小室圭がICUに入学した理由

小室圭の弱点は日本語と日本語学力である。

小室圭は東京品川のカナディアン・インター・ナショナルスクール(1条校)中学高校と6年通ったといわれている。(学校教育法の第1条に掲げられている日本政府が認めた教育施設 高校卒業資格がある)

彼が日本の教育を受けたのはわずかに小学校6年間である。インターと同時に日本の補習校に通ったという情報は出てこないので、彼がICUに入学した理由は明らかである。帰国子女枠

海外の駐在員の奥様は日本の帰国子女枠が可能な学校のリストを傍らに置き、週末は日本語の補習校に子供を通わせている。補習校だけでは足りないので、自分で国語や社会を教える。

小室圭の日本語力/学力:国語、古文、漢文、日本史、世界史など、小学校だけの日本語能力では高卒として日本の大学の一般入試は不可能であった。
帰国子女・インターナショナル卒業生の“あるある“である。

日本在住の日本人だがインターナショナルスクールを卒業する日本人はわずかだがいる。
「柴漬け食べたい」の女優がそうだった。横浜のインター・ナショナルスクールを卒業した人で、女優は仕事の台本の漢字に平仮名を振っていたという。


日本でインターナショナルに入れる親というのはいろいろあって、どちらかが外国人の場合や、親が外国と頻繁に行き来するなどのビジネス上の必要があったりする場合。その他の場合。

インターナショナル卒業生は、日本語読み書き能力が低いか無い
そもそも海外の大学に進学するのを想定してインターナショナルに入れているので日本語ができなくてもよかった。

カリフォルニアで知り合ったロイは母は日本人、父は日系アメリカ人。
横浜に生まれたが、両親が離婚して父はアメリカに帰った。兄と二人横浜のインターナショナルを卒業して、大学はカリフォルニア。

ロイは人種としては100%の日本人。日本人の顔で日本語をペラペラ話すので、彼が日本語が読めないというのはいつも忘れてしまう。
18年間日本で暮らすのに不自由はなかったのかと聞くと、日本の駅は英語が併記されていて、困ったのはレストランの日本語だがガールフレンドにメニューを読んでもらっていた。と言う。

彼はこぼしていたが、カリフォルニアでもインター卒業仲間というのは何となくわかり、つるむのだという。
生まれた母国の言葉が読めない。書けない。家庭内文化は母国か父国か。家庭内言語は母国か父国か?ロイはカリフォルニアの大学に入った後、アメリカ人として欠けたものがあるのを自覚したという。

家庭内でアメリカ人としての文化や主張や論理が父から教え込まれていないので自分は自我が弱いとロイは言う。英語は喋るし、教育教養は学校で学んだものだが100%アメリカ人でもなく日本人でもない。どっちつかずの蝙蝠。

小室圭の母親は英語にコンプレックスを持っている典型的な日本人の例である。英語さえ話せればカッコいい。
日本のインターナショナルは莫大な費用が掛かるのでやりたくても普通はできないが、彼女は、彼女の夢「英語を話す私の王子」を人から金をたかっても実現させた不屈の人である。

インター・ナショナルスクールの大方の卒業生は外国で大学教育を受ける。その地で就職しその地で人生を送るほうが多いかもしれない。
小室圭がUCLAに留学してどうしてそのまま卒業しなかったのか、なぜ日本の大学で卒業したのか?

一つの理由は、アメリカ社会は「英語を話すからと言って誰もチヤホヤしてくれない
アメリカで女の子にモテるのはフットボールとかバスケットの花形選手や、背が高くてかっこいい子、親が裕福で有名な家庭の子、フレンドリーで愉快な子。彼にはアメリカでモテる要素がない。

もう一つは、UCLAの学費の高さ。
英語を話すというだけでチヤホヤしてくれる日本は圧倒的に彼に好ましかったのだ。

その後彼がICUで受けた教養学部の教育で「中高学校の欠けていた日本語能力:読み書きと日本語の素養」は追いついたのだろうか?帰国子女を持つ駐在員の奥様に聞いてみたいところである。一橋大学のビジネス・ローの授業にはついていけたのであろうか?

さらに彼の職歴は三菱銀行と法律事務所のパラリーガルであった。
よりにもよって経済専門用語と法律専門用語を駆使する職場である。

周りの誰もが、日本人の顔をして日本語をペラペラ話す小室圭が、漢字に弱いことをうっかり失念し、バリバリ専門用語漢字まみれの職場を世話していて笑う。

特にパラリーガルは文章能力が必要と言われている。中学高校の日本語の授業をすっ飛ばした小室圭に高度な日本語作文能力はあるであろうか?
三菱銀行や弁護士事務所での仕事ぶりは壊滅的であったと。さもあろう。

母の婚約者とのスキャンダルについて例の弁明書は日本の弁護士の作文という人もいる。フォーダム在学中に応募した論文は、最初に彼が日本語で書いて英語に翻訳したのは支援団の弁護士T・Rだったと推察するブロガーもいる。高校生程度と評されるのも仕方がない。

日本で英語教育を受けました、というだけで正常な人物評価ができなくなるのは日本に根づく英語コンプレックスのせいである。
自分の見栄とコンプレックスで半端な言語教育を子供に施し飾り付けようとすると、半端な人間に育つという実例である。教訓としよう。


mikie@izu について

海外在住何十年の後、伊豆の山に惹かれて古い家を買ってしまい、 埋もれていた庭を掘り起こして、還暦の素人が庭を造りながら語る 60年の発酵した経験と人生。
ブックマークする パーマリンク.

1件のコメント

  1. 彼がICUに入ったのは、仰るようにインタ-からの帰国子女枠からだと入りやすいとかあったんでしょうね。UCLAに一から入ろうとすると高得点のSATが必要だろうし、奨学金は無理だったでしょうし。。報道によると、彼はICUでは奨学金融資制度を利用して授業料は支払っていたと言う事です。この融資制度はICUと銀行がタイアップして、申請者はほぼ全員受けられるようです。

    それから、卒業後はアナウンサ-志望だった事もあるようで、スク-ルの自己PR作文があるんですが、これは当時の彼の日本語能力だったと思われます。この作文は有名なんですが、今ネットで探そうとしてもこの知恵袋ぐらいしかみつかりませんが。(消えないうちにスクショしておいた方がいいかも)

    https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q12251387912

    その後、日本語は上達したようで、例の28枚にも渡る文書を出されたんですが。。

    英語でもきっと文章を書く力があるのでしょう。。一橋の卒論は英語だったかもしれないし、F大の入学申し込みエッセイも80枚、NYの論文コンテストで2回入賞と。

    私は、皇族の方々やその関係者は、必ず文章力はあるのだなと思うようになりました。

    • キャラメル

      春子さん  
      私は逆に彼に文章を簡潔にまとめる能力が無いから28ページになったと思っています。ただ長いだけで要領を得ないものだったので。Fordham入学願書に添えた文章もおそらくそうでしょうね(是非読んでみたいものですが)
      LS社の「He is fluent in Japanese]がとても気になります。誰が書いたのかも服汲めてその意図するところを聞きたい。、
      ほぼ母べったりの生活で、その母から習う言葉(と態度)がいかに人をだまくらかすかに特化したものだった彼の幼少期~少年期までの人生って…

    • KKの一橋卒論とNYの入賞論文(2点)はすべて
      日本人にあまり馴染みのない韓国ネタが織り込まれており 大変違和感を覚えました。
      後者の論文の方は以前 アジアのけーちゃんも同様のコメントをされていたように記憶しています。
      果たして自分で書いたのか…?

  2. 私も彼の日本語能力については同じことを感じていました。小学校は音大付属で勉強より、ピアノやバイオリンの練習が優先です。今を時めく有名なピアニストの方も子供の頃から「勉強よりピアノの練習をしろー」とお母様から言われていたそうです。カナディアンスクールもカナダのプログラムですべて英語で授業が行われており、その中の1つの教科としてのjapaneseの授業はありますが、外国人のためのものなので、彼は日本の公教育で行われる教育はほとんど受けていなのではないでしょうか。だから、何か難しい言葉を辞書や文献で調べても、漢字が読めないので結局意味がわからない。きっと漢字辞典のひきかたもわからないのでは?と思います。
    ところでICUの奨学金はもちろん返済していないのでしょうね。

  3. 匿名さま、

    2020年12月の女性自身によると、奨学金はほぼ完済だと言う事でした。

    https://jisin.jp/domestic/1926256/

  4. 小室圭はパスポートの色が焦げ茶色+右側に紋章があったことから、
    実は韓国人ではないかという説が多々あります。

  5. りんどう

    記事のアップありがとうございます。圭氏が受けた日本語の基礎教育。国立音大附属は、今のHPを見る限りは国語の時間数も多く、大変しっかりとした教育を提供されていたと思います。ただ、その後の進路として英語をきちんと学ぶなら英語教育を重視する日本の私学でも良い筈。恐らく、彼のお母様は、「英語を学ぶ」ではなく、「英語で学ぶ」方を選んだのでしょう。それが良いか悪いかはなんとも言えませんが、教科を通して思考力を鍛えるべき時期に何か中途半端になってしまったのかも知れませんね。海外生活が長い生徒が多く学ぶ私学と関わりがあった事がありますが、彼らが意外に苦手なのが「英文法」の授業でした。これは私たちが「日本語文法」の試験が苦手(私はそうでした)なのと通じるのかもしれませんね。いずれにしても、圭氏に日本の礼儀である「お辞儀」を教えた方はいなかったのでしょう。彼を真の意味での国際人とは言えないのでしょうね。

  6. 通りすがり

    ああ、なるほど、と思いました。
    まだ彼がフォーダム大に留学する前でしたか、
    「紀子様は帰国子女だから、日本語があまり理解できない」
    と言ったという週刊誌の記事が出ましたが、彼自身がそうであったからポロッと出たのでしょうね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

  • footer