俺を殿下と呼べ– 小室圭


俺をHis royal highness =殿下と呼べ
小室圭が言ったそうである。

あずみん& ゆみりん https://www.youtube.com/watch?v=WjO3sGtXN70

最近、外務省やのリークが少なくなったと思ったら、発言の内容がよほど腹に据えかねたのかニューヨークのお世話係からもれ出てきたリーク。最新版のテーミスの記事より。

お世話係が小室圭に勉強をすべしとかなんだとか意見をしたら、その返事が
Shut up! 俺をHis royal highness 殿下と呼べ。さらにはもっといいマンションに住みたい。と言ったそうだ。
元皇族のCommoner husbandが、。

彼らのビザについてはH1Bが取れたとか、O-1だとかそれにしては日本行きフライトに予約が入っていないとか、いや国連に勤務するとか、さらには投資ビザE2をとるとか、とことん情報が交錯しているのは、ここんとこ、彼らのニューヨーク支援隊も情報を統制されていたのかもしれない。

お世話係は小室圭のこの発言には腹が据えかねたのか、小室圭の暴言情報がでた。
「Shut Up. 俺をHis royal highnessと呼べ、。」

恐ろしいのは、もし将来皇統が秋篠宮家の息子の宮に移って、その宮には女の内親王だけ、あるいはお子様がいなかった時には、皇室典範の男系男子を撤廃しない限り皇室は同系の男子を持ってくる可能性がある。

皇統が廃絶されるのは宮内庁も政府も全力で否定するわけだから、皇室典範の「団系男子」の男子が削るか、同系の姉妹のお子眞子さんと小室圭に男の子がいた場合、ニューヨークの姉の子に皇位継承の可能性も出てくるのだ。

His royal highnessが現実となる可能性がゼロではないわけだ。
想像するに絶望的な未来である。今上があと20年も健やかにおあせられれば、ニューヨークやや次期宮方面に、さらなる問題が噴出して国民の不満が限度を迎えることがあるかもしれない。20年の間に皇室典範をまず変えられる機会が来るかもしれない。

現在つかいっぱしりをさせられているLS週3勤務の小室圭は、給与だけはいつの間にか弁護士並みの2000万という。外務省経由で金が出ているのだろう。情けないことである。

この男の目標は米国の永住権である。
日本国民の批判が聞こえない国でのうのうと生きることを目指している。

永住権がついてこないE2を狙っているとはどうも思えない。一番簡単で永住権が取れるのは、やはりEB5のリージョンセンター案件だ。

コロナで一時停止されていたが再開されたので、全米にある永住権付投資物件はよりどりみどり。業者が世話をするEB5パッケージの物件を買えば、気楽な大家さんをやってれば永住権が付いてくる。

自分でビジネスを起こして10人のフルタイム雇用を用意したり、ビジネスの経営をする必要もない。一番簡単な方法である。銀行の口座が妻と俺の共同名義になっていれば、俺の金と一緒ではないか。

二人の永住権を買うのだから90万ドルでも安いだろう。自分の懐が痛むわけではなし。金は沸いてくるものだ。俺はHis Royal Highnessだから。

人を見る目がない人間は見る目のなさの結果を自分で受けるしかない。アメリカ人もバカではない。自分の実力で人生を切り開いてきた人間か、人にぶら下がってきた人間か、尊敬を払うべき人間には尊敬を払うだろう。

同僚のランチの買い出しに行かされる人間が尊敬を払われているわけがない。ひも人生まっしぐらである。


mikie@izu について

海外在住何十年の後、伊豆の山に惹かれて古い家を買ってしまい、 埋もれていた庭を掘り起こして、還暦の素人が庭を造りながら語る 60年の発酵した経験と人生。
ブックマークする パーマリンク.

1件のコメント

  1. まつりか800

    おはようございます。男系男子で??と思いました。 
    ニューヨークの姉の子は男系男子になりません。
    それは小室家系の男子ですね。
    男系の愛子さんに将来男子に恵まれても、同じことです。
    それで、愛子さんのお相手候補に旧皇族をといろいろ囁かれいるわけです。もっとも先代で托eggがあれば、すでに遺伝子的には断然しているとなります。
    今朝のゲノム情報は究極の個人分情報云々というとってつけたようなニュースを見て、皇族の遺伝子確認の流れを押さえ込むためと思った次第です。
    楽しみに読んでおります。どうぞご無理なさらないでくださいませ。

  2. テ-ミスの記事と言われる話題で、もっといいアパ-トに引っ越しと言うのは、十分あり得るとは思います。そもそも、現在のアパ-トは家具付きで短期用の住居ですよね。60万円と言う噂ですが、本当はもっと大きい部屋かもしれないし、それもわかりませんが。マンハッタンの治安の比較的いい所で、高級アパ-トに移りたいのでしょう。インテリアにも凝って(インテリアデザイナ-を雇うのかも)、高級家具を買って、お部屋のリノベーション工事もしたいのかも。お金については全く問題ないんでしょうが、国民の手前、どのような設定にしないといけないか思案中かもしれないと思います。

    殿下と呼べ云々の話は、これはどうかな。。と思います。そんなことを聞いた人は近い立場の人だろうし、ゴシップ誌に流すような事は考えにくいんですが。。ゲーム三昧と言う話が前にありましたが、あれも、誰が見たのよと言う話で、読者を馬鹿にしたような記事だと思いました。まあ、ゲームぐらいはしているんでしょうが。。今、週刊誌等でKM関係の色々な噂が沢山出てきていますが、あまりガセネタだと、文句を言った方がいいのかもしれません。

    安積さんの、会計検査院のお話は興味深かったし、勉強になりました。

  3. 「輸入食品で楽しい毎日を応援」で、とても興味深い配信をされています。11:00頃からご覧ください。

    https://www.youtube.com/watch?v=bE5LsI__XM4

  4. ( ̄∇ ̄;)ハッハッハ、普通じゃない。

    私も春子さんに同意ですね。マンションは要求してもおかしくない、そもそも自分で払っているとは思えない状況ですから、要求するだけなら至極カンタン。

    何もかも普通じゃない中で、殿下と呼べはさすがにないだろう。自分がコモナーだと普通の人なら重々承知しているはずですが、人間性の問題はわかりません。もし本当なら漏れた場所というより個人が確定し過ぎで、日本に送り返されそう

  5. りんどう

    記事のアップありがとうございます。

    お世話係といっても、日常のお世話ではなく、相談や必要な手配をする担当者だと思います。
    ポイントは2つかと。まず、相手が誰であれ、勉強云々発言は(事実であれば)NGです。
    「殿下と呼べ」と言われたら、「お呼びすることはできない」と、きっぱり丁寧に伝えるまで。
    ケジメを教えるのも担当者の仕事です。この話の真偽はともかくとして、記事が伝えたいことに
    思いを馳せると、つくづく周りは大変だろうと思います。大きな住まいについても、話が本当なら
    「ご希望にはそいかねます」と、きちんと諭すべき。当たり前を当たり前に教えるだけかと。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

  • footer