ゴールデンウイークのお庭

5月の庭は一年で一番美しい。
春のお庭は力が入るし自慢しやすいお庭でもある。見てみてほらっ、こんなに満開のお花。

3年前はうちのお庭だけでは力あまり、草取りに熱中していたらお隣の庭もピカピカになった。

この山では敷地に塀を立ててはいけない規則があるのである。田園調布みたいだ。
うちの生け垣の下の雑草をせっせと抜いていたらいつの間にかお隣の家の敷地に入り込んでいた。地続きだから!

雑草取りになると目の前の雑草だけしか見えなくなるおばちゃんは、数年以上放置されていた荒れ放題の庭に芝生トリマーを持ち出して地上1センチにまでなるまで雑草をチキチキに刈り込んだ。超すっきりした。

真っ黒ななべ底をピカピカにしたときとか、窓ガラスを曇り一点もなくなるまで磨いた時の満足感といえばわかってくださるだろうか?

で、伸び放題だったつつじは数週間前に枝を払っていたので、その年のゴールデンウイーク、お隣は白・ピンク・赤のつつじが咲き乱れてしまった。持ち主放置の草ボーボー庭がなんということでしょう、きちんと手入れをされたお庭に生まれ変わってしまいました、持ち主の知らない間に~~。
地続きのお隣の庭の話である。

私ってなんて有能!自己満足に浸っていたらお隣の駐車場に車が止まった。
しまった~~~!今はゴールデンウイークだった。
別荘にはゴールデンウイークと夏休みには持ち主が来るのである。おばちゃんはコロッとそれを忘れていた。

ヤバい!おばちゃんはサービス業の女将さんを十何年もイヤイヤ務めた人である。やっと客商売をやめられて日本で隠れ家に隠棲のつもりで帰ってきたのである。知らない人と顔を合わせたくない。人見知りの女将さんだったから、、嘘です。

アメリカなら隣の敷地には足のつま先たりとも持ち主の許可を得ず侵入しない。雑草といえども他人の財産に指を一本も触れない。触れるそぶりもやばい。

それをわかっていながら草取りの楽しさについ負けて、他人の財産に手を付けてしまった。訴訟になるだろうか?小町で聞いてみたらよいだろうか?

「隣の家の庭が草ボーボーだったので、持ち主に断らず草取りをしてしまいました。持ち主が来ました。どうしたらよいでしょう?」
ベストに選ばれた答え。「隣の持ち主と話をするべきです。」

おかみさんであったころからおばちゃんの一番の苦手の人種は「おほほの奥様」であった。仕事を辞めた後も、おほほ奥様とおほほ話をするのは苦手だ。だから逃げた。
おじちゃんは如才ない人である。純朴な人柄がでるので大抵の人は安心する。ところがおばちゃんがいる場合は面倒くさいので絶対交渉の場に出てこない。

おじちゃんがお隣のオーナー夫妻とおしゃべりをしていて空気が和んだころ(そら半年ぶりに来たら驚くわ!手入れをしてないのに、ツルツルだわツツジは咲いてるわ)おばちゃんはなるべく身を小さくしてお夫妻の前に現れた。
「すいません、すいません、すいません、草取りをしていたら気が付いてたらお宅の庭まで来てしまいました。」

お隣さんは訴訟をする気はないようであった。その代わりに立派な詰め合わせ銘菓が届いた。

それ以来あまり大げさでなくひっそりと地続きのお隣の敷地まで出張し、あまり大げさではなく草取りをしてる。

おばちゃんはアジュガが好きで紫の董立ちびっしり咲いているとなんとまあゴージャスだなと思う。だからうちの敷地の端っこまでアジュガを植えた。
アジュガの性質上こいつは匍匐前進して増えるのだがそれはおばちゃんのせいではない。

おばちゃんはアジュガにがんばれと声援をするだけである。

mikie@izu について

海外在住何十年の後、伊豆の山に惹かれて古い家を買ってしまい、 埋もれていた庭を掘り起こして、還暦の素人が庭を造りながら語る 60年の発酵した経験と人生。
ブックマークする パーマリンク.

1件のコメント

  1. 敷地に塀を立ててはいけないルールがあると言うのはいいですね。樹木のためにも、景観のためにもいいんでしょう。確か、軽井沢もそのようなルールがあるとか。。もっと、自然を守り、そのままの景色を守るように、景観が美しくなるようにルールを整えるべきだと思います。その方が土地を所有している方々にとっても有益なのでいいと思います。次期オリンピックのパリでは、その開催中の観光客の為等に、エッフェルタワ-付近の木々を切ろうとしていたんですが、国民の猛烈な反対に合っているようです(7万人以上の反対署名)。今の市長さんはエコが得意な人なのに、木々を切り倒すなんて矛盾しているし、皆怒っています。

    MIKIEさんのような方がお隣だとラッキ-ですね。別荘の方々で年に何回か来られないと、お庭の手入れは大変なので、気をつけて見て下さるなんて素晴らしい。私も将来は日本に拠点をもって(!)年の内数か月は凄したいんですが、お庭のあるところは魅力ですが手入れを頼んだりとかは無理だと思っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

  • footer