アメリカ側の温度

おばちゃんは弁護士でもないのに、なんでそんなにビザに詳しいんだ。

詳しい?って、アメリカの大地に入国して息をしていいかどうかは、ビザによるんだ。

それは何十年とアメリカで生活していれば、知らない間に身に沁みつく知識である。
毎週発行されるローカル新聞と、月に2回発行される日系のマガジン2誌には法律コラムが必ずあり、そこにはビザ法が変わったとき、あるいは困っているときの相談などが載っている。目を通すつもりでなくても嫌でも目に入ってくるのである。

パスポートの延長手続き料金が上がったなどというニュースは、新聞雑誌の情報と口コミで瞬く間に広がる。えっ?高っか!親子4人で、いくらかかると思うのよ。親族の永住権の優先順位が変わったとなると、日本の親を何時呼び寄せられるかどうか影響してくるので真剣になる。

自分がアメリカの大地の上に立って、息をして許されるかどうかはビザにかかっているのだ。毎年変わる移民法の条件は人生に直結してくる。これは永住権が取れた後でも安心できない。市民権をとってアメリカ人になって、初めて移民法から自由になれる。

ESTAでアメリカ・テリトーリーに入国して、入国後90日目にまだ息をしてたら、確実にオーバーステイになって次は入国できなくなる。

アメリカ国内で、留学生です、ったらF1に決まってる。学生は卒業するからその前にビザを変更する。永住権や市民権をとってしまって居住している人なら、誰でも知っていることだ。OPTで就職なんて言葉はそれだけで間違っているのは米国在住ならすぐわかること。ところが誰もアメリカ側から発信して訂正しない。

一体どういうことか?

興味がない。

NY在住のメディア記者が「こちらではそんなに話題になってないんですよ」と返事をよくご覧になると思う。日本の記者が勢い込んでNYに電話をかけ、当てが外れるサマがよく想像できる。

そんな記事や画像に日本にいる皆さんもきっと「アレ?」と温度差を感じることと思う。その理由を解説しよう。

日系社会のピラミッドでも紹介した。アメリカの日系社会は一部を除いて生活に忙しい。外国で120%の力で生活の努力をしてる。コロナで経済的に生きるか死ぬか大変な時にロイヤルのニュース?

Yahooのニュースはもうヘッドラインしか読まない。だって、読んだところで自分の生活と1mmもすれ違うことがなかったのだ。年号は覚えられない、首相は誰だかわからない。

ポイントは、アメリカで永住権市民権をとった人たちは何かしら日本で生きずらかった人が多い。生きにくい国だった、日本は。アメリカの社会で生きたいと思った人達がアメリカで暮らしている。

だから、日本でのKKニュースはほとんどが興味ない。夫妻がアメリカに移住したというニュースは知っていると思う。その上で思うのは、日本が嫌で出てきた人たちはまず「ナカーマ」と思う。

だから、日本が嫌で出てきた同じ「ナカーマ」は別に排斥はしない。
ただ、生活に忙しいので別に援助もする気もない。自分の足でで立てなかったら日本へ帰れ-これが生活に忙しい永住権者、自営業永住権者、忙しい市民権者だ。

一部の日本人と日系が、アメリカに逃げてくるプリンセスを「かくまってあげよう」と思っているのだ。

生活に不自由がなくて時間が余っている人。もともと日本の風習考え方よりも、アメリカのほうが自由な国だと思ってアメリカに居ついているから。日本って生きにくいわよね。で、日本で苛められたのか、かわいそうに。と。

在米でもよく思わない人はいるだろう。自分で努力してお金を費やして何かを犠牲にしてやっと大学を卒業し、就労ビザを取り永住権をとれるかどうか、と苦労をしてきた人達にとって、KKはすごく”いい気な人”に見える。

現実には自分の努力と力でアメリカにやってきて生活している日本人は、マヌケはアメリカで生きていけないのを実感している。自分で自分の尻ぬぐいを自分できないような奴は日本へケエレと思ってる。わざわざ意見の発信をするだけの興味が持てない。

万が一お近づきになっても実力がない場合は見切りをつけるのは日本人より早いと思う。

以上の理由で、アメリカに住む日本人・日系人はあまり興味がないし発信が少ないのだと思う。わざわざ常識的な誰でも知ってるビザの知識の間違いを、訂正しようと思うのも面倒くさい。

mikie@izu について

海外在住何十年の後、伊豆の山に惹かれて古い家を買ってしまい、 埋もれていた庭を掘り起こして、還暦の素人が庭を造りながら語る 60年の発酵した経験と人生。
ブックマークする パーマリンク.

1件のコメント

  1. 私の想像では、NYの生活は間違いなく快適だと思います。道で気が付く人は少ないし、報道も規制されているし、何不自由なく暮らせる。大使館等で時々パ-ティもあるので、駐在のお偉いさんやその奥様方、そして現地在住の文化人や有名人と話もできるので、寂しくはない。現地の日系人社会の普通の人たちとの交流はなくても特に問題なし。でも時々その会合などに元皇室として出席する事もあるかも。

    NYのメディアがそれ程興味がないのも当然だと思います。アメリカ人はアジアのロイヤルに興味はなくて、日本が封建的で女性差別がある国と言う観点で繋げる事で読んでもらえるでしょうけど。日本の週刊誌等で出ている内容は、英語の記事では一切出ていないからというのもあると思います。時々アメリカの知人とこの件で話したりもするのですが、陰謀論扱いで信じてもらえません。報道規制の事や、大使館の事、警備の事などもっと知ってもらいたいです。

    • アメリカ人がロイヤルを感じるのはクリスマスの時だけですよね。
      Netflixの映画。ヨーロッパの何とか王国のプリンスとプリンセス。おとぎ話。
      日本とタイの場合は、急に「王様と私」に戻るので。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

  • footer