混血と遺伝子サイコロ

日本人と欧米系の混血の場合、お尻の蒙古斑が若干薄くなるのよ。薄くなっても蒙古斑として依然とある場合が多く、時として事件になる。

蒙古斑の知識がない医療関係者や育児関係者にお尻の青あざを児童虐待と疑われて警察に通報されてしまい、ローカルの警察なども蒙古斑の遺伝的知識が無い時があると親は逮捕、子供も取り上げられて大変な事になる場合がある。

だから日本人の血を引いているなら蒙古斑を医学的に解説したプリントアウトなどを万が一のために用意しているものだった。蒙古斑はMongolian spotと言う。

Mix Race 或いは Mixed Race 公式的にはMultiracialと言うがおばちゃんの友達は何人も国際結婚がいたから、国際結婚から生まれたお子さんたちはMixedRaceだった。生まれた直後の身体的特徴はあまりあてにならず成長に従ってころころ変わっていく。

知り合いのお母さんは東ヨーロッパ出身で金髪だった。顔の彫は深くなかった。生まれたお嬢さんは小学校の低学年まできれいな金髪で父親の日本人の遺伝子はまるっきりで見えなかった。
小学生の高学年になるころには髪が暗色に濃くなっていき子供のころは目立たなかった目頭が純粋の白人よりはかすかに蒙古ひだを思わせるシェープになった。
東ヨーロッパはフン族とかアッチラに何度も蹂躙されたからお母さんの遺伝子にアジア系が残っているのかもね。

スカンジナビアン系と結婚した友達は二人の娘に恵まれた。やはり幼いころの方が髪の色が薄かった。同じカップルから産まれた姉妹なのに、二人の髪の明るさは微妙に違い、外出したときに二人の頭に手を同時に乗せると、明るい髪の方が明らかに温度が低いのだという。


目はヘイゼルから茶色またヘイゼルへと目まぐるしく変化し、お姉ちゃんはヘイゼル、妹は薄い茶色に落ち着いたそう。背の高さは日本人の血を引た。彼女たちの子供にはひょとしてスカンジナビアンの背の高さが遺伝するかもしれないね。

別な知り合いは黒人と結婚して男の子と女の子をもうけた。お兄ちゃんの方が黒人の血がよく出て、髪は少し伸びると天然のアフロになる。柔らかそうに見えるが実際はキシキシしていて絡まりあっている。


誰が教えたのでもなく、お兄ちゃんは小さなものを隠すとき髪の中に隠すのだという。便利そうでびっくりした。妹は生まれた直後の写真では日本人の赤ちゃんと言っても不思議ではない容貌だったわ。髪も直毛だった。

お兄ちゃんが育つと、しなやかな足は驚くほど長い。腰の高さが日本人と比べ物にならないほど、高い位置についている。運動能力は日本人のお母さんにはついていけない高い。

欧米の白人とアジア系のミックスはユーラシアンと呼ばれたりするがキアノ・リーブスのようなアジア系からも白人からも強烈に引き付けられるいいとこどりの当たりが出たりする。もちろんその反対もいるわけだが。つくづく国際結婚と混血子は遺伝子サイコロだと思う。

mikie@izu について

海外在住何十年の後、伊豆の山に惹かれて古い家を買ってしまい、 埋もれていた庭を掘り起こして、還暦の素人が庭を造りながら語る 60年の発酵した経験と人生。
ブックマークする パーマリンク.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

  • footer