領事館に在留届

日本に住んでおられる人たちが誤解しないように在留届について書いてみる。
日本以外の国で3か月以上滞在する場合は、領事館に在留届を提出しなければならない。おばちゃんたちは紙に手書きで領事館に郵送の時代だった。

90年代の初めは、質の悪い「わら半紙」のようなレターサイズの紙に、氏名住所と電話番号を書く欄だけのすっかすっかの届け出書だった。

一回出しておけばそれでよいのだが、出さなくとも罰則は明記されていない。
国が言うには、海外で緊急事態が発生した場合には、日本国大使館や総領事館よりメールによる通報や迅速な援護が受けられますーー。ということだが。

赴任してすぐに提出しておいたが、LAの暴動が始まっても、大規模山火事(夏のお約束)が家に迫ってきても、911の時も、アメリカがアフガンにファイトバックした後も、領事館からはただの電話一本もらったことがない。

そのくせ、家を買って引っ越したら、どうして新住所を調べたものか、在留届の提出をお願い、などと手紙が来た。領事館に気遣ってもらったこともないが、書類の提出のお願いはされた。オンラインサービスが始まったあとでも、メールで何かのお知らせをもらったわけでもない。

在留が長い邦人、あるいは永住権をとってしまった在外日本人は、日本領事館や日本の外務省が何かをしてくれるなどという期待は全く持っていない。

何か自然災害、暴動戦乱などが起こったとしても住んでいたアソシエーションやシティの避難指示のほうがよほど頼りになる。

現在の在留届は、日本の連絡先や実家の連絡先や、仕事場など細かく記入をさせようとしているがそんなものを記入したところで、ただの平民の安否を領事館が心配してくれるわけがない。形だけの書類だろう。

平民でない人には、住むところから警備の手配まで専用のスタッフまで配置し細かく手厚く保護しているようである。小室夫妻がニューヨークに在留しているのを一番よく知っているのは、外ならぬ外務省と領事館である

自分が手配をして住まわせているのだから、小室番が部屋にも直接お伺いに行くに違いない。今更在留届を出せなどととんだ茶番である。

一朝、戦乱暴動などがあるとき、在留届在留邦人のリストに載っていなくても、外務省が真っ先に救出に向かうのが小室夫妻だろう。

それを在留届が出ていない、個人情報を出すのを懸念する小室圭、困惑する外務省などの記事を出したのはどのような魂胆があるのか?


最近は日本に一時帰国して「ジャパン・レールパス」を購入するときに、在留届のコピーを見せないと購入ができないように指示しているようだ。かつてはグリーカードの提示だけで買えたのに。嫌がらせをするにはよく知恵が働くと思う。


小室圭 受験情報 疑惑

日本時間 ただいま 2/24日昼 13:20時 ニューヨーク時間23日 23:20時
テストは終了しました

Princess Mako’s husband Kei Komuro steps out in New York after taking bar exam

Daily Mailの記事がUpされました。(日本時間朝8時発信)
小室圭は22日試験を受けて出るところの写真が掲載されている。場所は記事には書いてない。

さらに新情報では:takuyaさんによるとデイリーメールが写真を撮ったのはマンハッタンArmory会場だと

ところがArmory会場には6時半から入り口を見張っていた#newyorknowさんがずっと動画を撮っていた

newyorknowさんがまだ暗いうちから動画をとるなか、朝6時半にやってきた受験生の2人は入場を断られて入り口にいる。試験開始までに小室圭は現れなかったと。事前に会場と密約ができていて別の入り口から入ったか、それとも6時半以前に彼だけ入場したか。

アパートから近い試験会場White Plainsでも初日22日に会場から出る受験生を撮った#WeLoveNYさんがいる。小室圭は出てこなかった。

残る会場はBuffaloとAlbanyだが、ストリートビューから見るとデーリーメールの写真会場ではない。

デーリーメールの写真の背景には会場は レンガが映っている。Buffalo会場にはレンガの壁がない。Buffaloではない。Albanyにレンガ壁はあるが街路はもっと広く清潔で横断歩道と消火栓がない。Albanyでもない。White Plainsも違います。美しいキャンパスです。ということはやはりマンハッタン・Armory

Daily Mailの記事には
初日22日火曜日の司法試験を受けた後帰る姿を目撃とある。テスト会場を出てuberを待つ小室圭はHell’s Kitchenに向かった。
デイリーメールの写真現場はマンハッタン・Armory会場かもしれないが入場するところを見られずに、退出するところをだけが観察された?入口より少し離れた場所で撮られている。

本当に試験を受けたのか?受けたふりをして帰る姿だけをデイリーに取らせたのか?デイリーには彼自身が売り込んだのか?

小室圭の高笑いが聞こえてきそうだ。
この知恵がテストで生かされているか? 合否発表も報告します。4月末の発表はごまかしがきかないが、この男はまた一発逆転を狙っている気がする。


AlbanyのStreetViewがこちらです↓写真の場所はここではない。

Albany会場正面


さらにBuffaloの会場のStreetViewはこれです↓。レンガの壁はありません。会場の出入り口から歩道はほとんど高低差がありませんね。写真の場所はここではない

30-year-old Princess Mako’s husband was spotted after taking his New York State Bar Exam for the second time on Tuesday. Former Princess Mako’s ‘commoner’ husband Kei Komuro, 30, was spotted waiting for an Uber outside a test center after taking New York State Bar Exam for the second time this afternoon

初日22日火曜日に2回目の司法試験を受けた後を目撃されたとあります。uberを待つ小室圭
テスト会場をでて、Hell’s Kitchenに向かった。
Komuro was seen leaving the building with several other candidates, having completed the first day of the two-day exam. After leaving the test center, Komuro made his way into an Uber that may well have been taking him back to the Hells Kitchen apartment he shares with his wife


小室圭は初日22日 
Armory にもWhite Plainsの会場にも現れませんでした。

1)マンハッタン会場Armory

ニューヨークでArmoryの会場を入場チェックした方がおられました。小室圭は入っていかなかった。彼によると報道関係者らしき人は見なかったということです。7時前から会場を張っておられます。Armoryの入り口は一か所だけだそうです。
https://www.youtube.com/watch?v=A7d49bSIdnU&t=65s 
気温4度お寒い中ご苦労様でした。

2)White Plains 会場

White Plainsの退場もWeLoveNY さん
小室圭は出てこなかったということです。出口は一か所だけだそうです。
https://www.youtube.com/watch?v=GOqexbd_LBw

小室圭は初日22日 Armory にもWhite Plainsの会場にも現れませんでした。ニューヨーク現地の動画の撮影をしてくださった有志の方 We Love NYさん ありがとうございます。

二日目
ニューヨーク 23午前9:30分開始
  日本時間 23日 23時30分

残りの会場はAlbany か Buffaloになります。

現地の方の情報で
Albanyは マンハッタンから電車でも車でも2-2.5時間かかる。前日に電車でAlbany入りするのが移動の負担が少ない。とのことです

ALBANY
• Albany Capital Center 55 Eagle Street, Albany, NY 12207 • Empire State Plaza Convention Hall Concourse Level, Albany, NY 12242

Buffaloは飛行機で1時間半です。冬は悪天候でフライトがキャンセルされることもあるので、そのリスクを負ってまでBuffaloで受験会場として選ばないのではないかということです。

BUFFALO
• Buffalo-Niagara Convention Center
153 Franklin Street, Buffalo, NY 14202


NYBEの試験会場は以下の4か所
Albany, Buffalo, New York City & White Plain

試験日の6~7週間前に試験会場ついてメールが送られる。法科大の卒業生で初めて受験する人にまず場所を選択する優先権が与えられる。ということは彼には優先権がないので、自宅のアパートから近い会場が選んでも定員に達していたら他の会場に行かねばならない。4つの会場のどこでもあり得る。

当日に出向くのをチェックできるのは近い2か所。ニューヨークの交通事情が入ってきました。Uber かタクシー。アパートの裏口から出ることも可能。ですねぇ。

メディアの報道規制というのは、動向をチェックすることすら規制されているんですかね?絶対監視しているにきまってると思いますが。出口が裏表あるなら裏表をみてますよね。

当日出れば間に合う New York city か White Plainsを選んだとして

NEW YORK CITY
Armory Track & Field Center
216 Fort Washington Avenue at West 168 Street, New York, NY 10032

Hell’s Kitchenのアドレスが確かなら、所要時間は13分 7マイル
家を出る時間は8:45
ハドソン川沿いの会場 コロンビア大学はArmoryセンターはFort Washington Aveneを挟んでななめ反対側 ここらは治安のよろしくない場所ということです

WHITE PLAINS
• New York State Judicial Institute and Pace Law School 
78 North Broadway, White Plains, NY 10603

こちらはちょっと郊外に出ますね。Scarsdaleの先、28.6マイル 所要時間は車で34分とあります。家を出る時間は8時15分過ぎ

さて、小室圭はほんとうに試験を受けに出るのか?

1日目 午前の部 9:30から12:30分まで
        90分間2つのMultistate Performance Test (MPT)
   午後の部 2:00から 5:00分まで
        30分間の6つのMultistate Essay Exam (MEE)

2日目 午前の部 9:30から12:30分まで
        100 mixed-subject multiple-choice questions on the Multistate Bar Exam (MBE
   午後の部 2:00から 5:00分まで

合否発表は4月末

デジタル博物館 ニューヨーク 加筆

海外の日本人社会は馬の骨の集まりである。
日本社会で生きにくくて日本を飛び出して見知らぬ国に渡ってきた日本人達が、同胞を懐かしんで寄り集まってきたのが日系社会である。お互いどこの誰かわからないから日本では有名大学卒とか名家の出身とか自分を騙る日本人は昔からいた。今もきっといるだろう。

アメリカという国も世界中の馬の骨の集まりである。
アメリカは出自を問わず受け入れてくれ優秀であればアメリカ社会で成功することができる。優秀な外科医、チェーンレストランのオーナー、有名スポーツ選手、農家、大規模ガーデナー。馬の骨の子孫が次世代のアメリカを作っていく。

外地の日本人社会には戦前の移民から引き継いだ新聞、日本人会、日系人会、県人会があって、新しく渡ってくる新一世が先人の作った組織を引き継ぎ、自分たちの子供の世代に受け渡していくのである。

LAにも戦前から引き継いできた新聞がある。
電話・ファックス・インターネットなど何もなかった時代に、カリフォルニアで暮らす日本人1世のために日本の情報やコロコロ変わる移民法などを知らせるための唯一の情報源であった時代があったのだ。新聞として何度も経営危機に陥ったが今でも西海岸の伝統ある日系社会の組織の一つである。

このような日系組織がどのように活躍しているかというと、日本人・日系人同士の親睦。日系子弟のための奨学金設立。そのためのファンドレージング。日本人の精神を引き継いでもらうための伝統的武道などの奨励。そのためのファンドレージング。日系社会の弱者扶助のためのチャリティ、ファンドレージング。組織の会報の発行。

移民の歴史が古い土地では日系の博物館が運営されていると思う。

これらのトップに立つのが日本総領事である。
草の根からできた出自のわからない馬の骨の集まりであった日本人会が、詐欺師ではないことを正式な組織として正当づけてくれるお墨付きみたいなものだ。

アメリカ社会で成功して余裕が出てくると、こういう組織のまとめ役に押されるのである。
能力を認められて尊敬を払われている証拠でもある。これら組織に協力する人は、みな本業があり、日系人会の活動のためには手弁当で自分の時間を割いて運営に携わっている。いろんな機会にする寄付の額も一般より多いだろう。

在米の方たちは年末の助け合い運動を思い出してもらえると思う。
寒いなかずっと立ちっぱなしで1000ドル2000ドルの寄付を子弟の奨学金や弱者の生活のために集めるのである。金はいくらでも欲しい。

日系協会の催しの協賛に日本領事館と日本の大企業が並ぶのも運営のためである。
チャリティゴルフにアメリカ支社長や駐在のトップ、レストラン協会の会長が参加するのも成り行きである。

https://www.janm.org/

LA日系人博物館
LAのリトル・トーキョーにある。昼ご飯を食べたら通りを渡ってのぞいてみてください。移民の一世たちというより、移民の2世=アメリカで生まれてアメリカで育った日系人の記念碑的博物館である。

こういう民族的博物館は、入館者が行列しているわけではない。わくわく、きらびやかな展示品が並んでいるわけではない。そこにあるのはアメリカで生まれ育った2世がアメリカの社会と戦った歴史である。

それはきっとニューヨークでも同じような戦いがあったに違いない。ニューヨークでは地上施設として博物館ができなかったのかもしれないが、成功した日系人が発起人となってデジタル博物館が誕生した。2020年

会長: 本間 俊一 (コロンビア大学教授・JAMSNET代表)
副会長: 秋吉 敏子(作曲家・ピアニスト)
髙岡 英則 (三菱商事会社社長
スーザン 大沼 (ニューヨーク日系人会会長)
名誉会長: 山野内 勘二 (在ニューヨーク日本総領事・大使


     
名誉館長 山之内寛二 NY総領事さらに発起人に名を連ねているのは
河野 憲治 / NHKアメリカ総局長

地上建築物ではなくデジタル博物館である理由は簡単。費用が掛からないからだろう。地上に建築物を建てあるいは物件を借りて人を配置すると、とてつもない費用が掛かる。

日系人協会には金がない。昔も今も多分金はない。一般日本人や日系人から寄付によって地道に資金を集め、協賛してくれる日本企業と領事館からの寄付は不可欠だった。その結果デジタル博物館が誕生した。


日本の大企業と領事館とのしがらみで、小室圭夫妻のビザの発行組織として利用されつつあるのかもしれない。篠原氏 公開取材ライブ 56:52秒

ゲーリー森脇氏はボードのメンバーとして名前があり、日本の紫綬褒章をもらったばっかりに頼みを断り切れず火の粉を被る羽目になった。 皇室と縁が深いピアニストは何を依頼されたか?先人の歴史を収めたデジタル博物館を作ろうとした結果大きな借りを作ることになったのかもしれない。

縁と義理と寄付金によってこの日系組織は狙われたら弱い。草の根から活動してきた組織として、どうぞ公正と独立を保ってほしいと切に願う。

The Japan History Council of New York was established on December 12, 2020 by fifteen eminent persons from a variety of backgrounds. The Council aims to collect, preserve, publish, and disseminate the Japan-related history in New York and its surrounding areas and pass on this history to future generations.

  • Chair: Shunichi HOMMA, Professor, Columbia University, and President, Japanese Medical Support Network (JAMSNET)
  • Vice-Chairs: Toshiko AKIYOSHI, Composer and Pianist Hidenori TAKAOKA, President and CEO, Mitsubishi Corporation (Americas) Susan J. Onuma, President, Japanese American Association of New York, Inc (JAA)
  • Honorary Chair: Kanji YAMANOUCHI, Ambassador, Consul General of Japan in New York

H1Bから よもやま話

ふと、今年のH1Bの申し込みは何時と思ったら
あ~ら。あと3週間じゃない。3月1から3月18日まで。どうせ4~5日で埋まるんじゃない?
The US Citizenship and Immigration Services (USCIS) on Friday said that the initial registrations for the H-1B visas would start on March 1 and remain open till March 18, 2022, for the fiscal year starting October 2022

5月の試験結果発表を待ってたら申請に間に合わないものね。弁護士免許なしで雇用してくれる企業をあと3週間で見つけ、企業もH1Bの書類を用意して準備してもらわないといけない。

During this period, prospective petitioners and representatives will be able to complete and submit their registrations using our online H-1B registration system, it said in a press release.

今はオンラインになってましだけけど、せっかくH1Bをサポートしてくれる企業を見つけても書類を用意してくれるのが遅くて、結局ノタクラしてて枠が埋まって取れなかったというのもよくあったね。

ニューヨーク現地の日系社会では小室圭の応援もいるらしいのに、H1BのRepresentativesになってやろうという企業がわれも我もと出てこないの?なぜ?


応援はしたいけど、彼を雇って給料を払いたくないの?
広告塔としてはぴか一だけど、ビザサポートはしたくない?
ビザが取れた後に二人に広告塔になってもらいたい?
ビザだけほかで取ってきて?こと?
日系社会が応援してくれるはずだったのに、二人の小室は焦っている。

おばちゃんがこの間から不思議に思うのは、アメリカの支援隊・参謀は一体どうしたのだろう?
去年, Lowenstein SandlerのOPTに応募するまでは支援団にゲーリー森脇氏の影があった。LSがH1BをサポートしないとわかっていながらOPTを小室圭に勧めたから、OPT後にてっきりビザの手配をするものだとばっかり思っていた。

ゲーリー森脇氏+滝川氏ラインは今でも支援に動いているのだろうか?ビザの専門家がついていたのに、現在二人のビザ切れ騒動があるのはなぜだろう? 

入学した時から、F1留学生ビザが切れた時はどうするかという問題はわかりきっていたはずが。個人の意見として、もしゲーリー森脇氏と滝川氏がふたりの小室から手を引いていたなら、うれしい。

雑誌テーミスの記事による篠原氏の情報
山にはテーミスは売っていない。町にもこのマイナーな雑誌はないかもしれない。記事は読めないが、おおよそのヒントをもとにして、あれこれを考えてみる。

篠原氏が語る雑誌テーミスの記事としては:
今ビザ切れに焦る二人に残された方法は?テーミスがほのめかす2つの方向
1) 学生ビザの延長
2) カナダかメキシコへの出国

2)はポイントがずれているので笑ってしまう。
二人の小室はニューヨークに居たいのである。そのために日本を出国してきた。
メキシコで一体何をするのか。「あ”?」である。

二人は永住権をとって、“ニューヨーク”でゆうゆう生きたいのである。永住権さえあれば、勉強・試験・弁護士資格・労働なんかなしで生きられるのである。何故ならセレブだから。永住権だけがない。

ベンチャー会社を一つ用意してくれれば、俺はビッグだからうまくやって永住権をとれるのだ。

なにも合衆国のビザにチャレンジして、日本政府に超法規的に二人を米国に滞在させよとは言っていない。まかりなりにも法律を学んだ小室圭がそんなことを提案するわけがないのだ。

日本政府は「ベンチャー企業と金」の情報が洩れてとても応じられないので、答えをすり替えて述べている。

雑誌テーミスの情報ソースがどこかは知らないが、カナダのビザが緩い?カナダだって留学生ビザはある。学校を探して申請して許可が来る前に今のF1が失効するかもしれない。

永住権が欲しい二人の小室に
1) 学生ビザの延長はステーキをオーダーしたのに、ゆでたブロッコリが出てきたのに等しい。
学校の変更はやってできないことではないが時間の縛りがあるのだ。さらに別の法律大学に入学するとして、LLMは無理だ。

フォーダム大学の入学資格不正をみて、他の大学が小室圭をLLMに入学させてくれるか?LLMがだめならJDしかないのだがJDコースにはLSATの試験が不可欠で、今年のLSAT申し込み期限は1月中だった。後記:Marquetteは入学を認めるようである

どのみち間に合ったとしてもLSATの点数が足りなければ入学できない。Marquetteは別だが。
何度も書くが、彼らが欲しいのは悠々とニューヨークで生きていける永住権だろう。
学生ビザはI―20を取り直して学校を変えたとしても、永住権はついていない。ただ今の事態を3年先伸ばしにして3年後に同じ問題がある。小室圭はこれから3年の間に何か一発逆転を狙うのではないか?

小室圭の発想は、常に他人の金を当てにするということ。日本政府が「ベンチャー企業と金」を用意してくれなければ、他に用意してくれるカモを探しているのではないか?
カモを探して時間切れになれば、それが一番幸い。

おばちゃんが嫌な予感がするのは、娘を心配した日本の親族が総領事館にどんなpushをするのか、あるいはニューヨークをあきらめさせるために、どれだけ大きなお土産をぶら下げてこっちに帰ってこいと言うかもしれない。
小室圭は自分で努力して成果をとれない時、誰かが差し出してくれた一番大きなおいしそうなものを取りに行く。

後記:誰もビザスポンサーになろうという企業が出てこなかったのか、外務省が計画するウイスコンシン計画に乗るようである。

  • footer