ウイスコンシンMarquette大学 2度目のレイオフ

Marquette University

https://www.wpr.org/marquette-university-laid-39-january-staff-and-students-fear-more-cuts-are-come

Marquette大学は1月に39人を解雇した。大学職員と生徒はさらなる解雇があるのではないかと不安を覚えている。大学の当局は近い将来には再度の解雇はないと言っているが、次期入学受け入れが減少する意味をキャンパスは受け止めねばならない

Marquette University Laid Off 39 In January. Staff And Students Fear More Cuts Are To Come
University Administrators Say No More Firings Planned In Near Term, But Future Enrollment Declines Mean Campus Must Adapt

Marquette大学はコロナー19による入学生の減少も含めて4500万ドルの財政赤字を解消するために39人のスタッフを先月解雇した。
Marquette University laid off 39 staff members last month as part of a yearlong effort to close a $45 million budget deficit brought on by COVID-19 financial losses including a drop in enrollment.

Marquetteの2020年の新入生クラスは、1997年以来最もすくなかった。これは、パンデミックによる予期せぬ損失とともに、4500万ドルの直前の財政赤字があったことを意味した。 2024年までに、Pogodzinskiは赤字が6500万ドルにまで拡大する可能性があると予測している。

By Rich Kremer
Published: Monday, February 15, 2021, 5:45am


新潮がニューヨークの小室夫妻の警備費を試算したところ、ひと月に7000万で年間8億という金額をはじき出したらしい。これが外務省の緊急補正予算8億円と合致するという。

どうしても高い!と思う。

あのメーガンとハリー王子が一時期LAに居を定めていた時の警護費は、年間3億3千万とい記事があったと記憶している。むろん武装した警備に決まっている。

アメリカで警備会社の言いなりの見積もりで契約をしたりするとニューヨークの小室夫妻の警備には8億円かかるのか、それとも日系の会社でも「中抜き」をしているのか、どうしても警備費用が高すぎる。

ミーガンの邸宅は戸建ての邸宅だったはず。ニューヨークのヘルズキッチンは他の入居者があるビル型住居。公的な場に外出するミーガンたちが3億3千万で契約できる警備を、ビル住居の小室夫妻に8億払うのは絶対馬鹿げていて、それとも裏があるのではないか。

日本の外務省が昨年要求した緊急補正予算の8億円のうち、Marquette大学に流れるのではないか?それはいくらぐらいなのだろうか。

ウイスコンシン下衆計画を書いているときにRedditの書き込みで見つけたのはおびただしい中国語の嵐広告とMarquette大学のレイオフの記事だった。中国語をgoogleで翻訳してみたところ驚愕した。何故かというと「米国の卒業証書売ります。XXX大学ZZZ大学、、、」というインチキ卒業証書作成業者の広告だったから。

卒業するだけで弁護士資格が取れるというウイスコンシンMarquette大学は(Diploma Privilege)、中国人留学生にも人気だった。海外からの留学生を受け入れて何とか経営が成り立っていたのかもしれない。

ところがcovid-19のせいで、留学生は帰国。海外からの新規入学者の受け入れも不可能で、積みあがっていた赤字が表に出てどうにもならなくなったという状況なのだろう。

4500万ドルの赤字を39人のレイオフで解決できるとは思えない。

赤字にあえいで現在新規入学生も減少している状態で大学側と外務省は交渉し、小室圭は入学を許されるようだ。ジャーナリスト篠原氏の放送によれば、夫妻はウイスコンシンのような田舎に引っ越すのはまっぴらごめんで、小室圭はリモートで授業を受けるらしい。日本の外務省はいくらの寄付金を用意しているのだろう?それは本年度予算で8億円とはさらに別口か?


K夫妻のニューヨークの警備費

税金関係からひき続き、
家賃は自分たちで払っているのではないか?M子さんは貯金があるわけだし、。というご意見があった。

かもしれない。家賃はアパートに支払っているかもしれない。
そういうお金の流れは、第三者にはわからない。
我々一般人は解明できないので、払ってるか払ってもらっているかIRSに解明してもらえばよい。

おばちゃんが昔から通っていた銀行に、ある日入り口にでっかい制服のセキュリティガードがいて出入りをチェックされた。むろん腰にはガンがあった。

どうしたのと窓口のおばちゃんに聞くと、強盗が入ったという。私が窓口だったのよ!とおばちゃんが嘆く。それ以来セキュリティ・ガードがいるようになった。半年か1年後に見なくなったのでどうしたのと聞いたら、やはり費用が半端ないのでやめたのだという。

先の記事の税金疑惑では、彼らが入居してから大使館の要求で増強されたと言われるアパートの警備費を年間4万ドル程度に見積もった。これはかなり少なめに見積もった。

警備費の概算

例えば、外出するときの警備費は別に請求されているのは間違いない。M子さんが外出するときには、決められたルートのどこかに複数の武装した護衛がいるのだろうと思う。

試しにオンラインでセキュリティ・ガード アームド・ボディガードの見積もりを見てみると:
The national average cost for bodyguard protection is $20 to 30 per hour
武装のガードを雇うと時給なら20ドル~30ドル

1日のプライベート・イベント用なら時給75ドル/一人
24時間7日間、イグザクティブ用のガードなら(多分格闘の訓練を積んでいるガード)
時給150ドル ということは1日24時間で3,600ドル1週間では25,200ドル一人につき。

例えば、外務省がケチって、並み梅の警備を頼むとお二人のお散歩と買い物が1コース3時間として2人くらいコースに埋伏しておくとして、1回200ドルほど、
もしの位の警備($150/人)なら、900ドル/10万円がお散歩ごとに飛んでいくわけだ。
アパートの警備は少なくとも1人増強だとしても夜間のみ8時間、ひと月7,200ドル
年間86,400ドルになる.

$75 per hour for one guard at a one-day private event to $150 per hour for executive protection that may require bodyguards on-site 24/7

概算でアパートの年間警備費だけでおおよそ1千万/86,400ドルで、お出かけ3時間ごとに3万から10 万円/200ドルー900ドルが飛んでいく。

メーガンとハリー王子がカナダに家を構えた時は、カナダ警察から警備費について文句を言われて、LAに移ってからは家の警備費は優に2-3ミリオンかかるとの新聞記事があった。

メーガンの2ミリオンドルから比べると、お二人の警備費はささやかかもしれないが、低く見積もっても確実に年間1千万ほど警備費の出費がなされているのだ。

さて、この警備費は一説に外務省の外交機密費から邦人保護の名目で出されているといわれている。

邦人保護といわれれば、確かに二人の保護には間違いないから、費用をタダサービスとして税務上・贈与扱いできるかどうかはグレーかもしれない。なにせ、外務省なんだから何とでも言うだろう。

IRS税務署

家賃はM子さんが貯金で支払っているか?そんなことは解明しようがないし、検証のしようもないので、繰り返すがIRS税務署に調べてもらえばよい。まっとうに支払っているかどうか立証する責任は、納税をする本人にある。

第三者でもなくて、外務省でもなくて、過去3年アメリカで暮らしてきた本人がIRSに金の説明を説明すればよいのだ。

IRSには:
XXXのアドレスに住んでいるxxxという名前の者が、
何年度、
どのくらいの額で贈与を受けていそう
(あるいは日本から定期的に給与らしい送金が総額1000万円ほどあったらしよ)
彼はちゃんと申告してますか?と聞いてあげればよい。

そこんとこ、どうなっているんですか?と疑問を持って税務署に聞いてみる納税者には別に何の罰則もない。疑問を持つのは疑問に思う根拠があるわけで、疑問を公開するのは正当な行為である。やましいものは何もない。

この一連の疑惑の中にいる弁護士たちから真実が語られることは金輪際ないし、ジャーナリストが告訴状を提出しようが検察は受理しないかもしれない。日本の検察を動かす力は大衆にはない。

Utubeアカウントを停止されたり、広告を切られたり、情報を統制されて、事態に不満に持つ日本の大衆は疑惑の解明をする道すら閉ざされている。

が、IRSは合衆国の役所だ。日本の忖度とは無縁。
ここは別。お手紙がたくさん届けばIRSが動き、本人が金の流れを説明申し開き修正申告をする事態はあり得る。
https://www.irs.gov/individuals/how-do-you-report-suspected-tax-fraud-activity


  • footer