こころに半旗を

2年働いてくれたピップが一家でタイに帰国せねばならないからウチを辞めると告げに来た。
ピップは高校生の頃に親に連れられてアメリカにやってきた。

永住権を申請して長い間待ってやっと前年にとれたばかりだった。幼稚園に通う子供を育てながら、これから順調なはずだったのにタイ人の旦那に病気が見つかりどうしてもアメリカでは治療の見込みが立たないので、永住権を捨ててタイに帰るのだと暗い顔で言った。

「帰りたくない。病気の治療こととだけではなくて。」
私がなぜかと聞いたら、プミポン国王は国民から尊敬を受けている賢王であったが、次期王位後継者がとても受け入れがたい人物なのだと言った。

若いころは王位後継の順位が低かったので海外で勝手気ままに暮らし恋人や妻をとっかえひっかえプレーボーイとして有名だった。

ピップは英語であえて「プレーボーイ」という言葉を使ったが、「プレーボーイ」という言葉では収まり切れない、もっと不快なスキャンダルの臭いがあった。スポーツカーをすごいスピードで走らせて人をひっかけて王族特権でもみ消すとか、およそ王族として人の尊敬を集められる人となりではないのだという。

ネットのニュースではピップが言うほどネガティブな記事は出てこなかったが国民なら別の情報ソースがあるのだろう。

タイと日本は西洋勢力に侵略されずアジアで独立を守りぬいたたった2つの国だった。
そのタイの誇り高き王国民が、次期王位後継者の人格に尊敬を払えず憂いに沈んでいた。
やがて問題の次期国王が治めるであろう祖国に帰らねばならぬピップを、非常に気の毒に思った。他の国の話だったのだが、。

ジャーナリストは外務省に抗議しよう、小室夫妻への国を巻き込んだ援助をやめさせよ、と唱える。こういうごり押しの謀略を何十万人の日本人が憂いて嘆いて心を砕いているか。不敬罪はなくなったが日本人の心の中ではいまだに生きている。“誰が“という言葉はいまだに日本人の口ははばかられる。

日本で省と名がつく役所で働く舎人は、自らを国民に奉仕する下僕だと思っていない。
国民の上に立つ国を動かしている立役者だと思っている。物を売って成り立つ民間の企業と違って国民の批判でつぶれる省組織ではない。私だって寝てないんですと経営が危うくなった超一流民間会社とは違う。

こういう役所の役人は抗議や非難の手紙をもらっても心を動かされることはないし、行動を改めることもない。それは自分がやっていることではない。省の方針なのだから。

手紙を送ってSpamと書かれた段ボールに放りおかれるか、資料室のような下っ端が読んで、脅迫や危害を予告するような文言が見つかれば警察や保安関係に渡すファイルに綴じられるのではないか。

税金を使い命令系統をごり押しして組織を使うのはどうでしょう?といさめるような役人がいるとしたら、そもそもこういう小室計画は進んでいるはずがない。舎人は舎人であってアメーバーのように個々の意思を持たず自ら考えることなく新陳代謝しながら組織として動く。

おおよそ皇統にふさわしくない人物を婚約者として認めてしまった自分の目のなさを認めたくないばっかりに、国政を巻き込んで誤りに誤りの上塗りをしている。糞にせっせと金メッキをしても、金メッキをした糞ができるだけである。

小室母の詐欺疑惑で詐取したとした総額はおおよそ2千5百万である。小室息子と平民の妻との警備費用・必要予算は年間で8億である。

金額だけを考えても8億を通して2千5百万のはした金を問題にするとは考えにくい。皇室の姻族の刑罰がかかっているのである。

ウイスコンシン計画をあくまでも遂行しようと補正予算まで取った。その理由である中心人物の母を刑事事件で有罪にさせる度量が果たして政府にあるのだろうか?姻族が有罪になれば、今まで糞に施してきた金メッキがすべて無駄になる。

東京地検でつぶされるか、問題噴出の神奈川県警で受けるふりをして証拠不十分でなかったことにされるか。
私には不正をただされる未来が見えない。

政府という一般市民に手が届かない組織へどのように国民の意思を届けられるだろう。タイのピップはどうしているか?日本も気の毒な国だと思っているだろうか?

民は幸せではない。


mikie@izu について

海外在住何十年の後、伊豆の山に惹かれて古い家を買ってしまい、 埋もれていた庭を掘り起こして、還暦の素人が庭を造りながら語る 60年の発酵した経験と人生。
ブックマークする パーマリンク.

1件のコメント

  1. 大船山・黒岳

    小室圭・眞子夫妻の現地サポートに全力を尽くした功績で前NY総領事の山野内氏が大出世のご様子です。

    政府は11日の閣議で、カナダ大使にニューヨーク総領事を務めた山野内勘二氏を起用する人事を決めた。発令は15日付。
    https://www.nikkei.com/article/DGXZQOUA113YN0R10C22A3000000/

    岸田内閣が小室圭・眞子夫妻の現地警備費に8億円をポンと投げ出す背景が想像できます。結局のところ、小室圭・眞子夫妻のサポートにいかほどの税金が使われるのか?全く知る由もありません。残念です。

  2. りんどう

    記事のアップ有難うございます。タイのプミポン前国王のお名前は国民からの敬愛と共にに大変よく知られていました。日本とも関係が深く、多くの企業が進出しています。確か10年ほど前でしたか、大きな洪水があって工場のラインが止まった時に、一時的に現地の従業員を日本の工場で雇用したこともあったと思います。比べて現国王は即位前から様々な噂がありましたね。今も住まいは欧州ではないでしょうか?さて、圭氏夫妻に多額の税金が警護費として支出されているのではないかという疑惑があります。海外在住の邦人保護費は仮に事件に巻き込まれたりした場合には一般人でも大変な額がかかりますから相応の予算が計上されるのは頷けますし、機密費である所以も理解できます。問題は偏った使われ方がされていないか・・。これを憶測以上の客観的なエビデンスをもって記事にできるジャーナリスト(ジャーナリストも様々で、それぞれの事情もおありです)は恐らくいないのではないでしょうか?もちろん「疑惑」で好奇心や感情を刺激しそれを大きくしていくことはできますが、批判は事実に基づいてされるものだと私は思います。コツコツと調査を積み上げて新鮮な切り口で挑むことができる言論人や議員の登場を期待したいところですが無理でしょうか?

    • 謀略があるとして、結果としてでてくる事実からジャーナリストとしても推測するしかできないのでしょうね。いろんな闇が多すぎます。

  3. タイの王様の事は、時々DMに出ていますから欧米では知られているようです。

    https://www.dailymail.co.uk/news/article-8865591/Inside-court-Thai-king-Maha-Vajiralongkorn.html

    Mikieさんが仰る通り、私たちの心の中には未だに「不敬罪」と言う言葉はあると思います。だから、どの政治家も皇室についてはほとんど言及しないんでしょうね。お役所に苦情を出しても、仰る通りの扱いで終わるでしょう。宮内庁に電話した人も多かったようですが、同じような事でしょう。マスコミも皇室からのリ-クをもらわないといけないので、擁護やガス抜きの記事を出したり、タブ-の事については絶対に触れないとか、実際に起こっているのではないでしょうか。掲示板のコメント等にも宮内庁か政府からだと思われますが、荒らしが投入されているように見えます。

    そして更に、最近、侮辱罪が厳罰化されると改正案が可決されたんですね。このままだと、恐ロシアのPさんを誰も批判できないように、私たちも皇族の事は一切批判できなくなるのでしょうか。時代が逆戻りしているような気がします。国民の生活も益々苦しくなってきているし。。日本のヤフ-でいくらコメントが出ようとも、日本語なので、他の国の人々は知りもしないので、国内だけの情報です。今回の坊ちゃんの作文の件では朝日の英字新聞が報道して、それが他の海外メディアにも伝わったようですが。日本人って外面を気にするので、海外メディアでもう少し報道してもらった方が問題解決の為にはいいように思います。

    • Yahooのコメントには見るべき意見もありますが、罵詈雑言があまりにも多いのも事実。
      その結果規制の口実が与えられてしまった感じですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

  • footer