アメリカの年金 日本で暮らす-5

アメリカの年金の平均受給額はSSAの統計によれば夫婦で$2700である。在米の人からもっと詳しい情報もあるのでコメントを参照されたい。
2023年度は一人で$1826という発表もある。リタイアする年齢が65歳か、満年齢66歳+アルファかで、金額がばらける。

理論上の満額は$2500ドル/人月額、例外的な場合では$4000以上行く場合もある。
ローカルのSSオフィスに相談に行ったときに$2500ドルあればまずまずということを言われた。大雑把に平均的アメリカ人夫婦が、ひと月にもらう米国年金は$2700-$3000/月とみなしてみる。

意外と少ないかもしれない。平均値は常に実情を示していないから。
夫婦で共稼ぎが原則で、専業主婦などほとんどいないアメリカで、どうして$2700という数字になるのか?
それは転職のせいだ。失職・首切りのせいだ。
とにかく経済によって自分がいつ首を切られるかわかんないからね。月曜日に会社に入れないかもしれない。

首を切られた後、次の職がすぐ見つかるか誰も知らないから。
アメリカ人はよく移動する。家のローンを持っている期間は平均4~5年。どういう意味かというと、家を買ってローンを払っている期間が4~5年。利率が下がるならリファイナンスもやる。あるいは転職のために家を売って引っ越し。次で家を買いまた新しいローン。子供が生まれてまた引っ越し。よく移動するので長く同じ家に住んでいない。

大学を卒業して入った会社を40年務めて退社した、ってそんなライフスタイルは私の周りにはいなかった。在職25年はいた。CAエジソン 電力会社だった。アメリカでは自分の能力をいかに高く買ってくれるか、会社とポジションを求めて生涯移動するのが標準ライフスタイルだと思う。

会社は人が欲しければ募集するし、いらなければレイオフする。会社自体が存続するかは会社と社会経済状況次第だ。日本のように新卒で入社し40年勤めあげる終身雇用制は存在しない。退職金?どうだろう?401K も次に行く会社が持っているとは限らない。

そういうアメリカ社会であるので浮き沈みは日本より激しいかもしれない。
うまくやるカップルの場合は、あっちこっち働いて引っ越して、フルリタイア・エイジの66歳の頃にはローンの残っている自宅を売る。ローンを始末した残りをもって、田舎の州、アーカンソーとか、ワシントン州とかに小さな家をキャッシュで買う。
家の売却金の残りと貯金と年金でのんびり暮らすという設計が多かった。

人数は多くないが、移住は移住でも国境を越えて南に移住する老後を選ぶアメリカ人もいた。同じことを考えたアメリカ人のコミュニティは国境の南にあちこちあるので、スペイン語が理解できなくても、そんなコミュニティに移住すればアメリカ人向き御用達しのサービスがふんだんにあって、アメリカ国内と同じように暮らし、よりゆとりのある生活ができるので昔から人気だった。

自宅を売らず都市部の物価が高い州で暮らし続けるなら、家のローンが残っていれば引退後の年金だけでは生活資金は全然足りない。仕事をしないと暮らせないし、固定資産税、家の管理費などの諸物価が高い。

50代が押し詰まってくると我々夫婦は考えた。
アーカンソーで親戚の婆ちゃんが生きているわけでもなく、スペイン語と英語をチャンポンに話しながら、ぱさつくメキシコで暮らす気もなれなかった。辛い唐辛子やきつい香辛料が好きではないんよ。タイ料理や東南アジアの料理も口に合わないのだった。アメリカ経済の行方や自宅の評価額や資産などを考えて、日本に永久帰国を決めた。
その当時は1ドル115円から118円くらいを上下していたと思う。

このレートなら贅沢をしなければ日本でアメリカの年金で暮らしていけるだろう。不動産は売り手市場だったから売りに出したらたった一日で売れた。
株は一部をのこして始末した。帰国時のレートは116円前後だったからとても全部円に替える気になれず円口座は円のまま送金、日本にドル口座を作ってドルを送金した。

コロナで大きく狂ったのよ。
まさか、人類へ疫病が襲ってくるとは60年生きてても予測ができなかったわ。老後の貯金を減らしたくなかったのに、コロナで日本のおじちゃんの職場がなくなり、1年後におばちゃんの職場も閉鎖。この春に設備を改装してオープンするが、仕事に復帰できない理由ができた。

今月アメリカの年金が振り込まれる。待機期間中の分も一括だ。
8月に申請したときに疑問だった「満月齢あるいは申請月から振り込みが始まるまでの待機期間の年金分」はいったいどうなのだ、というやつ。答えはSSAは最初の月に一括で全部くれる。

すると、今年2023年度の米国年金収入は16か月から18か月分の分が入ってくるので、税金の不安におびえる老夫婦。申請して6か月も待たされて、税金がぶったくられるってどんな罰?去年のうちに6か月分くれてたらどんなに楽だったか。税金を払うのが嫌いだ。もらうのが増えるより、嫌い。

米国年金のインフレ・スライド制度COLAで我々の年金はたぶん毎年上がる。
COLAが加算しなかった年は過去20年の間で、2009 年2010年 2015年の3回だけ。自分で投資して運用損を出すよりは安心かもしれない。税務署には丸見えだけどな。

そのうち為替レートは118円前後に落ち着くとして、今年からおばちゃんの日本の老齢基礎年金も入ってくるので、おじちゃんの厚生年金と合わせると、住民税・国保料は3倍増し決定である、生涯。ああ。
税金を払うために来年は稼がないといけない。稼ぎすぎれば年金が止まる。くそ。

こういうことを書くときっと「ずるい」と言われる。日本の年金は下がるばっかりなのにと。
ずるくない。

おばちゃんたちの米国年金はアメリカの現役世代のSS Taxから来る。老年から日本に横入して、日本の現役世代から年金分を取り上げるわけではない。そこんとこはご理解いただきたい。

それにアメリカに移住した時は、国民年金継続支払い手続きをわざわざ探して、毎年国民年金をアメリカから払っていた。ところがその払い込みの金額に比べて、おばちゃんが受け取れる国民年金は猫のごはん代くらいの金額で、計算したらこの先40年受給しても元が取れない。いったいどうしてくれる?日本の年金基金は運用がおかしいのではないか?


以上おばちゃんたちの赤裸々な米国年金事情でした。

関連記事

アメリカの年金を申請する

アメリカの年金をもらう-2

アメリカの年金をもらう-3

年金通知が来た~

米国年金 番外編

年金生活と税金
年金生活で牛丼を食べる

アメリカの年金をもらうー4

ナメクジの法人化

アメリカの年金 日本で暮らすー5

米国年金 番外編

実をいうとおばちゃんの米国年金はずっと多くなるチャンスがあった。が、無知ゆえにチャンスを逃してしまった。

おじちゃんは日本企業で13年働き、その間おばちゃんはコンピューターで請負仕事やインストラクターで小遣い稼ぎをしていて、余剰があればジョイント申告でも自分の年金を払っていた。リタイアは遠い遠い先なので年金を詳しく考えたことがなかったのだよ。

おじちゃんの会社が日本に撤収して二人で独立・起業。
うちの会計士はもとIRS/税務署で働いていたという頼もしきルーシーだった。IRSで働いていましたから、税務署から注意をひかないような決算書と申告書が作れます、任せて!ってことでお願いしていた。

起業2年目の決算は黒字でL&Pを渡して納税申告書Tax Returnを受け取りに行くと、ルーシーはこれがTaxバウチャーでこれがStateの宛先と、書類を渡してくれたがついでにさらっとソーシャル・セキュリティは夫婦別々にしておきましたからと言った。

おばちゃんは一瞬その意味が分からなかった。
まあ、自分のコンピューターの仕事の分は自分で払っていたから二人で立ち上げた事業の利益もスプリットするのが当たり前か。そのほうが所得税も安いのかしらん。気が利くな、と思ったウブなおばちゃん。

亭主元気で留守がいい!とは名言であった。
二人で起業した後は営業日は原則1年312日、朝9時半から夜11時まで24時間一緒。キャッシャーの前で瞬きをすると日付が変わっていた。トイレだけが一人になれる時間。

仕事でトラブルが起これば対処はおばちゃんの役。おじちゃんの意見を聞いて二人で考えようとしても面倒くさいことが嫌いなおじちゃんは逃げてしまう。イライラ、カリカリしながら何度か夫婦の危機が起こり、ある時は大爆発した。

本籍地から離婚届をダウンロード印刷して、従業員が入ってこない場所にボードにマグネットで止めていたこともあった。1年くらいまともに口を利かなかったこともあった。

そんな夫婦仲でも仕事と生活は続く。毎年ルーシーに税申告を頼む。たまにルーシーに税相談をしたのだが専門外の質問の場合はアメリカ人だ。

例えばうちの商品で消費税を取らなくてもいい場合があるの?と聞けば間髪入れずI don’t know。知りません。私は会計士だから。
例えば、今年ソーシャルセキュリティを払わないとどのくらい年金が減るの?Don’t know 知らん。私の仕事じゃないし。っとまあこんな返事だったのだわ。
で、毎年事業の利益は夫婦折半、年金も夫婦折半、書類上はね。金は私が握っていた。

10月にアイ子ちゃんが遊びに来て「来年から米国年金をもらうの。旦那のJがxxxドルで専業主婦の私が彼の半分でxxxドル。」と言った。
おばちゃんはそこでぽか~んとして、アンタ専業主婦じゃないじゃん、半分って何?
私は専業主婦じゃないから、稼いだ分しかもらえないのに。

そこでアイ子ちゃんから説明されて、おばちゃんは初めて米国年金では、女性は自分で稼いで払ってきた年金額と、旦那の年金の半分と、どちらか大きいほうを選んでもらえると知った。知るのが20年遅いわ。

じゃあ、私もアイ子ちゃんみたいに旦那を稼げる男に育てたほうがよかったのか!
うちの自営もおじちゃんを一人オーナーにして、おじちゃんだけの名義で全額年金を払っておけば、おばちゃんは専業主婦年金として旦那の半額もらえば今より額が大きかったのか、、、、、、。

しかし、ルーシーはなぜ教えてくれなかったのだ。
答えは:アメリカだったから。
夫婦は半分離婚するから。
どんなにスイート・ハートでもいつ離婚するかわからないから。
どんなに愛し合っていても離婚するかもしれないから。
離婚、離婚。だから年金は最初からスプリットするべき!!!
だったのだと思う。やれやれ、。

アメリカ在住の奥様、旦那にやさしくしてあげよう。ご主人に尽くして稼いでもらったほうが老後は楽かも。ただし、離婚しないのが条件。

アメリカの年金を申請する

アメリカの年金をもらう-2

アメリカの年金をもらう-3

アメリカの年金通知が来た~

米国年金 番外編

年金生活と税金

年金生活で牛丼を食べる

アメリカの年金をもらうー4

国籍法第11条 その2 二重国籍

国籍法第11条
1、日本国民は、自己の志望によつて外国の国籍を取得したときは、日本の国籍を失う。
2、外国の国籍を有する日本国民は、その外国の法令によりその国の国籍を選択したときは、日本の国籍を失う

第12条
 出生により外国の国籍を取得した日本国民で国外で生まれたものは、戸籍法(昭和二十二年法律第二百二十四号)の定めるところにより日本の国籍を留保する意思を表示しなければ、その出生の時にさかのぼつて日本の国籍を失う。
国籍法:https://elaws.e-gov.go.jp/document?lawid=325AC0000000147

国籍法第11条にも関わらず二重国籍になる人が出るかといえば、世界は二重国籍を認める国と認めない国が混在し、他国の市民権(国籍)を取ったとき本国に自動通知されるような国際システムが無い。国籍法で日本国籍の自動喪失を日本が宣言したところで、他国の市民権を取ったあと国籍喪失届を律義に手続きする日本人のほうが稀かもしれない。つまり何もしない故に二重国籍になる。

喪失届をださなくても特に罰則はない。第16条―日本国籍 選択の宣言をした日本国民は、外国の国籍の離脱に努めなければならない。―――努力義務

複数のパスポートを使うことで入管法に触ることがあるかもしれないが、厳罰を受けた例をあまり聞いたことがない。
罰則がなければ法律にチャレンジしても特に不利益がないと考える人は一定数いる。特にフレキシブルな考えを持っている関係方面とかね。法律で罰則規定があれば抑止力があるからあえてチャレンジしようと考える人も少なくなるかもしれない。

さて、日本国が断固として二重国籍者の排除に向かっているかというといままではそうでもない。
元記事のコメントには鋭い指摘があった。

ペルーのフジモリ元・大統領の亡命事件だ。
フジモリ元大統領は日系2世のれっきとした2重国籍者。
一世の両親が大使館に出生届を出したため日本国籍をとった。一方ペルーの法律では二重国籍者が大統領になることを禁じている

さらに
国籍法の改正:1984年以前から日本国籍と外国籍の双方を保持している者は1985年1月1日の改正国籍法施行の日に外国籍を取得したものと見なされるので成人の場合2年以内(1986年12月31日まで)に国籍の選択をしなければ自動的に日本国籍の選択の宣言をしたとみなされる

彼は2国の国際法をくぐった2重国籍者であるようだ。

ところがフジモリ大統領への弾劾と追訴が起こって彼が2000年11月、APEC首脳会議の帰途東京に入国した後、日本国は彼を日本人として保護した。事実上の亡命

改正法の何もしなければ自動的に日本国籍を選択したとみなされているわけ。
ところが、ところが、彼は2005年10月、2006年に行われるペルー大統領選挙に出馬するために日本を離れた。改正法ならば成人後、彼はペルー国籍を放棄したとみなされるのではないんかい?

Wikiより
同法第16条第2項には、国籍の選択宣言をした日本国民が自己の志望で外国の国籍の必要な公務員になった場合に、その就任が日本の国籍を選択した趣旨に著しく反すると認めるときは、法務大臣は聴聞を経て日本国籍を喪失させることができる旨の規定があるが、フジモリは「みなし選択宣言者」で「実際に選択宣言を届け出た者」とは区別されるため、この第16条は適用されないーーーではペルー国籍はしっかり保持しているわけ?!

当時の首相は小渕 恵三、外務大臣は麻生太郎であった。ええかげんな人達やのう。

フジモリ氏もペルー人と日本人をカメレオンのように使い分ける人であったようだが、日本の国籍法も相手次第でカメレオンのように適用されるようである。

日本人とみなしたり、大統領選に出馬する時にはペルー人になったり。それを擁護した外務省、法務省、日本政府。
自分が恥知らずと知っている恥じらずは、突っ込まれるのが嫌さに人の欺瞞に鈍感になるのかもしれない。目糞が鼻糞を笑っているような。

このような歴史的な背景もあって、日本国はなにがなんでも二重国籍を強固に排除する姿勢ではなかった。ちっちゃい声で言うのだが、二重国籍は2つの国で税金を払ってる。本来なら定住の国で租税を払うだけでよいのだが、戸籍と住民票を維持するには税金がかかるから。

おばちゃんはモニカ・ルインスキーのスキャンダルの時に、アメリカ大統領が恥ずかしくていたたまれなくなり、アメリカ国籍は金輪際取るまいと思った。2021年、アメリカ市民権と永住権者の放棄が過去最高になったという記事があった。パンデミックのせいか。

日本の在外領事館は一般日本人はゴミだから保護なんかめったにしてくれない。アメリカはアメリカ市民が他国で戦乱に巻き込まれたときは、特別機を準備してすぐ救出にむかうから、そこは頼もしいと思う。

参考:
こちらはカリフォルニアの日系雑誌の法律相談ページだ。市民権をとるかどうかと悩む場合に実際のどのような違いがあるかまとめられている。
https://www.us-lighthouse.com/life/feature-articles/citizenship-vs-greencard-02.html

こちらは35歳にしてアメリカ国籍があったことが発覚して、アメリカ国籍を放棄した人のブログ
https://dailyportalz.jp/kiji/161031197945

関連記事

国籍法第11条―2重国籍
国籍法第11条―その2 
国籍法 その3

Notice of Award来た~! アメリカの年金をもらう4

えっ?!!!
ノーティスの1枚目最後に——–Your benefits may be taxed,
えっ、US年金からUS所得税が引かれんの?
日米租税条約があるんじゃないの?日米両国で払うわけ?おばちゃん、大ショック。

日米租税協定があって両国にまたがって仕事をした人は税金の2重払いはやめましょうっってことで、居住国で税を払うってことになってませんでしたっけ?

支給額面が期待していたより多かったので喜んだら叩き落された。
額面の85%の25%が天引き?どえりゃ税率が多くないか?

おばちゃんは焦って、同封されていたパンフを読んでそれでもわかりにくいから検索をかけたら、米国年金解説のページが上がってきた。日米租税条約を調べたら永住権を放棄しないままで、米国外で暮らす場合は両方で税を取られるみたい。

大使館の年金課のインタビューでは永住権を放棄すると宣言したから、税金は日本だけでいいんだ、たぶん。すると東京に移住したデービッドは一生 所得税の2重払いか。たまらんのう。
米国という国は永住権と市民権を持っている人間に関しては一生どこの国に逃げても
「Tax Return、申告!納税!税金!」という国なんだわ。市民権を放棄しても確か10年?は税申告せよと超しつこい、追っかけてくる!これだけは確か。

ひとまずUS所得税はまぬかれそうだが、次のWEP制度で固まった。
昔読んだことがある、この言葉WEP。
当時20年先なんて死にかけのババアになるころだから、おばちゃんは自分のことじゃないと思ってた。

「Wep制度」の解説があった。
別名「棚ぼた排除規定」とかいうらしい。誰がこんな気の利いた、でも悪意がある別名をつけたのや?!

おばちゃんたちは、アメリカで遊んで暮らしていたわけじゃないわい。
猫が死んでも仕事を休めず、最後の自営10年間は3日続けての連休が全部で3回ぐらい。美容院は2005年の12月以来一度も行ってない。時間がもったいなかったから。

一番大事だったのは、「朝起きたら仕事に行く」
そのためにはバケーションでも飛行機の距離に行かない(何かあったら帰れない)がポリシーだった。

WEP制度は、日本の厚生年金をもらっていると米国年金が減らされるんやって!国民年金は関係ないらしい。成り立ちや計算方式が書いてあったが、おばちゃんの頭が理解を拒否する。3行で言って!

ええと、40クレジット-10年未満以下の人は関係ない。
就労が10年を超えて日本の厚生年金が一定額以上の場合、米国年金から引くらしい。減額の最高額が480ドル。日本の厚生年金の半分か、計算結果のどちらか少ないほうを引く。申請の際に年金証書を提出して連邦年金局が調整した金額を知らせてくる、と。

先月の大使館の年金課の担当が、厚生年金のコピーを送れと言っていたのはこのことか。
すると、受け取ったNotice of Awardの金額はWEP調整後と信じていいのか。

恥ずかしながらというか幸運にとというか、おばちゃんは日本の福利厚生がある会社に就職してわずか3か月で耐え切れず辞めたから厚生年金はない。おじちゃんは若干ある。

なんだかハラハラしたが、来年から振り込みでおばちゃんたちの年金生活がいよいよ始まる

アメリカの年金を申請する

アメリカの年金をもらう-2

アメリカの年金をもらう-3

アメリカの年金通知が来た

米国年金 番外編

年金生活と税金
年金生活で牛丼を食べる

アメリカの年金をもらうー4

ナメクジの法人化

アメリカの年金 日本で暮らすー5

Boy in the Box

65年前に身元不明の4歳の男の子の名前が米国DNAデータ・ベースのおかげでついに判明したという記事である。―CNN ほうほう?
https://news.yahoo.co.jp/articles/06d305dac8e4e0cb81785beefba0abe3bfb2d4c8

渡米したころ80年代からカリフォルニアでゴールデン・ステート・キラーとかフリーウエイ・キラーとか呼ばれた連続殺人事件があった。犯人はどうも警察関係ではないかとささやかれていた。全米で一番安全な市というのに2人殺されていた。先人の日本人おばさまからこういう事件があるので、フリーウエイで警官に止められても気を付けてねと念を押されていたのだ。

このゴールデン・ステート・キラーが2017年ついにDNAデーターベースのおかげで解明・逮捕された。世界仰天ニュースだか2~3の番組で紹介されたのでご存じの方もいるかもしれない。

今度は65年前の未解決事件である。
1957年フィラデルフィアで男の子の死体で見つかった。名乗りでる家族もなく身元不明のまま65年未解決事件として眠っていた。
男の子は名前を付けられることもなくBoy in the Boxと呼ばれていた。

ヘッドラインの記事では短すぎるので事件を報道していたフィラデルフィア・インクワイアラーを掘ってみた。
https://www.inquirer.com/news/live/boy-in-box-philadelphia-name-identity-solved-20221208.html

要約すると事件解決のきっかけはこんな風に起こった。
2017年クリスマスが近づく中、ジャスティン・トーマス(40)がガールフレンドのプレゼントとしてAmazonでDNAキットを買った。アメリカ人だから自分自身のルーツご先祖を探すのは面白いだろうと思ったのだろうね。

ところがジャスティンと彼女はクリスマス前に破局してしまって、結局キットをあげることがなかったのだ。で、彼は、彼女が使わなければ俺が使えばいいんじゃね、って自分で試した。DNAサンプルをAnsestry.comに送ったのだね。

その結果、法医学家系学者forensic genealogyから電話が来たのだ。彼のDNAはフィラデルフィアの未解決事件の被害者につながるもので、この未解決事件を解決するためにはサンプルが足りないので家族のDNAも欲しいと。そこでジャスティンの姉妹と母がDNAを提供した。

その結果、65年前の4歳の男の子Boy in the Boxと呼ばれていた子はジョセフ・オーガスタス・ザッレッリJoseph Augustus Zarelliだと判明した。

ジャスティンの家族は男の子が母のいとこではないかと信じている。母のおじさんはザレッリで祖母の兄弟もザレッリ。デラウエア郡に引っ越してくる前は、ザレッリ・ファミリーはフィラデルフィアの西に住んでいた。

男の子Boy in the Boxは殴られほとんど裸でデパートJC Pennyの箱の中で見つかった。それから何十年、コールド・ケースの解決のため2016年に解剖写真から被害者の2Dの復元画像が合成された。それでも手掛かりになるものはなく、2017年にジャスティンがDNAデーターベースにサンプルを送ったことから一気に身元が特定されることになった。

ところがだ、Boy in the Boxの名前を公開したフィラデルフィア警察のキャプテン、ジェイソン・スミスはジョセフの両親の名前を公表することを拒んでいる。ジョセフの両親はすでに亡くなっているが、父方母方の親族は多くいるので敬意を払うために情報は公開しない。捜査中なので情報は差し控える。

だそうなので、おばちゃんとしては消化の悪い油ものが喉につっかえているようにすっきりしない。ゴールデン・ステート・キラーのようにきっちり解決しないのであろうか?
目星がついているようだが捜査中なので公表できんというニュアンスもあるようだ。この事件の続報を待ちたい。

ただ、この記事でわかるのはDNAデーターベースの発達と犯罪解決へ応用できる社会の柔軟性である。移民の国アメリカ人は自分のルーツへの渇望というか、広い国土と多くの人口の中で自分という人間の民族・レース・出身を知りたいという欲望は古い国の民族より強いかもしれないと思う。

主人は北欧系だから背が高くて色が白いとか、この人が小柄なのは先祖がフレンチ系だからとか自分のルーツを語るときアメリカ人は何か嬉しそうだ。自分がJohn Doe やJane Doeではなくて、自分が帰属する確固とした民族と家系と血脈につながる安心感が味わいたいのだろうか。

最後の徳川将軍の別荘がその辺にあったり家臣の子孫がその辺に生きていたりする日本。庄屋の子孫で江戸時代から同じところに住んで、自分も歴史の一部であるような地方。
自分のルーツは調べなくても同じ姓の親族がそこらに生きているのが日本の地方である。

日本で国民のDNAデータベースが構築されてそれが未解決事件の犯罪捜査利用されるのはたぶんないかもしれないなぁ。マイナンバーカードでさえ普及させるのに苦労する国と国民だから。DNAの登録など究極のプライバシーを国に与えるかっての。

それにしてもこのフィラデルフィア・インクワイラーの記事って文章がひどいよね。

もしもし

来た~。
電話が来た。詐欺電話が、。

ニュースでは振り込み詐欺を信じたおばあちゃんを止めた銀行員さん35歳が表彰されたり、郵便局の職員が電話で話しながらATMを操作する爺様を怪しんで振り込みを阻止したり。
日本の老人は騙されやすく、また何故ホイホイと金をだすのか。一人息子の事故だろうが、強盗だろうが痴漢して和解金だろうが金を振り込むなんてアホと違うか、、と思う日ごろ。

もしウチの電話にモシモシ詐欺が電話をかけてきたら、どんなふうにいたぶろうか遊ぼうかとワクワクしていたおばちゃん。

友達は携帯やLineやテキストが主で、山に引っ越して付けた固定電話は友達には教えていない。役場とか獣医さんとか地元の人しか知らない。

まったりと過ごしていた日曜日の午後6時。
固定電話が鳴って番号は08から始まっていた。08?
おばちゃんがもしもしと言うと相手は
「東京電力ですが、本日は新しい契約プランのご案内です。」

声が若い。いやに若い。
十数年客商売をしていたおばちゃんは電話主のお兄ちゃんの声にひっかっかった。
声の出し方が甘いのだ。
電話勧誘というのは話すのが基本ビジネスなんでこの電話がだめなら時間が無駄だから「次に行こう」と思っている。だからあんまり感情を入れず相手の反応をうかがって話を始める。

ところが、このお兄ちゃんの声はいやに丸かった。ねっとりと最初っからおばちゃんにおもねっている。変。

東電:ご契約者様ですか?

おば:まあそうだ。

東電:一軒家ですか?

おば:ええっと、なんだっけここのフロアプラン?2LDとか言うんだっけ?
新しい契約プランが今より安くなるならいいわよ。で、どんなプラン?

東電:ではご契約の確認をしたいので契約者様のお名前を

おば:はぁ?
あんた、東京電力なんでしょ?お客のプランを知ってるのはあなたじゃない。私はオンライン支払に変えてから忘れちゃったわ。

東電:ええっと、こちらはコールセンターなのでお客様の情報はわかりません。なのでお客様の情報を教えてください。

おば:はぁ?あんたがコールセンターでお客の情報を持ってないなら、私があんたに教えてあんたが東京電力に確認するの?
馬っ鹿じゃね?

東電:ええと、新しいプランがありましたらまたご案内します。

あっけなくお兄ちゃん退却したわ。
東京電力と称する電話番号を検索するとネットにはこう書かれていた。

一軒家か70歳以上かを知りたがる。詐欺です

個人情報を聞き出して情報を売られるらしい。振込詐欺のカモリストにするのかもしれない。日曜日の夕方に東京電力が親切に新契約プランを紹介するかいな。とおじちゃん。

しかし、日本の電話は根性がねぇな。何があってもおじちゃんもおばちゃんも1セントも払わんから。戦う前に誰が金をだすかっていうの。

大阪のおばちゃんとユダヤ人を足して2で割ったのがアメリカ人だ。
電話100本かけても絶対キャッシュなんか出てこないわ。

自動車事故なんですがどうしたらいいですか?って何回か従業員から電話を受けたけど。
例えば、モールの出口から道路に出るのに傾斜があって登って道路に出る。道路のほうが高い。自分の前に道に出ようとする車がどういうわけか坂を「後退って」彼女のフロントにぶつかった。彼女は被害者なのに前のドライバーがぶつけられたと言いがかりをつけられたんだね。若くて女だからなめられたんだと思う。

ところがその前の車というのがパトカーで!いちゃもんをつけたのがポリス。どうしたらいいんでしょう?とうちの女の子が電話を掛けてきた。
黙っていれば加害者になるから、現場の坂の傾斜の写真取れ。それから走り去ったポリスに手紙を書け。まずはそれから。

M君の場合は、3重衝突のもらい事故。
先頭のドライバーは急ブレーキを掛けてぶつかった後、M君が避けきれずぶつかりさらに後続車がM君にぶつかった。M君はまず先頭のドライバーと保険情報を交換しようとしたら女ドライバーが逃げた。どうしましょう?と電話で聞いてくるので追っかけて捕まえろ。まずはそれから。戦わずしてお金なんか出てくるわけがないから

思えばアメリカの電話はもっと殺伐としてたかもしれない。
おばちゃんの休日の午後3時に家でまったりしているところにガンガン電話をかけてくるセールス。

Caller IDは見たことも聞いたこともない会社。せっかくの貴重な休みをぶち壊されて腹を立てるおばちゃん。
こういう電話は一段低い声で応答する。「あ“」ドスを聞かせる。仕事の場合だったら、おばちゃんは可愛らしく声のトーンを上げる。無邪気に甲高い声はお客に警戒心を抱かせないから。
セールスは声を落とす。
Hello, who’s calling? 誰?

XXXX services. xxxサービスで~す。

Who? 誰だって?

We have new XXXX services ,today we, XXXXサービスのご案内を、、。

Hey, guy. This number is registered with the NATIONAL DO NOT CALL REGISTRY. Telemarketing shouldn’t have call. OK?

Mam, my call is not Telemarketing. Because,,,,

Nah, I’ll report your violation. Pay $1200 fine.

この電話は「テレマーケティング電話禁止」に登録されているから電話をしたら違反。

私の電話はテレマーケティングじゃないわよ。セールス女が喚いたから、
違反だからリポートしてやる。1200ドル罰金を払え。

家庭教師だったスージーなんかもっとすごくて、人んちに来て「うち」の電話なのにいきなり受話器を取って
What do you want?ってすごんでいたから。

ビジネスの立ち上げ時には「送り付け商法」にあった。
フロリダから電話を掛けられて通話記録があったという事実で、おばちゃんが商品を購入したと言い張るフロリダの詐欺業者。商品料金を請求されたのでBBBに提訴してしておばちゃんは完全勝利したった
現役は引退したけど、まだまだカンは鈍ってまへんね。

東京電力のお兄ちゃんは、もっと声の出し方を訓練してシナリオの甘すぎる設定を何とかしたほうがいいと思います。おにいちゃんの東京電力コールセンターの番号は080-0111-0043です。

アメリカの年金をもらうー3

現在アメリカで生活していてリタイアの満年齢はまだ先。
このままアメリカに永住するかどうしようかな?と漠然と考えている人がいるかもしれない。

日本の両親が老いてきたとか、様々な理由で日本への帰国があるかもしれない人に補足として年金の追加情報を書いてみる。

おばちゃんはがっかりしたことが一つ。
それは年金を円かドルのどちらで受け取るか
ドルで受け取って為替レートの良い時に円に換えていこうと思っていたのだが、日本定住を決めた場合は円受給になる。

日本国内の銀行で地上店舗がある銀行で円として受け取る。これが原則ルール。
おばちゃんはみずほにドル口座があるが、為替レートが1$1円で高いので、おじちゃんには楽天でドル口座を用意したのに(1$0.25円)日本国内ならドル口座はダメなんですって。地上店舗がないオンラインだけの銀行は円受給もダメだそうだ。
がっかりだ。

先に帰国した知り合いがドルで年金を受け取っているのである。
ただし、これは解説が必要。
夫婦は40年以上アメリカ暮らしでリタイアして年金手続きをした時もまだ在米中だった。長年使ってきた銀行は日系銀行で年金の受給も日系銀行を指定した。それから帰国した。なんとこのU銀行は日本の住所までステートメントを送ってくれるという。ホントに?!

この二人の永住権はむか~しのExpireがないグリーンカードである。銀行にはしばらく日本に滞在するけどアメリカと行き来すると説明してあって、Aナンバーは失効することなく毎年2月過ぎにTax Returnに米国に帰って申告する。入国する空港で別室で2時間は質問されるそうだがグリーンカードが失効しないのだから安いものだと思う。

日本の生活で年金を引き出すときは郵便局が一番為替レートが安い。ただしATM一回の引き出し金額は$400ドル5万円に制限されている。コロナのせいで入国制限があった時はかなり焦ったようだ。

日米を行き来しつつリタイアという場合には不可欠なものが一つある。
Wifi電話だ。アメリカのさまざまなサービスでアカウントを生かしておこうと思うとアメリカの電話番号の電話がいる。一番安いもので$10前後だ。アカウントの認証が電話に送られるからこれは必須。

おばちゃんも帰国前に一台契約しておけばよかった。何百回も後悔した。

さてめでたくアメリカの年金を毎月受給できるようになったら定期的に送られるStatus確認のnoticeは確実に返信すること!と大使館の担当に念を押された。返信がないと年金を止められるという。また、受給の銀行が合併などで名称が変わってしまうと送金が迷子になってしまうことがあるので合併がない銀行にしましょうと、これはアイ子ちゃんからの忠告だった。

元駐在員で長ければ7年の勤務。年金受給資格の10年に満たないから年金が無いと思うのは早い。日米年金協定で2国間で勤務をする人が10年の資格年数に満たずに不利益を被らないように、10年以下の勤務であっても納めた金額に応じて出る。

お向かいのおばちゃんも夫婦で7年NYだったけど毎月受け取っている。
おばちゃんのご主人は駐在の激務からか早くに亡くなってしまった。代わりにおばちゃんはご主人の年金を受け取っている。日本の遺族年金のように3割以上減額などというケチ臭いことをせず、アメリカは配偶者が亡くなってしまった時、自分の年金か配偶者の年金かどちらか額の大きいほうを選んで受給できる。

連邦年金を受給する場合は確定申告をせねばならない。
おばちゃんは帰国した次の年からず~とオンラインで確定申告をしているがTax Returnよりずっと簡単だ。リタイア後は年末調整とは無縁。払いすぎた税金を取り返すのは確定申告しかないのだから、ふるさと納税や医療費の領収書を集めておいて税金を取り返そう。確定申告だけが唯一のチャンスだ。

Notice Of Awardが届いて送金が始まるという。 NOAなんてもらったことがない。晴れがましいものいただいたことがないから早く見てみたい。

関連記事

アメリカの年金を申請する

アメリカの年金をもらう-2

アメリカの年金をもらう-3

アメリカの年金通知が来た~

米国年金 番外編

年金生活と税金
年金生活で牛丼を食べる

アメリカの年金をもらうー4

ナメクジの法人化

アメリカの年金 日本で暮らすー5

アメリカの年金をもらう-2

アメリカ大使館年金課の担当は有能であった。
多分英語で仕事をしても有能であろうと思われる人である。

病気などの場合は優先順位をプッシュするそうだが、申請書類がアメリカ側に回ってしまうとプッシュの効力がどのくらい効くかは不明だそうだ。やらないよりまし。

アメリカの年金も女性に関しては2重構造でちょっと解説が必要なのだが、実は“専業主婦?配偶者年金”というのがある、アメリカでも。
働いて年金を納めるわけだが働かない主婦=配偶者としての年金がある。資本主義先進国で一昔前の封建時代の名残のような機構だ。

アメリカの女性で働かず夫の配偶者として暮らす女性はほとんどいないと思われるが、年金を受給するときに自分の就労年金か“夫の就労年金の半分“かどちらか選ぶことができる。

出産や育児でどうしても女性は離職・休職・退職することがあるから年金を収める期間が減りそのハンディキャップを補うために残してある制度かもしれない。

おばちゃんはコンピューターを教えていた時期と起業しておじちゃんと自営をしていた期間があるので、就労年金と配偶者年金とどちらか好きな法の支給を選ぶことができる。摩訶不思議。

配偶者年金は配偶者の(おじちゃん)半分の額。こちらのほうがおばちゃんの就労年金より多い。日本の大使館で受け付けてアメリカのSSに送られてから実際の年金の振り込みがあるまで6か月ほどかかる可能性があるらしい。あいや~。

ところが就労期間10年にほんのちょっと満たなかったおばちゃんの就労年金は、早ければ来年から支給の可能性があるという。一旦就労年金で受給しておじちゃんの支給が始まると同時に配偶者年金に切り替えることが可能らしい。なんというフレキシブルな。
ほんとかいな。おばちゃんの頭にアリスの穴がチラチラする。アメリカの役所でそんなスムースに切り替えが行くかな?

一旦国外に住所を移した後は、その国の大使館年金課が窓口になるらしい。
何かトラブルが起こって、年金が停止されるような事態になった時に米国SS事務所に手紙を出してもどうにもならないらしい。大使館で処理することになるので何かの事態が起こった時のために身近の親近者に年金情報のコピーを渡しておいてくれと言われた。

おばちゃんたちはオンラインのMySSのアカウントを作ってあるのだが、担当者によると住所と電話番号が米国以外になったときに、日本からのアクセスが不能になる可能性が高いといわれた。DMV局はVPNソフトをかませせるとログインできるので、MySSもログインが可能かもしれないが、おじちゃんのアカウントはパスワードを忘れてロックされてしまっている。今更ロックを解除したところで意味はないので何かあれば大使館窓口に言ってくれと。

Medicareは申請資格があるそうだが、米国外でのサービスをカバーされないので無辞退する。グリーンカードは帰国2年後にExpireした。
Visa Weaverで入国すればいいので今後は米国に住むことはもうありませんと言った。これでAナンバーも失効するのだろう。

ああ、なんだかアメリカと繋がっていたドアがどんどん閉められていくようだ。

ただ、目標は明確になった。
目標!6か月後には配偶者年金を受け取る!

おばちゃんはコケにされた時など怒りで一番元気が湧いてくるタチである。
年金局がコケにしてくるわけではないが、コロナでめちゃくちゃになったお役所仕事が長引けば、おばちゃんは受給する前に死んでしまうかもしれん。それは腹が立つ!
6か月後だろうがとにかく受給するまで頑張る。もらわずに死ねるか。

関連記事

アメリカの年金を申請する

アメリカの年金をもらう-2

アメリカの年金をもらう-3

米国年金 番外編

年金生活と税金
年金生活で牛丼を食べる

アメリカの年金をもらうー4

ナメクジの法人化

アメリカの年金 日本で暮らすー5

アメリカの年金の申請

やっとソーシャル・セキュリティが申請できる。
おじちゃんが今年満年齢に達したのだ。手続きに何か月かかるかわからない。英語の情報を探ると平均して2か月半かかると書いてあった。

そこで問題である。
2か月半かかるなら、満年齢の2か月半前に申請をしたらよいのか、。あるいは満年齢を過ぎてから申請すると待期期間の2か月半分の年金額はどこへいくのか?(後に分かったが申請日から支給までまとめてくれる)
満年齢より前に申請すると20%の減額になる。そんなことをされてはたまらない。

念のため満年齢をすぎてから今年の夏に地元の年金事務所に出向いた。
米国の年金手続きは、日本の年金局を通してアメリカ大使館年金課へ申請をするのである。
日米年金協定を結んでいるので、双方で取りこぼしがないようにしているのかもしれないが、おばちゃんはそれほどウブではないので日本の税務署が米国年金収入をがっちり把握するためだと思っている。

8月に地元の年金事務所のおっさんは、現在、大使館から連絡が来る待期期間がどのくらいかわからないと再三言う。大使館からいつ電話インタビューが行くかわかりません。2か月か3か月かかるかまったくわかりません。それはそうかもしれない。

去年はコロナ蔓延するなか北米行きの郵便事業がめちゃくちゃになっていて普通郵便が4か月、EMSが3か月かかってカリフォルニアに届いた。米国から日本へ届くのは普通より少し遅いくらいだったのだが。アメリカ国内で業務が滞っていたのだ。

日本側の米国大使館側の処理は普通でも、アメリカのソーシャル・セキュリティ・オフィスの業務がどの程度混乱しているかまったく予測がつかない。

帰国する前に民間の年金手続き代行会社があるのは確認していた。
日本の会計事務所だかがローカルのフリーマガジンに広告を出していて、「日本の年金を料金無料で調べます。帰国後に日本から米国年金を申請するときに代行いたします。最初に米国年金を受給するときに代行手数料を支払っていただきます」という代行会社だった。年金の追跡だけをやってもらった。

帰国してみれば年金事務所で年金の追跡は詳細にできて代行会社が把握していない記録も出てきた。年金申請の料金も必要ないので地元の年金事務所を通して申請をしたのだった。もしかして、民間の代行業者は別のSSアクセスルートを持っているのだろうか?

9月に入っても家の電話の履歴には知らない番号はなく10月も何もなく過ぎてしまった。
実をいうとおばちゃんの満年齢は再来年なのだ。前倒しで申請すれば20%減額されるのは承知の上でおじちゃんと一緒に申請した。胆のうがんステージ2、5年生存率27%~60%だからさ。
取りはぐれてたまるかっていうの。

11月に入っても米大使館からは音沙汰がないの。
先に帰国していたK子ちゃんに聞いてみることにした。K子ちゃんはたしか2年前に66歳の誕生日祝いの動画を挙げていたから。

K子ちゃん、
え~?どのくらい待ったってか?忘れたころに電話が来たよ。
忘れた頃?っ~と6か月か7か月ってことかな。
そんなところかもしれない。

それは大変だ!あと4か月以上待たされてインタビューが来てさらに振り込みが数か月かかるとすると、おばちゃんの一番悪いガン予後シナリオなら死んじまっているかもしれない。
それは嫌だ。死ぬより嫌だ。リセッションでもその後の修羅場でもソーシャル・セキュリティを払ってきたのはもらうためである。アメリカ・ガバメントに寄付をするためではない。取りかえさないでいくか。

相手は年金局である。
大使館年金課の電話番号は確かに載っているが、電話で申請ステータスを聞いて“せかして”も“順番ですから“と言われるのがオチじゃないか。お急ぎでっか?ほなやりましょか?って誰がいうかいな。

米国大使館の年金局で働いているのは誰だろうか。申請書を日本語が併記してあったから書類の受付処理はまず日本人だろう。責任者はアメリカ人だろう。それなら手紙にしよう。
日本人が読んでそのままアメリカ人上司に渡されれば、国外で働くアメリカ人の“つぼ”にはまるかもしれない。

英語と日本語で手紙を書いた。
8月X日に米国年金を申請しましたが3か月も全く連絡がありません。(よくある手紙の出だしな)
私は妻ですが4月に胆のうがんと診断されました。予後の悪いがんです。黄疸が出てやしないかと毎朝目をチェックしております。主人は事務処理が苦手なので私が事務処理をしていますが、さらに何か月か受給手続きが伸びると、私は書類の記入ができるかどうかおぼつかなくなるかもしれません。主人を年金なしで残していくわけにいきません。お願いです。早く受付をしてください。で、診断書のコピーを付けた。

手紙を送って5日で大使館から電話が来た。
手紙は書いてみるもんである。おばちゃん、嘘は1ミリも書いてない。嘘やおまへ~ん。

関連記事

アメリカの年金を申請する

アメリカの年金をもらう-2

アメリカの年金をもらう-3

米国年金 番外編

年金生活と税金
年金生活で牛丼を食べる

アメリカの年金をもらうー4

ナメクジの法人化

アメリカの年金 日本で暮らすー5

しぶとい人たち

この前アイ子ちゃんが来た時に2年分のおしゃべりをした。
日系社会は狭いのでお互いの仕事・友人関係は重なり合うことが多い。アイ子ちゃんがよく行くビジネスのオーナーがうちのお客さんだったりした。

アイ子ちゃんは人のうわさ話をそれほどする人ではないが、そういえばXXXXさんってあの人はビジネスを売ったのよ。55億ですって!

え~~~!?もちろん円ではなくてドル。55 Million Dallars
あの人のビジネスで55ミリオンは高すぎやしない?と聞けば、全米の日系スーパーに納入するようになったからその値段になったんだと。

XXXXXさんは小さな小売店から始めた。25年ほど前か?
おじちゃんとおばちゃんもオープンしたと聞いてすぐ行った。ピンとこなかったからしょっちゅう行くことはなくて、でもうちの従業員の一人がXXXXさんの小売店と掛け持ちをしていたから内情をよく聞かされた。親近感がわくからたまには店舗に行ってみるのだが店舗は隣のテナントを買い取って大きさが倍になっていた。

休日だというのにオーナーは外壁に植えたゴーヤのカーテンを眺めていた。普通の目立たない日本人のおっさんであった。ゴーヤーを一ついかが?と頂いたが苦すぎて食べられなかった。早朝から仕事をはじめ一日中店舗にいて子供が生まれると店舗でランチを食べて子供もそこで大きくなったようなものだ。

商売は日本人だけではなくアジア系と地域の白人にもうけ、日曜などは行列ができて買うのが大変なので、xxxx掛け持ちの従業員に買ってもらったりしていた。

さらにうちのもう一人の従業員のご主人は、XXXXX業界の製造機械のメーカー営業でしょっちゅう彼のオーナーに新機械を売り込んで営業成績を上げていたのだ。営業に行けば一台数万ドルの機械も買ってもらえるのでうちの子のご主人は業績トップで確か会社からご褒美をもらったはずであった。

そのうち、売り込みはもっと大掛かりになり工場を建てるという話になった。リーマン・ショックの不況から数年後だったから工場を建ててそれほど需要があったっけ?とおばちゃんなんか疑問だったが。

おばちゃんたちはその後帰国してしまったが、工場は無事に稼働し始めたらしかった。
それが55Million
税金で半分取られても孫の代まで安泰だろう。すなおに敬意を払いたい。自分の時間と労働と努力をすべて注ぎ込んで作り上げたビジネスを55ミリオンという金額で評価されたというのは経営者として誇れるべきことだと思う。

自分の力で稼いだものでもない歳費をためた1億円の貯金とか、俺をYRHと呼べとか、自分たちの力で獲得するものがあってから言ってくれ。つくづく情けない夫婦である。

アメリカ人社会で日本人が活躍するのはよほどの才能か努力のたまものである。
アメリカで活躍する著名な日本人がテレビに映る時おこぼれのように映る日本人がいる。

アイ子ちゃんとそのおこぼれの方の彼を見ながら、彼はまだ頑張ってるね、。あの人はさんざん取り込んだからね。昔はあんなことやこんなことをやってため込んだから。

日本人社会は狭いので、どんなふうに成り上がってきたか絶対昔を忘れないのだ。
アイ子ちゃんも昔から知っているから、彼も相当変だよね。しぶといよね。xxxで損をして乗り越えて、リーマンショックも乗り越えて、コロナでもしぶとく生きていて、ずっと仕事をつづけて仕事中にぽっくり死ぬんじゃないかな?

そうね、しぶとくないとアメリカで生きていけないものね

  • footer