小室疑惑 弁護士 対 弁護士

日米の弁護士と、弁護士を養成する弁護士の教師が頭を寄せ合って協議と工作をした結果が小室圭
小室圭ができないはずのFordham大 LLMに入学して、できないはずのJDコースにトランスファーした。Fordham大の当局と工作した日本の関係者やアメリカ側の支援者は、ここまで詳細を世間に知られ問題になると予想をしていなかったのではないか。

ところが、一般人の小室圭の経歴はネットに流れ、照査されてFordham大学の入学資格としての「欠格」が明らかになってしまった。それでも与えられる奨学金と優遇の異常さに、興味がなかった層まで小室ミステリーに引き付けることになった。

Fordham側や工作者たちは皇族のフィアンセとして優秀さを印象づけようとやりすぎてしまったのだな。とくに全米35位ランクのFordham大の場合は、日東駒専のコンプレックスがアダとなって舞い上がってしまったのだろう。

もし彼が勉学に励む誠実な青年であったなら世間の反応はもっと好意的であったに違いない。母は金銭スキャンダルの中心。詐取疑惑で告訴状を出された身。Fordhamのクラスで小室圭のあだ名はFree Keiであったという。何かといえばタダ乗りするやつ。自分で何かをせず、かすめて取っていくやつ。うまいあだ名をつけるものだ。アメリカ人でさえよく見ている。

今回異常なのは関係者がほとんど弁護士。
日本の奥野法律事務所、Fordhamを紹介したアメリカ側の弁護士と卒業した日本人弁護士、さらに日本領事館総領事を仲介する日系弁護士などの間で、想像だが、LLM入学資格に関するメールが飛び交い、「欠格」を埋めるためのFordhamとの合意条件のすり合わせをし、それに合わせて入学書類を整えたのだろう。

双方が弁護士だから、問題になった時のためにそれ相応の推薦文とか理由書があるに違いない。資格について突っ込まれたら、まずこれらの書類が出てくるのだろう。次に、弁護士団が雁首揃えて、ニューヨーク司法試験受験資格条件条項を上から下、左から右に解析して、これならイケるという道がLLM1年からJD2年だったのだ。

JDが正規の授業でディプロマをとって卒業なのか、それともAuditで履修しただけなのかそれはわからない。何せ弁護士団が解析した方法だから、受験資格条件としてはクリアしているはずだ。うちの弁護士もLLMとJD 24 credit hours でイケるんじゃないかと言っている。LLM からJDのトリックの詳細を解明したところで意味はない。
そもそもLLMに入学を認めた大前提が問題なのだから。

一連の疑惑の中で最も黒いインチキは「一橋のビジネス・ロー卒を法科大卒業と詐称」ただ、このトリックを認めてしまったのはFordham大学。双方で合意とそれなりの文書がそろっているだろう。弁護士同志の仕事だからさ。

さて、メディアとSNSによってこの「欠格」の異常が世間と他の弁護士の注意をも引く事態になってしまいFordham大に問い合わせが殺到したり、弁護士会や司法試験当局に質問状が届く事態になっているという。

誰が何故どのように苦情、不正、批判を申し立てるのか整理してみよう。
アメリカでもし疑惑が起こったとして、1)疑惑の解明を申し立てるのか、2)不利益の是正を申し立てるのか、3)不正を申し立て処罰と是正を求めるのか、4)ただ苦情を言いたいのか?
2)不利益を被った者がいて不利益の是正を申し立てる場合は、当局(どこだ?)が動く場合があるね。
 
誰が小室圭のために不利益を被ったか?
不利益者は
A)優秀で本来Martin奨学金を受け取れるはずだった学生。それが誰かは誰も知らない。
B)Fordham大。
皇族のフィアンセということで入学を許可し、優秀なはずだから授業料をタダにしたのに試験に落ちたばかりか、日本からは問い合わせと批判が殺到しサーバーの負担がひどくて業務に滞りがでた。全米の弁護士からも問い合わせが来て困る。評判が落ちた。

学校の理事会はたぶん大荒れか、あるいは目を閉じて歯を食いしばって何も起こらなかったことにしているか、。頭をすくめて嵐が通り過ぎるのを待つ状態だろう。一番の被害者はFordham大だなそれは間違いない。

大学や試験当局に苦情を書いてみたところで意味はない。苦情に返事をする法的義務がないと考えるのが弁護士。小室圭の入学とJDのトランスファーに不正があったかどうかFordhamとNYBAに質問を送ったとして、彼らが動くのは、法的な根拠があるアクションが必要な法的文書だけ。だから1)と3)も答える法的根拠がない限り答えない。

もしかして司法試験当局とFordhamの間にはすでに何かのやり取りがあったかもしれない。もしあったとしてもその情報を一般に発表する義務はない。トリックを仕組んだ在米の支援団の弁護士たち。彼らも固く口を閉ざして動かないだろう。弁護士団「弁護士の教師」の口から情報が漏れてくることはない。弁護士が口を開くのは法律でその義務があるときだけだ。

日米ついでに英国の弁護士がNYBEA経由でFordhamと小室支援・弁護士団に質問状を出したとして、返答を求める法的根拠がある場合は、答えはNYBEA当局に”弁護士答弁”がくるだろう。

Fordhamへの質問状は当然 小室圭の入学条件についての質問に決まっているが、彼の「欠格」については奥村弁護士関係者が用意した推薦状や理由書があるわけで、Fordhamはそれらの書類を疑う理由がない、提示されただけから。Fordhamはセーフ。

日本の奥村氏関係者や推薦状なり理由書なりを書いた日本人にまでNYBEAの質問状が来るか、そこまでやるか?と考えるとやらないと思う。アメリカ側の関係者がまずターゲット

この件は、誰かの代弁をしている弁護士の対決ではなくて、弁護士が弁護士のやったことに疑問を表している。弁護士・対・弁護士の案件。

この案件を詰めたとして、Fordhamか日系弁護士かどこかの弁護士を追い落とすことになるだけ。インチキに同意したFordhamが一番の被害を被っている。本人の小室圭は試験に落ちているし。NYBEAは去年の試験結果を見られるはずだ。彼が2月の試験にパスすると思っていないのじゃないか?あと10日ばかりで2回目で、落ちれば何もしないだろう。帰国してしまえばケースクローズだ。

ただし、アメリカ側支援隊・弁護士は全面撤収してしまい、小室陣営はいま裸で守りがない。

NYBEA当局の落としどころとしては、一通り法科大学校関係者に法律順守の特別通達などを送付しておしまいじゃないかと思う。

それとも、篠原氏が語った入学+卒業に関係して日本政府から利益供与を受けた弁護士がいたとして、アメリカ人弁護士が「彼ら」を糾弾するなら、利益供与した日本政府関係者も引っ張り出さなければならない。本気でやるとは思えない。質問状に答えさせたという事実を残して工作に携わった弁護士たちにくぎを刺した。
日本の政府関係者は逃げると思うぞ。すでに領事は変わったし。

蛇足:

つくづく不思議だと思うのは、小室圭のたぐいまれな能力だと思う。
この男の周りにいる彼にかかわった人間は、汚物を浴びて汚れていくのである。レストランのお嬢さんとか、母の婚約者とか、世話になった事務所の弁護士達とか、妻の父とか、ことごとく汚物の飛沫をあびてダメージを受けていくが、本人はキズつかない。

彼がクソ壺に飛び込んでハネを浴びた周りの人間だけが汚れていく。本人は無傷。今回の疑惑の追求でも最悪、NYBEAから受験資格が取り消されるくらいで、もともと合格する学力がなかったので「ヘ」でもない。
一体どういう前世をつんでこんな人間が生まれたのか?不思議。


mikie@izu について

海外在住何十年の後、伊豆の山に惹かれて古い家を買ってしまい、 埋もれていた庭を掘り起こして、還暦の素人が庭を造りながら語る 60年の発酵した経験と人生。
ブックマークする パーマリンク.

1件のコメント

  1. 仰る通り、F大は一番の被害者かもしれないですね。日本から問い合わせがかなり来ているのでしょうし、日本では大変有名になってしまいました。でも、Mikieさんが仰る通り、関係者は全て弁護士だし、直接不利益を被った人たちが出てくるとは思えないので、このまま日本人がネットで呟いて、その内に忘れていくという感じかもしれません。それに、アメリカでも王族の子息は特別扱いを受けても当然ぐらいに思っている人たちも多いように感じます。なので、F大のコンプライアンス部なんかも困っているかもしれませんが、現地ではそれ程Reputationに影響はないかもしれません。

    一応、ABAやF大の規定では厳しいル-ルはあるようです。ABAのルールとしては、法科大学はそのカリキュラムをきちんとHP上で明記しなければならず、LLMからJDに編入の不可なども明記すべきだそうです。それから、学生から苦情があった場合には、きちんとその手順に沿って対処しなければならないそうです。外部からの苦情に対しても、重要なものについては、その対応を慎重にしなければならないだろうし、記録保存しなくてはならないのではないでしょうか。でも学校内部の事なので(例え外部監査があっても)外部には漏れないし、私たちに伝わる事はないでしょう。

    でも、とは言え、日光のお猿さんのように見ざる聞かざると言うようになる必要もないと思います。篠原さんは情報提供者の方と連絡を取りながら引き続き頑張ってもらいたいです。

    ハリ-の仕事塾で、情報提供者さんによりABAのルールの事などまとめられていますので、ご参考まで。

    https://www.youtube.com/watch?v=pOFL-f1cSqw

    ps ご意見板にコメントさせて頂きましたが、リンクを張るとエラーになるようでした。

  2. 度々失礼します。Takuyaの本音の館Youtubeのコメント欄で気になるコメントがありました。

    引用「個人的に調べたらLS社は東京在住の講師を一月中に雇った動きがありほぼ試験対策用の講師だと思うので、試験は受けさせられるはずです。」引用終わり

    と書かれていました。どうしてこのような事が個人的に調べられるのか分からないのですが、こんな事があり得るのでしょうか。。。

    https://www.youtube.com/watch?v=9L1vhA6NPAU&t=915s

    • コメント欄まで気が付きませんでした。東京在住?を雇うとはオンライン講師としてサービスを利用した?ということでしょうか?
      どこまでホントなのか。

  3. 実は束の間の甘い夢を見させてから切り捨てるのが最初からのプランだったりしないでしょうか。甘い汁を吸い続けるためにサポートを続けるにはリスクがあります。
    手を貸したフリをして、外的要因を装ってサポートを止める。恩を売ることが出来て、継続的なサポートから解放される。なので疑惑を追求するように仕向けたり情報をリークしているのはサポート陣という妄想をしています。
    試験不合格の報が流れた際、学力の問題ではないという謎ワードが出回りました。不合格ではなく失格になるよう不正をリークしたから、点数は関係ないということなのでは。絶対に合格点を取れる自信があるほどに優秀なのかもしれないし、オンライン試験だったから点数的には申し分ない結果になるよう対策を講じたのかもしれない。だから、学力の問題ではないと言い切れたのではないかと疑ってしまいます。

  4. たぬきおやじ

    F大を擁護する気にはなりませんね。どこかの国の元環境相がコロンビア大に留学しましたよね。小室圭の支援者も最初は皇室の威光を利用して、彼を有名どころに押し込もうとしたんじゃないですかね。ところが上手くいったのはF大だった。F大は話に乗っかったわけで、共犯でしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

  • footer