NOと言おう

ニューヨーク総領事館にNOと言おう。
小室圭に企業を一つと資金を与えて永住権をくれてやるようなことをさせてはいけない。

#NOと言おう

#小室圭にベンチャー会社をくれてやるな

アメリカに住んでいる日本人、日系人の諸君。
あなたは永住権を取るまで何年待った?どんな我慢をした?どんな犠牲を払った?

出国ができず待っている間に、親族が亡くなった方もいる。親を呼び寄せるために、自分の愛しい人のために国籍を捨てて永住権を取らせた。
困難な時期にはダブルジョブは当たり前だった。自分の努力でビザを取り勉強をし資格を取って、永住権を取って、自分の力と責任でアメリカに居場所を築き上げてきた。

領事館?
東北大震災の時は草の根からファンドレージングをし、物資を募り日本に寄付をした。領事館からねぎらいのメールをもらったことはない。大規模ブッシュ・ファイアーの被害の時も、安否のメールさえもらったことはないな。

小室圭は今政府にベンチャー企業を一つ作れと要求している。
会社を作る能力もない男が、企業を作ってもらって資金を注入してもらってオーナーになり、自分の永住権を取るために利用しようとしている。

小室圭は借金の山を作るほか、自分でどんな成果を出してきたか?
本来入学できないはずの大学に入学し、取れないはずのコースを取り、資格試験は失敗した。自分の力ではアパートさえ借りられず、警備費も払わず、ビザをスポンサーしてくれる会社がないので、今日本政府に自分の永住権を取るための会社を一つくれと要求している。

小室圭の行為を看過できるか?

コロナのせいで失職し、収入が減り子供を抱えて困難な時代を耐えている日本の諸君。日本政府はこの人間のためにベンチャー企業を一つ資金を90万ドルくれてやろうとしているかもしれなのだ。彼の永住権のためだけに。

永住権を取った後は、ロイヤルストーリーを何十億で切り売りしてアメリカでぬくぬくと暮らしていくのか。
日本の納税者はこんなことのために苦しい中、税金を払ってきたのか?

NOと言おう。NOという意思を示そう。声を上げよう。
ニューヨーク総領事館にNOと言おう。日本政府にNOと言おう。
SNSで意見を発信しよう。

業務を妨害したなどと、ケチをつけられないために手段は考えていたただきたい。まずはSNSから

******
情報が検証できる場合は発表された記事から検証する。
●例えばLowenstein Sandlerで働き始めたからOPTと推測できる。OPTの期間は1年なのでOPTの終了時期は5月だ。
●彼の学生ビザは5月で切れるので、ステータス変更はすでに手続きが始まっているか進行中であるべき。
●5月過ぎに別の企業で働き始めたら、その企業がビザのスポンサーであると断定できる。
●ジャーナリスト篠原氏/雑誌テーミスの情報がどこまで正確かを検証する方法は、我々第三者にはない。
●突拍子もないウイスコンシン計画がリークされたが、計画自体の存在を否定する情報も今のところない。
●「ベンチャー企業」についての情報は、テーミス/篠原氏が最初のリークである。

●テーミスは読んでいない。F1の失効時期と「ベンチャー企業を要求した意図」を永住権と結び付けて結論したのは、今のところこのサイトだけである。

もし、「ベンチャー企業」が事実無根の情報であったとしても、これまでの日本政府の行き過ぎた「支援行為」は国民の我慢の限界を超えている。

日本政府による1個人へのビザの支援などをやさせねばならない。Noと声を上げなければいけない時期に来ているのだ。

後記:さすがの外務省も小室圭のこの要求はのまなかった。代わりにウイスコンシン計画を進めている。

関連記事
緊急:小室圭の狙いは永住権だった

ベンチャー企業を用意しろという意味


mikie@izu について

海外在住何十年の後、伊豆の山に惹かれて古い家を買ってしまい、 埋もれていた庭を掘り起こして、還暦の素人が庭を造りながら語る 60年の発酵した経験と人生。
ブックマークする パーマリンク.

1件のコメント

  1. コロナ禍において在外邦人への給付金など何も講じなかった政府が、このおマヌケ夫婦のためなら湯水のように出費する。なにが邦人保護でしょう。
    誰と結婚しようがどこへ行こうが構いませんが、皇族時代に築いた繋がりとは一切縁を切って外国の要人とは金輪際関わらないことを確約すべきです。反社との関わりが取り沙汰されただけで干されるのが当たり前の世の中で、どっぷり反社と関わってきたひとを夫とするなら地獄を見る覚悟が必要です。

  2. 仰る通りです。
    グリーンカードを取得するために、嫌味たっぷりのイミグレのおばさんの言葉は今も忘れられません。この人はまともに口をきけないのかとじーと顔を見てしまいました。もちろん、ダブルジョブもしました。
    各々大変な思いをしてグリーンカードを取得しているのです。
    おまけに最近ではコロナで運転免許の更新も出来ず、グリーンカードの再発行(10年目でした)にも10ヶ月以上かかり、ID の無い生活は心細かったけど誰も助けてくれる訳もなく、、というのがアメリカに住む外国人の生活です。強くもなりますわ
    お気楽に考えてアメリカで遊んで暮らしてる人は許せません。NO, NO, NO です!
    Aloha

  3. kKの「ウィスコンシン計画」と「ベンチャー企業」についての情報は 「月刊テーミス」によるものと篠原さんが言っておられます。

  4. りんどう

    mikie様 記事のアップありがとうございます。
    ベンチャー記事の真偽は一国民にはわかりませんが、雑誌が記事に色を付けるにせよ何かの動きがなければ書かれることはないでしょうから恐らく、何かがあったのでしょう。日本国民がNOと言えるのは首相官邸へのメール(冷静な意見)でしょうか。余談ですが、圭氏はどの程度のお金を目標としているのでしょうね。仮にどこかと10億の契約を交わしたとして、8割は税金??(確かではありません勘です)終身の安楽な生活保障だといくらくらいになるのでしょう。また、彼らが持っている「売れるネタ」とは何でしょうか?ロイヤルに関することでしょうか?眞子さんは「日本」を売ってお金に変えようとするのでしょうか?やや感情的なコメントになりますが、歴史を振り返って米国でご苦労された先人たちのことを思います。また、往来の敷居が低くなってからでもそれぞれがざまざまな苦労を重ねてそれが米国での日本の評価や信頼にもつながっているのでしょう。結婚時の意見表明で自分達のわがままのために日本国民を敵に回した二人は、今度は在米日本人や日系の方々をも敵に回すのでしょうか??

  5. 大船山・黒岳

    YouTuberの水面ニュースさんの動画に本年1月27日(木)に秋篠宮皇嗣同妃両殿下が1月11日付で、ニューヨーク総領事館の総領事に就任した外務官僚の森美樹夫氏(59)に赤坂東邸で接見したとありました。

    https://www.youtube.com/watch?v=pqxbWQufb-s&ab_channel=%E6%B0%B4%E9%9D%A2%E3%83%8B%E3%83%A5%E3%83%BC%E3%82%B9

    秋篠宮皇嗣同妃両殿下からNY滞在中の娘夫婦をよろしくとお願いされたことは疑いの余地がありません。小室圭にベンチャー企業をプレゼントする件もこの時、話し合われたのかも知れません。いずれにしても、ニューヨーク総領事館の総領事に就任した外務官僚の森美樹夫氏は全力で税金を使いサポートすることでしょう。
    全く許せません。

  6. NY領事館絡みの記事としては、下記の通りだと思います。

    1 在NYのメディアとの報道協定
    2 領事館にお世話係の人を置く
    3 NYアパートの契約等のお世話

    そして、篠原さんのビデオで話されていた疑惑としては、NYアパートの家賃や警備等も外交機密費からではないかと言うことでしたね。これが本当なのか分からないですが、疑惑が出るのも、上記のような事が週刊誌に出て、それを否定しないからでしょう。間違っているなら、領事館は否定してもらいたいです。AさまK子さまが領事にご接見されたそうですが、このタイミングで大胆ですね。AさまとK子さまの日中の時間は公務のための時間ですよね。離脱した娘のために領事に会っていたのではないとは思いますが。。

    少し話がずれますが、NY在住の方々は、領事サ-ビス向上のためのアンケ-トを取っているそうです。(これは他の国でもやっている事でしょう)

    https://www.ny.us.emb-japan.go.jp/itpr_ja/11_000001_00566.html

  7. 日本国内で声を上げてもどこもシレっと無視しそうですよね、外務省、首相官邸、衆院、参院。それよりはUS OCCにマネロンの可能性として通報することも考えてみちゃいました。どこであれば無視しないで調査してくれるんでしょう

  8. 今ちょうど、領事館・領事事務所から「領事サービス向上・改善のためのアンケートへの協力のお願い」のメールが届いているので、KK夫妻に対する特別扱いについての疑問と不満をコメントとして書き込んで、返信しようかと思っています

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

  • footer