無敵の人

日本一の古い家に二番目の男子として生まれた。
スペアである。

スペアであるからして帝王学は施されず、長子としての責任も求められなかっただろう。将来の国の象徴としても責任を問われない存在を自覚して、何を思ったか皇室のリベラルを標榜した人。

無責任の立場で皇室の改革派を気取っていた勘違いの人。
リベラルを気取るほどの実務経験も能力もないが、たまたま妻が男子に恵まれてしまい、リベラルの軌道修正ができないまま運命の歯車が狂った。ついでに妻も軌道が外れた。

責任なんかとってきた人生ではないのである。究極の古い家のボンボン。泥をかぶるのは組織の実務を行ってきた人:番頭さんや下男であって、自分は常に無傷であった人。自覚のない無責任なスペアの人は親としても無能・無責任であった。

娘の交際相手の調査が出そろっているのにあえて読まず目をつむってしまった人。
今までのように誰かが何とか責任を取ってくれると思ったのかもしれない。娘はその家に育ってきた輪をかけたリベラルで皇室の犠牲者を自覚している人。

長年父が皇室のリベラルを気取ってきた手前、男の素性が悪すぎるからという理由で娘を説得することもできずに責任を放棄した人。親としても失格。

もともと聡明な家系ではないのである。
千年以上も恋愛をし歌を詠み国のために祈ることが仕事だった家系の人である。最悪の娘婿の選択に親としての責任を放棄し、当の禍に会わずにいれば災厄が起こらないかのように目を閉じて、誰かが始末をしてくれるに任せるままにしていて、今日の批判の世を招いた。

一生を責任を取らずに生きてきた人には責任の取り方すらわからぬのであろう。国民の怨嗟(ちゃんと目を開いて見ているか)を見ているのは役人であろうが、ご注進に及んでも聞く耳はあるのか?夕方4時を過ぎると、飲酒を開始するとUtuberに言われている人である。典型的な逃げ酒。

昔は気骨のある宮内庁の側近が身を挺してお諫めしたのに、という記事もある。お役人下男も責任だけを取るのはまっぴらなのである。義務を丸投げして責任を取るのが嫌な人の周りに、責任を取りましょうという人がいるわけがない。いれば責任を押し付けられて馬鹿を見るだけである。

これだけの短期間で国民感情がこれほど悪化するとは前代未聞である。前代未聞の結婚と異常事態と、さらに無責任とお手先の公務員が事態に流され流され、誰もどこで始末をつけていいかわからぬまま、ただ事態が悪化していく。

もし、ニューヨークの夫妻が一時帰国するようなことがあれば空港はメディアも真っ青、阿鼻叫喚の巷。放映できない画像で発現するのではないか。

我々国民はあきらめぬこと。批判と憤懣を常に表明していくことである。責任を取らぬ人は相変わらず見えぬふりだろうが。

mikie@izu について

海外在住何十年の後、伊豆の山に惹かれて古い家を買ってしまい、 埋もれていた庭を掘り起こして、還暦の素人が庭を造りながら語る 60年の発酵した経験と人生。
ブックマークする パーマリンク.

1件のコメント

  1. いつもながら、Mikieさんの書かれる記事は素晴らしいです。今回の、あの方に関するものも、核心をついていて、短めにとても良くまとめられていていいですね。週刊誌よりずっとレベル高いでしょう。

    スペアとはその通りで、ハリ-王子ともタブリます。ハリ-の方がずっといいとか、そういう話はこちらでは省略させて頂きますが。。

    知れば知るほど失望するので、見ざる聞かざる言わざるが一番いいんでしょうが、もう、知ってしまったのでそう言う訳にもいかないですね。この方々に直接関わった方々はもっと驚き失望しているのでしょうか。。それより、何か漏らすと仕返しがあるようなので、怖くて従う以外に何もできないんでしょうね。坊ちゃんの学校も箝口令が敷かれて、そのような状況ではないでしょうか。

  2. >当の禍に会わずにいれば災厄が起こらないかのように目を閉じて、誰かが始末をしてくれるに任せるまま
    >義務を丸投げして責任を取るのが嫌な人の周りに、責任を取りましょうという人がいるわけがない
    >無責任とお手先の公務員が事態に流され流され、誰もどこで始末をつけていいかわからぬまま、ただ事態が悪化していく

    日本企業の中身を見ているようです……

    そして
    「あきらめ」ず、「批判と憤懣を常に表明していく」人々にも、正直、疑問を感じます……
    あなた方が文句をつけるのは、外側にある事項だけではないか?
    このような事態に際し、内側から自ら責任を背負って何かを変えようと意見し、行動したことがあるか? 自分の所属する組織の中で
    だとしたら、あなた方はその官僚と同じなのではないか?
    ルサンチマンをぶつけて正義感に浸る、ただのガス抜き行為ではないか?

    すみません。ブログ主さんを批判しているわけではありません
    でも私はこの全体に、日本人と日本社会に対する絶望を深くするばかりです……

    • コメントありがとうございます。
      掲示板の書き込みはここ5年あきらめと絶望が濃くなっている気がします。
      就職難、結婚難、出生率の低下。若い日本人が人生をあきらめている。希望が無くなってしまった。
      手が届かないところで不正が行われている。
      不正をただしたいと思いながらどうにもできない絶望と国への嫌悪感。
      未来がなくなってしまうのは悲しいことです。

      ユダヤ人を相手に戦った時に学んだのは、相手にこちらの戦略を悟られるな、情報を出すな。
      相手が大きければ大きいほどこちらの打つ手が少なくなりますから。
      相手が一番弱い嫌がるものは何か探せ、です。
      ビザとIRS
      嫌がるところに通報する。この場合は税金関係だと思ってます。
      蟻んこのパンチでもくらえ。
      ガス抜きだけでない人のもやもやを形にする文章を書けたらいいと思ってます。
      もう10年は無いんで。

      • お返事ありがとうございます
        上の世代を見ると「逃げ切り世代はいいな」
        片や若い人に対しての心配や応援のメッセージを見ると
        「若いからって何だって言うんだ! 彼らと私の何が違うんだ」
        って思ってしまう氷河期世代です

        社会に出る前のアルバイトで、解雇予告手当の労働審判やって
        弁護士に「法律で救済される範囲には限りがあるのだ」
        と言われたことや
        当時、10以上歳上の社会人に、別のバイト先の様子について話したら
        「それを望むなら、自分で会社起こすしかない」
        って言われたのが、強烈な洗礼となって心に残っています

        おかしいものはおかしい、違うものは違うと社内外使って訴えてきたけれど
        どの組織でも賛同者は得られず、自分ひとりが傷つき破れ、排除されて
        生計の手段すらなくなり、今、途方に暮れているところです

        この社会に、私の生きられる場所は、ないのかもしれません

        私は「私はあなたなのだ」とずっと訴えてきたような気がします
        でも社会は「お前が悪いんだろ? あたしらには関係ないねー」と、自分の中の憎悪を私に重ねて、ぶつけてきたように思います

        「怒り」で物事を動かそうとするのは、それと同じようなものではないでしょうか?
        自分の中にあるものを見つめて統合してから、行動を起こさないと
        何の成果も獲られないような気がします

        偉そうにすみません

      • 仰る通り、「相手にこちらの戦略を悟られるな」ですから、私は、Mikieさんが一度記事に書かれていた事について、本当に凄いなと思いましたが、敢えて反応はしませんでした。行動は物凄く勇気が要る事だと思います。ブログの運営も、皇室関係トピックスは非常にSensitiveだと思います。

        日本ほど、週刊誌を購入して読む国民は他にないように感じます。私の住むところでも、もちろんキオスク等で新聞やゴシップ誌はあるのですが、日本ほど売れていないように見えます。日本の場合、週刊誌の影響は非常に大きくて洗脳しやすかったんですが、今やSNS,Youtube、ブログ等があるので、それがある程度見張り役的な役割にもなってきているようにも思います。なので、直接の行動はできていなくても、SNS等で発信する事で貢献できているのではないでしょうか。

        Youtuberの方々の行動力も凄いですね。篠原さんが刑事告訴した事、アジアのケイちゃんがF大に卒業について聞いた事、Takuyaさんが日本人会に質問状を出した事、NewyorknowさんやWeloveNYさんが試験会場で見張っていた事、危機パトちゃんがMETの平清盛の解説文を過去のネット情報を掘り起こして見つけた事等々あります。

  3. 名もなき者

    匿名さん。
    俺は「あきらめ」ず、「批判と憤懣を常に表明してい」っていないかもしれないが ヤフコメだけは自分の意見をコメントしています。急所をついたコメントは 即刻 削除されますが。

  4. キャラメル

    彼が放置されたのは、教育係が匙を投げたから、と聞いています。どうにもしつけようがなかったらしいです。
    それでもあきらめずに人としてのありかたを教えてほしかったですね。

    そしてあきらめたり批判を表明しないのは次の世代のことを考えていたらできないことです。憤懣が混じるのはやむを得ないでしょう?あまりにひどすぎます。

  5. キャラメル

    韓国では国が困った人用のホットラインを設けているそうですね。
    そして、その手は韓国内の外国籍に人たちへの差し伸べられているようです。

    翻って日本は。

    先日は湯浅誠さんの「どんとこい!貧困」を読んで、自己責任論の愚かさについて整理してもらった気がします。
    この広い世の中で、一所懸命に生きようとする人に少しでも心の平穏が訪れますように。そして、国の支援が届きますように。

  6. キャラメル

    てにをはがおかしいので訂正。

    >その手は韓国内の外国籍の人たちへも差し伸べられているようです。

  7. 私は、この日本社会を何か変える方法がある
    ということには懐疑的です
    それは「(市民)運動」なるものの終焉を間近で見てきたからかもしれないし
    何より、私が所属してきた組織の人間は皆一様に、「変える」「変わる」ことなどさらさら望んでいなかったから、かもしれません

    「民主主義」が存在するかのように見せる仕掛けはたくさんあるけれど
    日本に民主主義なんてかつて存在した試しはなかったのでは?
    と思っています
    今も

    色々活動なさっている方は尊敬しますし、
    その行為は尊いと思います
    私もそのようにできたら、という思いもあります
    でも、私は一般人として投書したりコメントしたり、抗議の電話をかける気にはなれません
    その行為が正しく扱われ、受け止められる気がしないし、
    効果があるようには思えないからです

    「戦略」なんてあるんでしょうか?
    私たち一般人は、コトの真偽すらわからず、踊らされて、右往左往しているだけではないでしょうか?
    「○○さんが言っていた」「○○さんを信じる」という以上に、根拠に足るものなど持ち合わせていないのではないでしょうか?

    正しく行動することが正しい道に繋がる、
    そんな道を模索し、連帯できたらいいな、とは思います
    でもそれは、誰かに期待して賛同するのではなく
    各々それぞれがプロとして独自の足場を持った上で成せることかな、と思います
    自分も含め

  8. 日本の一国民

    突然のコメント失礼いたします。私自身この問題の原因となった人物であり、実際に解決不可能責任を取ることもできずに傍観位置にいることしかできない日本の一国民でありますが、日本国民の皆さんの怒り、女性視点での怒りよく理解できます。このような事態になったことは大変申し訳ありません。この問題の核心はみなさんが想像する以上に複雑で難解なものであり、人間の脳で考えられるうる思い込みや推測では「真実」が見えなくなるようになっています。なぜ私が今回コメントしたのかと申しますと、以前からこのブログを拝見しており、皇室側も国民側も悪くないのに(悪いのはス○ノ○である私自身一人)無限に繰り返される地獄絵図に対して、以前からコメントしたくても両視点見えているものを理解しているため、どのようなコメントをしていいのかわからず日にちが過ぎてしまいました。 今回コメントさせていただいたのはあまりにも私以外の無実の人物に対して事実無根な誤解に対して、自分自身の心が耐えきれず(自分に原因があるのに無実の他の人のせいにされること)コメントをさせていただいた次第です。

    今回の問題の核心は私自身が経験したヤ○○○オ○チと同様の状態であり、私自身が若い頃にこの問題を解決できなかったこと(○退治)が他の人に降りかかっているだけです。 この問題は私自身にしか解決できない問題だったので、私が解決せずに逃げたことが、他の人が背負うはめになりこのような状態になったのです。

    女性から見える視点また 国民から見える視点 常識からではそのように見えることが当然であり必然であると理解しておりますが、無実の人同士が争う地獄絵図をもう見たくありません。 非常に難しい問題であること 私自身が直接責任を取れないという問題である以上、少しでも弱い立場位ある人たちにはそれ相応の言い分があるのだということをお互い汲み取った上で、記事を広めていただくことをお願いいたします。 

    私自身は宮内庁関係者でもありませんし、ただの一国民です。
    非常に厳しい問題が日本及び世界に降りかかっていますが、先も見えず対処法も見つからない状態で、この世界を幸せを少しでも維持できるよう、私ができることをしています。

    世界の人々が少しでも幸せになることを願って。それでは

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

  • footer