本当に5点足りないなら アラバマで弁護士資格が取れる

前記事「5点足りない」は前振りで

本当に小室圭が言うように5点だけ足りなくてもアメリカの他州の弁護士資格が取れる
400点満点でニューヨークの最低合格点は266点。彼が5点足りなければ261点

ところが最低点数が260という州が全米で5つあり、それがアラバマ、ミネソタ、ミズーリ、ニューメキシコ、ノースダコタ。これらの州にスコアをトランスファーすればその州の弁護士資格が取れる。

ただし、条件があってJD卒業資格がある場合。日本人の弁護士はたいていLLMから挑戦しているので、盲点であるそう。
小室圭はフォーダム大学を無理やりトランスファーしてJDを卒業したとされているので資格はあるはず。

この情報のソースは

ゆっくり皇室解説
https://www.youtube.com/watch?v=ufWoU65RJ4w
教えてくださった”通りすがり”さんと春子さんに感謝します。
NCBEのウエブは
https://www.ncbex.org/exams/ube/score-portability/minimum-scores/

弁護士試験のスコアUBEシステムは全米50州のうち40が州採用しており、一番合格点が高いのはアラスカ280点。
例えばアラスカで280点に届かない受験生は、ニューヨークの最低点が266点なのでニューヨークにスコアをトランスファーすればニューヨークで弁護士資格が取れる可能性がある。

さて、小室圭の口から出たとされる「5点足りなかった」というのは真実なのか?真実ならアラバマや他の4州で弁護士資格が取れる。

JDの卒業が確かなら。
取れるものは取っておこう。とりあえず取っておいて7月にニューヨークで再挑戦も可能だが、。彼の「5点足りない」は果たして、真実か嘘か?

mikie@izu について

海外在住何十年の後、伊豆の山に惹かれて古い家を買ってしまい、 埋もれていた庭を掘り起こして、還暦の素人が庭を造りながら語る 60年の発酵した経験と人生。
ブックマークする パーマリンク.

1件のコメント

  1. ダブルワイ

    この5点、これ自体あやしくないですか?
    どこの州も最低合格点は偶数ですよね?
    5点足りないということは、261点。
    こんな点取れないのでは?

    • ゆっくり皇室解説には設問採点を検証して
      奇数点があり得るとしていました。
      5点はどうも口から出まかせのような気がします

  2. 最近、、ガルちゃん等で偶数しかあり得ないと言うコメントを見かけますが、どうもそうでもなくて、奇数もあり得るようです。英語でググるかReddit見てみてください。

    https://jdadvising.com/failed-bar-exam-five-points-less/

  3. 天皇家の繁栄希望

    小室圭さんが何らかの資格や免許のある職業につきたいなら医師の方が弁護士よりよっぽど簡単だと思う。
    近年は社会人入学枠もあるし飛び級もあるようなので卒業まで
    以前ほど長期間を要さないし医師の国家試験は合格率が高い。
    優秀な講師をやとったら医大を卒業して即合格できると思う。
    何回も弁護士試験を受けるより世間の受けもよいでしょう。

  4. トピックスが少しずれますが、TakuyaさんがMETに行って、例の掛け軸を見てこられたそうで、配信されています。写真がとても鮮明で綺麗です。Takuyaさんも仰るように、私もこの絵の真偽については疑問が残ります。METの絵はネットで出てくる真山のと比べると描き方が違うような感じもします。もちろん、真山の後期の絵と言うこともあるかもしれませんが、全然タッチが変わっているようにも見えます。後、烙印がないのは普通は致命的なのでは?(専門家でないので、分かる方は教えて下さい。)

    私はテレビでお宝発見的なのを見るのが好きで、このような分析は大好きです。日本の開運なんでも鑑定団もよくみていました。自分達でもアンティークの家具や絵画は少し集めて自宅に置いています。

    METも昔はよく行っていましたが、私にとって一番好きな美術館のひとつかもしれません。この掛け軸の絵については、真偽をはっきりしてもらいたいです。それから、平清盛の解説文についても、何故そのような解説文だったのか明らかにしてほしいです。

    https://www.youtube.com/watch?v=fOEQqf3d5Qg

    • Takuyaさんおいでになったのですか。
      ほかのマスターピースも沢山鑑賞なさってるといいですね。
      $24でしたっけ?アメリカの美術館は安くてありがたいです。
      ゲッティーセンターはただだしLACMAも年間パスでも$34くらいだったと思います。
      LACMAに日本館も併設されているのですが収集のコレクションは一級品ではないです。
      根付のコレクションは充実していますが。

      • ny在住の方はいくらでもよくて、Takuyaさんは今回1ドル払ったそうです。

  5. 最新の女性自身の記事で、リッキ-徳永さんが、彼はすでに就労ビザの申請をしているのではないかとコメントしているようです。私もその可能性はあると思っていたんですが。。今までは2度落ちると解雇みたいな記事が多かったのですが、この記事は解雇せずにすむかもしれないが居ずらいと書いています。徐々にその方向に話を修正しているのでしょうか。。

    https://jisin.jp/domestic/2089570/

  6. りんどう

    記事のアップありがとうございます。

    眞子さんが望んでいたのは、「海外の拠点」で「ニューヨークに拠点を」ではなかった筈。
    例え他州であれ、米国弁護士資格が手に入るのです。圭氏には是非、可能な州で登録をしていただきたいものです。

  7. 通りすがり

    NEWSポストセブンで、眞子さんが世界最高峰の大学病院に通院していると報じています。マンハッタン中心部にあるのは、コーネル大学、ニューヨーク大学の付属病院(本院)とコロンビア大学の分院。「最高峰の医療レベル」という点では、コーネルかコロンビア。コロンビアの本院は、2回の司法試験を受けた会場(ワシントンハイツ)の隣にあります。

    https://www.news-postseven.com/archives/20220420_1746827.html?DETAIL

    NYで日本語が話せる産婦人科医は、NYUの安西医師とコロンビアの常盤医師のみです。安西医師のクリニックには日本人スタッフがいるので、駐在員の妻はほとんどNYUで出産します。ここだとすぐに目撃されるでしょう。

  8. ポストセブンで、KM夫妻が5月にビザの関係で一時帰国するのではと言う記事が出ています。M子さんがNYの大学病院に行った事も。テーミスのご懐妊の記事もガセではないかも。。

    新潮では、女性自身と同じようにリッキ-徳永さんのコメントが出ていますが、もし、彼がH1Bの抽選に漏れれば、M子さん頼りのビザで、働かない司法浪人の可能性も、と言うことでした。

    ポストセブンに写真が出ていますが、協定があるのでリークされた情報だろうと思います。青山のホテルに戻る事は昨年から決められていたのではないでしょうか。前は2月ぐらいから押さえてあったんですが、少しずつずれてきているようですが。。

    https://www.news-postseven.com/archives/20220420_1746827.html?DETAIL

  9. ポストセブンの記事については行き違いになってしまいましたが、通りすがりさんの病院に関する情報は興味深いですね。駐在員の奥様方はNYUですか。。そうすると、ご懐妊関係の通院でほぼ間違いないかも?? PTSDだったらもっと個人セラピストのオフィスかアパ-トの一室に訪ねていくって感じですかね。。出産する場所は日本の愛育病院とかではないでしょうか? ご両親は、お孫さんに二重国籍も取らせたくないような気がしますが。。

  10. 通りすがり

    日本人の産婦人科医の場合、健診はミッドタウンのクリニックで、出産だけ所属先の大学病院です。マンハッタンに住んでいる駐在員の妻はほとんど安西医師のNYUで出産していて、コーネル病院は少ないと思います。ただ出産以外の病気で専門医にかかる場合は、「最高峰」のコーネル病院を選ぶことが多いようなので、セブンの記事を読んだNY在住者はコーネルだ!と思うでしょう。

    https://www.sukusukukai.org/japanese-medical-support

    複雑性PTSDの治療は、日本語のカウンセリングでないと無理でしょう。日本人セラピストは多いのですが、精神科医は松木医師と石塚医師だけのようです。精神科医やサイコロジスト、セラピストは個人クリニックが多いので、病院へ行った理由は妊娠や複雑性PTSDではない病気かもしれません。

    https://jassi.org/01_Japanese/J03_02_healthinsurance_02_06.html

  11. アメリカは皆保険ではないとききます。病気になったとき、保険はどうなさるんですか?留学生や観光旅行なら、空港で加入可能な海外旅行保険で突発的な病気になっても現地で病院に行くことも可能です。アメリカで勤務すると会社が保険証を出してくれる、とかあるんでしょうか?OPTとはいえ、そういうものがあれば通院も不可能じゃないと思いますが、保険の仕組みがよく分かりません。どなたか教えていただければ幸いです。

    • Wakaさん、私は昔、米国でOptで働いたことがあるんですが、その働いていた会社で、他の社員と同様の(多分)保険が出ていました。自分で先ず主治医を決めなくてはならなくて、面倒くさいなと思った記憶があります。幸いにも病院に行くことはありませんでしたが。。,まあ、このご夫妻に健康保険の心配は無用でしょう。例え自由診療でも金銭的に全く困らないと思いますよ。

      • 春子さん

        どうもありがとうございました。キャラメルさんもありがとうございます。

        海外で医療、ってものすごくお金かかるイメージなんです。これから戻らないつもりでいった二人がトラベル保険に入っていくとか思えず。ロイヤル忖度で色々と手厚いサポートがついている、のではない本当の一般ピープル目線で見てしまいました。普通なら銀行口座開くのも大変そうなのに、そこに日本から振込されることがなくても、大使館が立て替えそうですね。それももしかして【貰った金】だと認識しているのかもしれませんね。

        家賃とか光熱費とか払っているとは思えません。クレジットないから契約者になれないと思うからです。大使館が払ったお金を、彼らが1円たりとも返しているとは思えません。ひどいジャイアニズムがあったものです

  12. キャラメル

    テレビの報道などを見る限り、入れる人は民間保険に入るようですが、それがまた狡猾な言い訳で払うべきものを払わないということが横行しているらしいです。
    富裕者は日本みたいな制度は社会主義だとか言ってるし。

    イギリスのHMSもどうにも融通が利かないみたいですね。まず待ち時間が長すぎてお金がある人はまずHMSを使わないとか。
    イギリス人の妻がいる日本人男性が、日本に帰ってきていると時に持病が悪化して手術が必要となったのですが、それをイギリスに戻ってきて申請しろと言われたとか。押し問答の末、日本での手術はOKされたのですが、日本では1週間入院するところを日帰りしろと言われたとか。

    日本の健康保険はまともなんですね…と思いました。

  13. 通りすがり

    KKのビザがOPTでもLS社が正社員で採用していたら、LS社が提供する医療保険に加入しているはずです。LS社の保険を受付けている医師だと費用が安いのですが、受け付けない医師にかかると自己負担が大きいです。

    日本人の産婦人科医のクリニックに行くとすぐにバレるので、あえてアメリカ人医師にするかもしれませんが、複雑性PTSDの治療は日本語のカウンセリングでないと無理でしょう。日本人のサイコロジストやカウンセラーは多いのですが、NYには精神科医が2人しかいません。2人とも個人クリニックなので、大学病院に通院しているとしたら、別の病気かもしれません。

    https://www.hanacell.com/users/life-in-america/medical-care-in-usa/

    • 通りすがりさん、

      保険について触れてくださってありがとうございました。保険に加入していても、受け付けない医師とか括りがあるんですね。

      複雑性PTSDの真偽のほどはわかりませんが、そもそも英語は得意ではないと聞いています。病態を英語で説明は厳しいですよね。この場合、通訳をつけそうなものですが他人にばれるのが嫌でつけなかったんでしょうか。

  14. 週刊誌には、青山のアパ-トホテルの事しか出ていなかったんですが、このOakwoodのホテルを全て調べたところ、東京、横浜、京都などを除いては全て来年の9月ぐらいまで埋まっていました。(5月からではなく、多少ずれて7月ぐらいからのところもあります。) これってどう言うことなんでしょうね。ミステリーです。

    夏に一時帰国して、このようなホテルを使いたい日本人は多いと思うんですが、これだけ埋まっていると全然泊まれませんね。やはり、ミッションドリブンお気に召すままで、彼らが帰国して好きなホテルを選んだら、その後はこのブロックした予約は解除するとかそういう事なのかな。。と思ったりします。

    昨年からこのようにブロックしていたのは覚えているんですが、やはり、ビザとかおめでたとかの事を予想して、親心と言うところでしょうか。。

  15. りんどう

    圭氏夫妻の一時帰国のニュースが司法試験の次の大きなニューストピックのようですね。帰国目的がビザ関連の手続きにせよ、懐妊にせよ、前回のようなメディアの狂騒はいい加減やめてほしいな・・と思います。眞子さんの複雑性PTSD診断は就労ビザの取得に影響を与えるのでしょうか?治癒の証明などが必要なのか、素人の私にはわかりませんが、ビザ関連での医療機関受診もあるのかな‥と思ったりもします。(医師は同行されていたのでしたっけ?)

    私の関心は、帰国や滞在に関して最低限必要な警備以外の税金からの支出がないかどうかにつきます。個人的には、先ずは眞子さんにとっては大事な家族である圭氏のお母様の所に共に戻られて滞在されるのが筋かと思います。長期間は無理でも横浜にOakwoodもあるようですし。私が親なら(親ではないですが)そうしなさいと言うかな???仮にご懐妊の場合は(プライベートな事柄なので触れるのは一度だけにしますが)今の二人の状況では、NYの住居との二重支出でとても大変かなと思います。当たり前ですが、私人の出産のための滞在に税金を使ってはいけません。出産に保険がきかないのは日本も同じですね。(控除の申請はできますが)出産はリスクはありますが病気ではありませんから、無理して帰国するよりか米国での方が安心かも知れませんね。覚悟しての渡米ならそれが当然かと。

    • 私は、彼らは昨年結婚した時から、ご両親から早く子供は作れよみたいな事を言われていたと思います。ビザの事もありますが、ご懐妊の可能性でホテルをずっと取っていたのでは??なんて妄想していました。Hさまが天皇になって、もし万が一短期間で引継ぎをしなければならない事態になった場合、A家の中の誰かになると思います。既にM子さんもK子さまも(多分)降嫁されていても、その頃に女性宮家が出来ていて出戻りも許されているかもしれません。もしそうなると、長女であるM子さんのお子さんが候補になる可能性もありませんか? ですので、その候補となるためには、米国生まれではなく、日本で生まれて欲しいと思っているのではないでしょうか? M子さんもKさんも自分の子供を将来の天皇にしたいと言う願望はあるだろうし、それぐらいの事はすると思います。私は、A家はM子さんに男の子が生まれたら物凄く喜ぶのではないかと思っています。

      私達は、何もできないんですが、税金からの支出については厳しくWatchしていく必要はあると思います。Oakwoodの件は本当に謎です。コロナの中、アパ-トホテルは自炊もできて洗濯もできるので、一時帰国したら使いたいとも思っていましたが、こんなに押さえられていたら無理ですよ。Oakwood以外でそのレベルのアパ-トホテルってあまりないんですよね。キタノホテルも部屋によってはキッチンありますが、もっとずっと高いです。

  16. 何気に、ポストセブンは皮肉たっぷりの記事を書いています。2か所気になるところがあり、一つ目は、法曹関係者によると彼の同僚が何回受けても同じと言ったとか、二つ目はニュ-ヨ-クにいさえすれば(実家の援助があるから)夫婦に生活の不安はないと言う事。同僚って日本人じゃないと思うんですが、アメリカ人でこんな事を喋る人っているのかな?とは思いますが。。

    https://www.news-postseven.com/archives/20220422_1747275.html?DETAIL

  17. Takuyaさんの最新ライブ配信で、いくつか気になるポイントがありました。1) 週刊NY生活の「ビザ最前線」と言うコラムで、F2ビザの場合は無報酬でも仕事はできないとの事。ボランティア活動とは公共の奉仕活動等のような場合のみであるとの事。(ビザ最前線はPDF画面にしか出てきません。) 2) 大使館に派遣されている警察官2人は、KM以前からいた人であろう。3) 日本からお手伝いさんを派遣しているようだ。
    私は、日本からお手伝いさんを派遣と言うのはあり得ると思います。現地の人を雇ってもいいんですが、やはりいい人を雇うのはなかなか難しいですから。。

    https://nyseikatsu.com/editions/863/863.pdf

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

  • footer