリシーだね。

脱線するけど、移住したのに子供に兵役につかせるのは嫌!って理屈は通らないよね。ブラジルにすればよかった。

おばちゃんが知り合ったブラジル人留学生は、若いのに兵役はいかなくていいの?って聞いたら徴兵リストから外れたからいいんだって。ラテン系のお国がらで、毎年徴兵を募るとき、姓名のAからとっていくので、アルファベットの後ろの姓は定員が埋まって、永遠に徴兵が来ないんだと!いい国だろう!って笑ってた。

本題に戻る。

外国人が他所の国に好きで来て、生活が苦しいから生活を保護してくださいって、世界中で受け入れにくいでしょう?迷惑じゃない。自分の国でまず保護しないといけない弱者がいるときに、外国人まで面倒みられません、とりあえず自国に帰ってみては?と言うのは当たり前だと思う。

日本州の地方カウンティ人というのは、話すときにまず相手が男性か女性かが重要な要素らしいというのは驚いた。だいたい、車関係とか建築関係に多い。

やたらぺこぺこ頭を下げるのはおばちゃんたちには少し無理かも。
頭を下げるときは後頭部にかけて防御が困難になるから、人様にはなるべく晒したくない。

おばちゃんの長い経験をいかせるなら、地方カウンティのお役に立ちたいと思いボランティア活動に応募したことがあった。

CAでは警察にボランティア登録制度があって、英語がよくわからない同国人のために通訳サポートをするシステムがあった。登録をしておくと、警察から拘束されている同国人の通訳などをするボランティアがあったのだ。

おばちゃんは、この地方カウンティの国際交流ボランティア例会に出席してみたら、そこではどこかの短大の講師が「外国人と一緒に暮らすとはどういうことか」とかの講義があって、グループに分かれてディスカッションをしましょうと。

例会の最後には町で暮らしているベトナム人の女の子に「日本人にいかにお世話になったか、私の幸せな日本体験」の作文を読ませた。
むろん、出席者全員であったかい拍手をするのである。

おばちゃんは、英語でサポートが必要な外国人のためにお役に立てるようボランティアにお応募するつもりだったのに、外国人が少なくサポートの需要もまだないのだった。



日系社会のピラミッド

西海岸でも東海岸でも日本人日系社会の構造というのは大体同じではないだろうか。

ピラミッドの構成というのは下からこうなっている。

自分探し

30代に入る直前から30代の後半まで、離婚組も多い。子供まで連れてくる猛者もいた。F1の学生ビザだが、語学学校だけでカレッジに正式入学するだけの学力も根性も金も計画もないので、1~2年うろうろして帰国する。

この辺はアメリカに住んでいるという住人枠にも入れにくい。昭和の時代に「アメしょん」という言葉があった。アメリカでおしっこをしてきた人という意味である。むろん自分の幻想以上に素晴らしい自分がアメリカで落っこちているわけではないので金が尽きたら帰る。

留学生

語学留学か、ユニバーシティを卒業する留学生かに分かれる。語学留学は自分探しと大差がない。留学をする芸人はこの辺。アパートを2・3人でシェアするか、個人宅に間借りする。

ユニバーシティを卒業するだけの学力がある留学生の場合。
卒業後の進路は分かれる。OPTでもう一年アメリカにいるか運よくH1Bのスポンサーになってくれる日本の会社を見つけてビザをとるか。
抽選で半分以上ハネられるので非常に運がいい人がビザを取れる。取れなければ日本に帰る。
卒業するだけの学力があるので、日本でも大手企業に就職するチャンスがある。未来の駐在員候補だ。

ビザの会社員

ラッキー!ビザが取れてスポンサー企業に勤められるが贅沢できるような給料はもらえない。でも安い1Bのアパートには何とか住めるか、あるいは2人でシェアする。勤めている間に永住権のスポンサーになってくれる企業を探す。目指せ永住権!!グリーンカードさえ手に入れば、もっと稼げる会社に移る

駐在員

この人たちは別枠。
日本の企業から派遣されて日本企業で働いて日本の本社に向かって仕事をしている人達なので、現地の人間関係より会社の人間関係のほうが大事。

現地ローカルの日本人と友達になる場合もあるが、いづれ帰国することが決まっているので会社の人とは話せないことを話すあとくされのない関係を築く。日本に帰った時に自慢できるようにできるだけアメリカを旅行し、どれだけ子供に英語をたたきこめるか必死。
3年から最長7年で日本に帰る人。お辞儀の習慣を忘れない人たち。
なので、現地のローカル日本人社会からはいずれ帰る人枠。
ただし、現地ローカルの日系催しもののスポンサーだの、チャリティーだのにはしっかり協賛してもらう。


やっと永住権

やった~!やっと取れた。これで堂々アメリカで生きていける!
同じく永住権を持ってる彼女と結婚して家を買った。2人で稼いだらローンが払える。在米の企業の寿命は短く、つぶれたり合併したりするから親方日の丸は安心だと思って、日本の会社のローカルにもぐりこんだのに、、日本に撤収しちゃった!

あの、トヨタがテキサスに引っ越す!日本スーパーがトヨタを追っかけてテキサスに行く!うちのカミさんは、スーパーなのに?リコーはアトランタに引っ越すって?嘘だろっ?

必死でためていた貯金を崩して職探し。永住権を取って明日は安泰と思っていたのに、実はお先真っ暗なのに気が付く。日本には帰れない。だって今帰ったら負けじゃん。

自営業者・永住権

もうピンキリ。
ドカンと当たって御殿を建てる成功者から、夜なべに広告を織り込みをする細々とした自営業。ネットワークビジネスをてがけて次は当たるかも
とネットワークまみれになっている人。日本?帰らないよ。帰ったら負けじゃん。

ゆうゆう永住権

もともと資産を持っていた裕福な層で永住権もさほど苦労なく取り、勤めている企業でも管理者かオーナー。がつがつ働く必要もなく、子供は現地の大学を出て医者とか弁護士とか将来安泰なコースに乗っている。ボンボンで育ちすぎて、あ~、こりゃ親の会社を継いだらつぶすわ!という2代目もいないわけではない。

こういう層の日本人1世-2世が日系協会で役をやったり寄付を出したり、賞をもらったり日本企業の駐在員役員とゴルフをしたり総領事館などの上の人とお付き合いをするのである。
日本?東京に家があるからたまに帰るわ。で?

市民権と超優秀な日本人

永住権を取って5年以上たつと市民権の申請資格ができる。
仕事も家もあり日本人でいる優位性がないと考える人は市民権をとる。永住権者は福祉で保護されないが、アメリカ市民は福祉の権利がある。考えたくはないが、仕事をしくじって最悪の結果になったとき市民権持ちなら、アメリカ国家が面倒を見てくれる。

または、アメリカで育った子供はアメリカ人になっちゃって、もう将来家族で日本帰国の選択肢はゼロになって、市民権をえらぶ親も多い。日本?今更帰ってもしょうがない。

超優秀な日本人は
ぐいぐい頭角を現すので、アメリカ社会に進出していき10年もたつと日本食なんかなくても生きていけるし日系スーパーにもたまによる程度で、日系にかかわらず生きている。アメリカの企業が自分の実力を評価してくれるのだ。なんで今更日系企業に?

やっと永住者、自営業永住者、ゆうゆう永住者、市民権者は
もう日本のニュースは見ない。Yahooのヘッドラインくらいは見るが内容は興味もないから読まない。

日本の総理大臣?誰?
ゆうゆう生活者以外、遊んでいる暇がないわ。仕事が忙しい、子育てがある。学校からfundraisingのが回ってきて、寄付に回るかクッキーを売りに行くか、子供がスポーツでレギュラーになるかどうかの瀬戸際だから、仕事を早めに終わってもやらないといけない。二つ仕事を掛け持ちしてる。
日本?はっ?だれか死んだ?家族でも死なない限り当分帰国できないし。

50代中ごろまで、ひーひー仕事と子育てに手いっぱいだ。稀の休暇に安いチケットを買って日本に「行く」
永住権を取って家を買って子どもを産むと、自分のいるべき本拠地はアメリカになるので、自然と「帰る」という言葉は使わなくなる。

日本は「行く」ところで、アメリカの家が「帰る」ところ。
日本に住む人を「日本の人」という。ローカルの自分たちはいずれアメリカで死んで土になるので、新1世

この50代半ばまで、仕事と子育てに追われるのは日本の社会でも同じだろうと思う。
ただ、アメリカの社会は日本よりずっと浮き沈みが激しい。コロナの蔓延でエンターテイメント、旅行、フードサービス、流通にどれくらいの痛手を被ったか想像することが恐ろしい。

私は、永住権を目指してアメリカ人とデートを繰り返す女の子に言い聞かせた。「永住権」というのはただのステータスだ。グリーンカードを持っていても、アメリカ国土での「生活能力」を保証する魔法のカードではない。
企業の破産、解散、首切りはしょっちゅうある。爪を磨くより、技能を磨け!看護師になれ、。看護師はリーマンショックでもレイオフがなかったわ。


50代過ぎの永住権者

永住者の運命は50代半ばから大きく変わっていくのだ。
在米日本人は24時間全力疾走している。
寝ている間も英語で夢を見るように努力する。昼間、アメリカ人/中国人にこんなこと言われてああ言ってやればよかった、こう言い返せばよかったと寝入る間にクチクチ考える。

夢にあいつが出てきたら英語で言ってやろう。ちゃんと言えた、ざまミロ。普段の生活でもとっさの時には
Watch Out!とか Dorop it. とかOuch!とか英語で出てくるようになる。

あなたの姓名はタナカかスズキか?
タナカか?それはよかった。
アメリカ人がわかる日本人の名前はスズキかタナカくらいだ。コ~ムロだとか、なんとかいう姓だったら死にかかっても意識不明でも英語で自分の姓を言う練習をせねばならない。なんでか?

2009年5月の土曜日、うちの従業員が出勤してこなかった。真面目でいい子だったから何かあったに違いない。ガールフレンドも部屋に帰ってこなかった彼を心配してポリスに電話をしていた。おばちゃんも心配でポリスに電話をした。そうしたら言われたね。
”21歳以上でしょ?大人が行方不明の場合72時間経過しないと捜査をしない。名前?そんな名前の事故者はいないね。”

何かに巻き込まれたに違いないのだ。何度ポリスに電話をしても答えは同じで、ガールフレンドに部屋にある車の登録証のコピーを探せといった。
たまたま知り合いに元シェリフがいたので車の登録証のコピーを渡してポリスに照会してもらったところ、救急病院のICUで意識不明で見つかった。JohnDoe として。


あなたが長年住んでる永住権者でも事故で意識不明ならJaneDoeだ。
包帯をぐるぐる巻きで、顔もわからない彼を見て、ICUのナースに医療費はいくらくらいになりそうか聞いたら、一晩15000ドルくらいだと聞いて、膝から崩れおれそうになったのはまた別の話。

ID?そんなものは事故現場で燃えてしまった。
パラメディックスによると、レスキューした当時は意識はあったけど本人の名前がわからなかったと。日本人の名前なんか、言ったってわかんないくせに。アメリカで独身者なら、死にかかっても名前を言えないと。永久に身元は分からないよ。誰かが探してくれなければ。

そんな50代でも仕事さえ順調ならアメリカに住んでいられる。仕事をしくじったら?ある日、首になったら?50代だと再就職がなぁ。日本だって難しいだろうが、外地なら余計パイが狭いんだ。いろんな伝手を探して田舎の州に行くとか。

家を売れば一息付ける。カリフォルニア州の不動産が高いから、
ローンが残っていても家を売ればおつりがくる。ラスベガスに移るとか、あそこはカリフォルニアで仕事がなくなった人が、最後にすがるとこであったりする。景気が良かったころはね。

会社がコケずに家のローンもほとんど終わって、目出度く60代に入ったとしよう、仲良し6人組も、何とか生き延びてきた。毎週ランチに集まってくる元気な60代。日本に生きている60代よりず~とEnegetic!なんせ、アメリカを生き延びてきたからさ。

で、ある日突然一人がぽくっといく。美容に気を付けていて細身で元美人。
脂身は食べないとか砂糖は取らないとか細かいことを言ってた人。

次にもう一人がガンで倒れる。
残りの仲良しがクッキーかなんか持ってお見舞いに行く。アメリカの医者は保険によって治療しても効果がないとわかると治療してくれない。ホスピスに移ると毎月5000ドルが飛んでいく。

もう一人はランチをすっぽかすようになった。
認知症だった。
生活には不自由がなくて、ずっと働いたことがなかった人だし。ランチの約束しても忘れるし、貸したものは返ってこないし友達の関係では面倒が見切れなくて結局、離婚した元旦那が施設に入れた。
一人息子以外はアメリカに誰も身寄りがいない。日本の弟とは親の遺産の取り分でもめて縁が切れた。親の介護に指一本上げていないのに、遺産を主張するのはどうかな。

そうこうしていると、もう一人はアーカンソーに移るという。
旦那がもともとアーカンソーの出身なのだ。子供はアメリカ人に育ったから、サンクスギビングとクリスマスには顔を見せるよ。それだけよ。アーカンソーで旦那が先に死んだら、冬は地面の1メートル下まで凍るという州でたった一人アメリカ人の中で暮らす。

60代半ばから70代にかけてさらに運命が大きく変わっていく。
友達?
外国で老いた身の始末をするには、友達なんか100人いても役に立たない。クッキーをもってお見舞いに来るだけだ。

子供からしたらどうか?日本生まれの一人娘は40代でアメリカでも不自由なく生活している。残った母を施設に入れて、2月に一回訪れると母が泣く。
そこそこの財産があったのに、入居時にバカっと入居料を取られてさらに施設の施設料が「毎日5ドルずつ」上がるのだ。医療費はまた別。みるみるうちに財産が減っていき、娘の前で早く死にたい。と泣く。


アメリカでリタイアして老後を過ごすには、年金のほかに50万ドルが必要といわれる。家やアパートを一棟持っていたとしても、施設と医療費が計算よりずっとかかって呆然とする。

施設は100%アメリカ風だから、和食なんてお目にかかることはない。カリフォルニアでも日系が経営している施設は片手の指で足りるはずだ。フィリピン産のナースが、ミセス今日はSushiよというからまさかと思ったら、グリーンサラダに茹でたコメがまぶしてあったと言う話がある。

残った肉親を一人で支えるのも大変。今更日本の親族にも頼れない。長い間に疎遠になってしまってアメリカの従妹?あなた誰だっけ?と言われる。

施設費用や医療費にもびくともしない財産があるゆうゆう永住権者の一人息子が、クリニックを開業してこれからというときに日本人特有の病気にかかっているのが判明した。アメリカでその病気の専門医はコロラドにしかいないという。コロラドに通うか日本に帰って治療するか。

アメリカでクリニックを開き医者をやっていると、それは成功者と考えるのだが、一時期かかっていたドクターはオフィスが3つあり、クリニックの間を走り回っていた。

いつ電話をしても、フリーウエイを走っていると患者で噂になった。むろんドクターが一人で患者さんを診るので、一人で3つ掛け持ちするしかない。
考えてみれば、一人で開業している医師は一人自営主。妻子がいても妻は働いていないから、ご主人に何かあったときはそれでお終いじゃないか。ドクターでも弁護士でも一人自営業はつらいなぁと思うのである。

50代末から70代の人生の変遷を観察して、アメリカで平和な老後を迎えるには絶対必要な3つがあることを痛感する。むろん配偶者が健在であることが前提でのことだが
1、金 2、複数の子供 3、健康

先住の日本人の奥様、〇谷さんが「永住権を持っていても60過ぎるころになると、急に日本に里心がつくのか帰国する人が多く出るのよ」
〇谷さん、それは里心と違う。里心で帰国するのではない。

3つの条件を全部持っている永住権者はそんなに多くない。子供がいない夫婦という点で、まずアメリカで余生を過ごすのは難しい。それに気が付くのは50を過ぎてからだ。


全力疾走で走ってきてある日ふと前と回りを見て、これはだめだと感じる。危機管理の中で生きてきた人間だから、自分の前に待ち受けているものが見えてしまう。

先が見える人と見たくない人。決意ができる人とできない人。
永住権を捨てられない人。子供を連れていけない人。市民権をとってしまった人。アメリカに足をとられたまま、決断ができず莫大な医療費を抱えたような時には、日本に帰るのが遅すぎるのだ。

アメリカの平均余命は持っている資産と比例する。金持ちほど健康で若く見えスポーツをし元気で長生き。金があるからいい保険にも入れ治療を受けられ寿命が長い。
アメリカで成功して生き延びて90過ぎても元気な、妖怪みたいな長老は非常にまれだが日系にも生息している。

生きにくかった日本を脱出して、あこがれていた海外の生活のためにいろんなものを捨てて24時間全力疾走をしてきた。そして人生の終わりが見えてくる時に、今度はアメリカで築いたものを捨てて最終的に守らなければならぬものがあるのに気づく。

死に物狂いで生きて来たから、撤収しても別に悔いはないか。終わりが見えてくるまで走れるだけ走ればよい。

世界のどこでも医療技術者は尊敬されて受け入れられている。別の世界で生きてみたかったら、爪を磨くより、技能を磨け。

駐在員時代

簿記のクラスで教師のテリーがチャート・オブ・アカウント(勘定項目?)を解説していた。小売業の場合経費として減価償却費とか修繕費は理解できるのだけどInventory Loss(在庫減)がどういう状況で起こるのか分からなかったのでテリーに質問してみた。

商品在庫が減っちゃうんですか?どうしたら減るんですか?
う~ん、従業員が盗むんだ、。
おばちゃんはびっくりしてアメリカの簿記ってのは従業員の盗みまで「勘定」に入れるわけ?盗みを見込んで経費を考えるって、消耗しそうと思った。

そうしたらおじちゃんの会社でも物が消えるらしい。棚卸をすると目も当てられないくらい在庫が消えてるのだそうだ。支社長は性善説を口にし、従業員はみな家族!みんな仲良くとお題目を唱えるだけで対処をしようとしない。在庫がなくなると実際の管理するおじちゃんが困る。

従業員を家族だと言っているのは支社長だけで、そのくせ人件費が増えそうになるとシフトを容赦なく削っていく。会社に都合のいいことしかしない彼はパートのメキシカンから相当恨まれていた。しかし英語が全くできない支社長はメキシカンを含め現地で雇った従業員の不満を読めないのだった。

日本で契約した雇用条件はむろん健康保険などの福利厚生も含まれていたが、いざ渡米してみると支社長の裁量で適用されなかった。カリフォルニア州の法律では新規雇用の従業員には3か月間は試用期間として健康保険を加入させなくてもいいという規定がある。

日本での契約を無視して、渡米した限りは3か月は保険を入れなくていいんだと都合よく解釈して保険契約を放置した。4人部屋の同僚の一人が膵炎になって入院してしまった。
保険無しの入院である。10日あまりの入院で2万ドル請求されたと聞いた。従業員本人に支払い能力がないので、会社がかぶったのだ。

会社宛てに公的郵便物が届くと封を開けて見るらしい。当然読めないので、デスクに入れてそのままなのだという。秘書役のマネージャーに渡せばいいのだが、そのまま放置されるので期限切れの再通告が来てから知ったマネージャーが怒っていた。

日本での支社長を知っていた人の噂では彼が勤務した日本の支店では業績がすべて落ちたのだという。移動させる支店が無くなってアメリカに捨てられたんじゃないかという憶測もあった。

中年を過ぎて結婚したこれも同じ会社のお局さまは、専務のお手付きだったといううわさもあった。誰がこんなXXを支社長に据えたんだよ。日本の本社へも不満がたまった。ついに従業員の誰かが匿名で本社に手紙を送ったらしい。
すると、うわさされた専務が出張でやってきて「支社長は間違ったことをするかもしれないが、従ってやってくれ」なんだそれ?
間違ったことに従ったら会社がつぶれるじぇねえか?
ダメだこりゃ。

支店長は英語ができなかったが、スペイン語も覚えようとしなかった。パートのメキシカンを人として見ていなかったふしがある。誰かが誰かを馬鹿にしているときは言葉を知らなくても分かるものだ。

おじちゃんは英語よりスペイン語のほうが性に合っていたらしく辞書を片手にメキシカンと休憩時間などおしゃべりをしてこんなことやあんなことがあったと面白がっていた。コークをおごってやって英語日本語スペイン語ちゃんぽんでバカ話をする。

3ベッドルームに4人押し込められていた本社契約の同僚は、膵炎が日本に帰国したので3人に減って一部屋づつ使えるようになっていた。

支店長暗殺さる

ある時外の公園で、おじちゃんたち日本人とメキシカンが休憩時間バカ話をしていると見慣れない顔のメキシカンが混じっていた。パートのメキシカンが友達を連れてきたようだ。
いつものことだが会話は会社の不満、支店長への不満シフトを削られた怒りに流れるのだったが、その時に件のメキシカンが、そんなに嫌な奴ならAssassin/アサンシンしてやろうか?と尻ポケットをポンと叩いた。

Assassinという日常会話を超えた単語が不思議と一瞬で皆に理解されてしまい、日本勢は息を呑んだ。えっ!?メキシカンはすかさず300ドルでどうだ? と追い打ちをかけた。具体的な金額にも驚いたが、たった300ドル?誰も答えなかった。
たった300ドルでも自分がポケットから出すならもったいない金額だったからかもしれない。

別のメキシカンが沈黙を破って、話題は別に移り件のメキシカンはどこかに消えた。休憩が終わって仕事に戻ると300ドルの値段をつけられた支店長は、あ~、今度の日曜日の昼は暇?ウチのお局子がなんか作るからみんなで飲もうよ。

お局さんのメインディッシュは冷凍餃子と焼いたウインナーだったので、魅力がなかったのだがなかなかNoと言える雰囲気ではなく日曜日にアパートの歩道をプラプラ歩いて、巨大なユーカリの枝が幽霊みたいに垂れ下がっている支店長のアパートの階段を上るのだった。

支店長がホールドアップ

メキシカンから命は300ドルと値段をつけられた支店長はいつも元気だった。この人がメゲている時はほとんど見たことがない。ただ、支店長も1度だけ真っ青になった時があった。

支店の開業の時に会社の車として従業員も乗せられるワンボックスカーと支店長が通勤私用につかうセダンとの合計2台の車があった。無論2台とも会社名義の登録車である。最初にセダンを買って、次にワンボックスを買った。だから登録の更新・支払い通知も最初はセダンでひと月遅れにワンボックスが来る。

更新支払いが終わればライセンスプレートに貼る新しいステッカーが届く新しいステッカーを車のプレートに貼る。これだけ。更新料を払わなければ新しいステッカーがないから、人のステッカーを盗んで貼ったり偽造したりする輩もある。
ポリスはパトロールで登録切れの車を止めて、違法移民だったら車ごと押収するし、盗難車の場合もあるから、車内からDMVに照会し登録情報を確認するのだ。

ある時、支店長がワンボックスを運転していると、後ろにパトカーが付いた。支店長は気にせず平和に運転していた。ところがパトカーはライトを点滅させて路肩に止めるようにマイクで呼びかけた。支店長は自分の事だと思ってもいないし、心当たりも全くない訳だから平和に運転を続ける。

呼びかけを無視して逃げるワンボックスにパトカーは応援を呼んだ。わんわんうるさくて支店長はようやく気が付いたらしかったが、怖くなって一心に走る。ポリスはさらに応援を呼ぶ。
支店長はポリスが何を言っているか分からないから、とにかく安全なところに逃げたい。会社の駐車場に辿り着いたころにはパトカーが7台に増えていて前後左右どころか、円形に車を囲まれて降りてきたポリスに銃を向けらて、支店長は真っ青になってホールドアップした。

支店長はまだ更新がきていないワンボックスの方にセダン用のシールを間違って貼ってしまっていたのだった。見たかったわ支店長のホールドアップ。

名古屋が逃亡罪で逮捕

膵炎が一人日本に帰国したので、同僚は3人になっていた。そこそこアメリカにもなれたし、独身の同僚たちは好きに独身生活を送っていたようだ。

名古屋と根暗と板橋(それぞれ仮名)が残っていた。根暗はあこがれていたアメリカに来られたことが嬉しくてCostcoに行っては大きなステーキ肉を買い、休みはゴルフ場かアパートのプールで嬉しさをかみしめているようだった。名古屋もゴルフにつき合うのだが、アメリカの食事を片っ端から貶し、俺の口に合わないと不満をこぼした。3ベッドルームで一人がクローゼットに寝る羽目になっときは自分でなかったのを喜んでいた。

それを現地のおばさん事務員に、支店長からひどい仕打ちをされていると愚痴をいう。契約書と実際の給料が違うと一番うるさかったのは名古屋だった。
ところがいざ支店長と話し合うときは、一言もしゃべらず、意見を言う同僚を上目づかいに見て、でも支店長の言うことも一理あるし。と豹変した。

そのころ、おじちゃんを除いてみな免許を取り車を買ってそれぞれ出勤するようになっていた。ある朝、名古屋が出勤してこなかった。アパートにも帰ってこなかったらから板橋と根暗が心配していた。

名古屋は前の晩に日系のクラブで飲みすぎヨタヨタ運転するところをパトカーに目をつけられて、停止命令を無視して逃げて逮捕されていた。名古屋も英語があまりできなかったから、日系のボランティアがポリスから電話を受け通訳をして会社に電話をしてきて発覚した。
停止命令を無視して逃げようとしたことで罪状に逃亡罪が加算されて、罰金はシャレにならんことになるらしい。

名古屋は逮捕されたショックのあまり、こんな国に誰が居るか、何千ドルの罰金?!嫌や、払らわへん。俺は日本に帰るんやとヒステリーを起こしていた。そのあと名古屋は本当に日本に帰国してしまった。

アパートに届いた裁判の収監状を見て、会社のマネージャーがこの人はもうアメリカは入国出来ませんよ。と言った。おばちゃんたちは驚いて、どうしてと聞くと、逃亡罪がついてて裁判を無視したら重罪ですから、罰金どころか入国禁止になります。ハワイもグアムも一歩も足を踏み入れられませんね。ほう。
その後、本社から派遣された研修員の一人が強制送還の憂き目にあった。

強制送還


テクニカルな問題である。ビザ・ウエイバーではビザを取らずにアメリカに入国して90日間滞在できる。ただ~し、日付変更線を考えねばならない

オーバーステイで捕まったのだ。ある人物は’入国管理官にちょっとこちらへと別室に連れていかれ後ろでに手錠を掛けられたという。彼はなぜ拘束されるのか原因も分からず弁護士を呼ぶことも拒否され、10時間後一本だけ電話をゆるされて会社に電話を掛けてきた。

僕は手錠を掛けられてご飯も食べさせてくれないんです。次のJALで強制送還されるんですおいおいと泣きながら電話で話した、という。可哀そうに、いい子だったのに。

移民弁護士に聞くと、それは当然だと言った。
何故なら、ビザウエイバ90日間の時間は成田を出国しーまた成田に入国するまでの間をカウントする。出国から入国までがアメリカでの滞在時間とみなす。
もし、アメリカで90日間滞在し飛行機に乗るとハワイで日付変更線を過ぎてさらに1日プラスになる。つまり91日になってしまうのだ。北海道は90日目に飛行機に乗ったので、成田に到着して税関をくぐったら91日間アメリカにいたことになるのだった。

ナベさん

会社のマネージャーのナベさんは、色々な逸話があった。
もとはベトナム戦争の末期に渡米してきて気が付いたらビザが切れて違法状態になってしまった。その当時、兵隊さんに応募してベトナムに2期務めて除隊するとアメリカはイリーガルでも市民権をくれた。

california

ナベさんは思い切って軍に応募したら兵隊さんになってベトナムに連れていかれた。戦闘の前には2つのカプセルが渡されるのだという。一つは怖くなくなる薬。もう一つはベトコンにつかまって痛い思いをしたくない時に飲む薬。まぁ、二度と何にも感じなくなるんだけど。

戦闘の合間の休暇に佐世保に何回か寄ったのだそうだ。軍服を脱いで脱走してしまえば、日本人にまぎれて逃げられるわけだが、我慢した意味がなくなってしまうから出来なかったと。

外見はどこから見ても無害に見える小柄なその人は、サイドから髪をかぶせて頭頂をバーコードにして丸い眼鏡をかけている。目だけは感情がなかった。めったに瞬きをしない丸い目はなぁ~んも映してなかった。修羅場を超えてすぎて色んなものがそぎ落ちてしまっているのだった。

ナベさんは割と遠くに住んでいて、通勤に1時間以上かかる。引っ越せばと言われても絶対引っ越さなかった。健康保険も自分が掛けているものがあるので、会社の健康保険には入らなかった。

たぶん日本の会社がいつ撤退するか分からないから信用していなかったんだと思う。軍で通訳もやったから会社のややこしい手続きや交渉も任された。
アメリカの規制やルールが面倒くさいと、支店長や同僚は「でも日本ではXXXだったよぉ?」

ナベさんが「はィ?」と丸い目をゆっくり向ける。”日本では”という言葉はナベさんにはまったく意味がないのだった。”でも日本の常識では、、”と言いかけるとナベさんの目はまばたきもせず空白で、言いかけた日本の常識が
バラバラと崩れて飛散していくのだった。

彼がランチを取るところに出くわしたことがある。メニューに驚いた。
まず、味噌汁を食べる。フォークで。彼にとっては味噌汁はメインディッシュの前にいただくミソスープである。で、その日のメインディッシュはかけそばだった。

フォークで巻いて音をたてずに食べる。箸は2本あるので、持つのが面倒くさいらしい。もうサンマやアジがランチにでても区別はつかないのだと
言っていた。たぶん私生活では魚なんか食べないと思う。箸と炊飯器が自宅にあるかどうかも疑問だった。

ナベさんは市民権が取れたときに日本国籍は放棄してその時にいろんな物(文化とか感情とか色々)も捨ててしまったのだと思う。

法的にも100%アメリカ人なのだが日本語をしゃべって蕎麦を食べるナベさんを見ると、一体ナベさんの日本人はどのくらい残っているのか、ナベさん自身は自分を何人だと思っているのか疑問が消えないのだった。
たぶん一番近い答えは、何人かなんてどうでもいい、かもしれない

セクシャル・ハラスメント訴訟

本社雇用の板橋は本来は所長級の人なのだという。日本でいろいろあって、アメリカ支社を志願したらしい。仕事ができる明るい人だったが、ど~しても、昭和のおっさんだった。事務のおばさんや現地雇いの女性に軽口を言ってしまう。

私服のキャミソールを
曰く:おっ、いいねぇ。セクシーだね。
曰く:リリアちゃん今日も可愛いね。
日本のモーニング娘って知ってる?
リリアちゃは足がきれいだからきっとショーツが似合うよ!
ボーイフレンドはいるの?
日本人と付き合ったことあるの?とか、。

タイ人だろうがベトナム人だろうが日本人だろうが若い女性であれば挨拶代わりに、なにか容姿について言うことが、誉め言葉とコミニュケーションと固く信じて疑わない人だった。人柄は悪くないし日本では見過ごされるレベルであったから板橋さん、クリスティー嫌がってるじゃない。いやいや、意識してるだけだよ。まったく暖簾に腕押しだった。

それでやられたのである。
セクシャル・ハラスメントで会社が訴えられた。証言が沢山集まっていたので法廷に行けば負けるかもしれないし、何より訴えられたことが広まるのを恐れて会社=支社長は和解に走った。それで告訴すれば金を出す会社と現地で密かに広まったのだと思う。

セクシャル・ハラスメントで訴えられた事件は、多分同じく昭和のおっさんだった支社長にとっては、キャンプしてたら雷が落ちたとか、路肩を工事中の道路を走ってたらハンドルとられて脱輪した、という程度の”自然災害にあった”くらいの理解だったふしがある。
事故が過ぎ去れば元通り。和解した後も従業員に注意するくらいで終わらせてしまった。

この時に会社のポリシーに:禁止事項、罰則、相談窓口など両言語で明記して社内教育を徹底的にすべきだった。やっていたら、会社はもう1度訴えられることはなかっただろうに。
2回目はもう、誰も擁護しなかった。支社長は和解の条件をどれだけ下げるかに奔走した。

帰国したら、昭和どころか平成生まれでも挨拶・ギャグだとかのつもりでハラスメントが日常的に発信されているので、おばちゃんはショックだった。とてもこの人たちは世界に出せない。和解1回で会社の利益が何万ドルが飛んでいくのである。SEXIAL HARRASMENT IS CRIME.

駐在員メキシコに行く

 
メキシカンたちはいつも陽気だった。スペイン語と日本語は母音が同じだからメキシカンたちの日本語もメキメキ上達していった。おばちゃんがダンナをピックアップするとき、風邪を引いていて咳をしたら、「お大事に」と言われてびっくりした。ホセだった。前の会社からの引継ぎだから、後ろを向いて聞いていると日本語ネイティブに聞こえる。

ランチにはお互いの食べ物を交換したりして、本場もののタコをふるまってくれるのだ。生のグリーン唐辛子を左手にかじりながらタコを食べるのは日本人には無理だった。

メキシコに行ってみよう。休みを取っておじちゃんの同僚たちとティワナに行った。
フリーウエイの5番を下りサンディエゴを過ぎさらに南下すると国境に出る。車に乗ったままゲートを過ぎ、メキシコはティワナである。国境を過ぎたとたん道路は埃っぽく白くなり、休憩のトイレではお湯は全くでない。
赤い蛇口を一生懸命ひねっていると、そばのアメリカ人おばさんがWe are in Mexico.と言った。

ティワナのメインストリートは臭かった。なんの匂いかわからない。饐えた腐敗臭。リカーショップと土産物屋とドラッグストアが多い。おじちゃんは鮮やかなソンブレロが気に入って、スペイン語で高い高いと値切ろうとしてうまくいかなかった。売り子はおっさんや娘だが目が笑っていなかった。

染みが付いた歩道を裸足の6~7歳の女の子が手に砂糖でギトギト毒々しい菓子を差し出して買ってくれという。通りの歩道には動物がいた。
おばちゃんはどう見てもおかしいから目が離せなかった。シマシマのようだけど、シマウマではなさそうで
顔はどう見てもロバ。あまりにも不思議なので、近くまで寄るとなんと!
ロバにペンキでシマシマが書いてあったのだね。観光客を乗せて写真を撮るらしい。やっぱりラテン系だわ。どこか底が抜けていて明るい。

屋台村のようなメキシコ!っというレストランもあったのだが食中毒が怖いので残念だけどハードロックカフェでタコを食べる。メキシコの下痢はモンテスマの復讐と言う。ドリンクに入れる氷も汚染されていることがあって、とんでもない下痢を起こすことがあるのだ。

土産も買ったので夕暮れになってからティワナをうろつく勇気はない。引き上げることにした。国境のゲートでは行きと違って、全員のパスポートを要求された。おじちゃんたちはグリーンカードをだし、うっかりパスポートを忘れた。ティワナならアメリカと同じような気がして、。

同僚はパスポートを出し、ゲートの管理官が運転手役のパスポートのビザをみて学生か?と聞く。そうだStudentだと彼が答えるとI-20を見せろという。彼は答えに詰まってニューヨークの部屋に忘れてきたと。
おじちゃんたちも他も驚いて、タツヤ君(仮名)I-20 が無いの?
タツヤ君も青くなったが私たちも青くなった。どうしよう?
”忘れた”としばらく係官と問答をして、係官があちらのナンとか局に行けと遠くのオフィスを指さす。

入国ゲートは7,8レーンもあって端っこのオフィスはかなり遠かったから、タツヤ君は車を走らせたが中々近づけない、レーンは何方面かに分かれていて気が付くとオフィスに近づくはずがぐいんとカーブを描いてそのままフリーウエイに出てしまった。むろん逆走は不可能だった。
あれ、?これ5番じゃね?と誰かが言い、
そうだ5番だ。このまま走っちゃえ!

学生なのにI-20 忘れたなんて、メキシコだというのにパスポートを忘れたおじちゃんとおばちゃんは自分のことを棚に上げた。
もし国境でタツヤ君だけ止められたら、とんでもないことになるとこだった。タツヤ君一人を置いて帰るわけにいかなかったのだ。なんでかと言うと、タツヤ君は留学中の日本・本社社長の息子だった。のちの3代目若社長であった。

  • footer