戦闘 配置につけ

おばちゃんは腹を立てると生きる気力がわいてくるタチである。

あらかじめ断っておくが、以下の話は別のパラレルワールドの別の地球の州での話であって実在の人物ましてやおばちゃんとは全く関係のない、知らないおばちゃんの話である。

パラレルワールドの知りらないおばちゃんはある日女の子から相談を受けた。
ルームレントしていた女の子が部屋をでて引っ越したのだが、大家がセキュリティ・デポジット(敷金だな)を返してくれないのだという。
引っ越しの日には大家が部屋を点検した後に修復箇所があれば修復して、敷金から引いて残りはチェックで引っ越し先に郵送するということだったのに、2週間たっても1月たっても音沙汰がなく電話をかけメッセージを残しても返事がないのだという。

若いので大家からなめられているのであった。
パラレルワールドのカリフォルニアでは、退去の後大家は修復した場合ならその明細を明らかにし2週間以内にテナントに敷金の残りを返金しなければならないという法律がある。

おばちゃんは、ランドロード・テナント州法ページをプリントして、女の子に敷金の返還を要求するDemand Letterを大家に書けと言った。プリントした州法も同封して送れと。

大家から返事があったが、修理修復の明細はなんだかんだと敷金より多いと言い張っているらしい。請求書もやはりださない。大した修復もないのに金に汚い大家だ。

そこでおばちゃんは大家を調べた。
なんでかというと、大家は毎月のレントをキャッシュオンリーで要求していたのであった。現金のみ。記録が残る小切手はお断り。

へ~イ!「現金のみ」
わかりやすい大家さんである。大家さんが一番怖いのは、IRS(税務署)ですね。
それでルームレントを集中検索すると、大家さんのテナント募集の広告が上がってきた。一番古い広告の履歴もプリントアウトして、女の子に渡し $600/月X12=$7200 一部屋分 X 何年分
大家さんがレント分の収入もちゃんと申告しているのかどうかIRSに聞いてみると言ってやれと教えた。
女の子は無事敷金の返還を受けたようであった。

これもまたパラレルワールドで3つくらいずれた世界の話である。
知らないおばちゃんはビジネスを営んでいたが、出始めの携帯電話がウザかった。ふと思いついて邪魔があったらなと思い検索をかけたらイスラエルのオンラインショップが出てきた。さすが世界の武器庫みたいな国である。危ないものがゴロゴロあった。

邪魔も当たり前にあった。
邪魔はパラレルワールド米国では違法であった。
連邦法に引っかかるのだと思う。持ってるだけで違法。ところが、オーストラリアと日本では合法だったのだ、当時ほえ~。

カスタマーサービスメールで問い合わせると、米国は違法だから売れないが日本とオーストラリアなら売ってあげると言う。なるほど。おばちゃんはパラレルワールドの日本に転送住所があったのである。

日本なら売ってくれるよね?No problemってわけでイスラエルのハードウエアショップはあるものを日本の転送住所に送ってくれた。日本の転送は米国のおばちゃんに送ってくれた、コンピューター部品として。何の引っ掛かりもなく届いた。
むろん邪魔ではない。連邦法違反をする気はなかったから。

その代わりXXXを買った。イスラエルのショップの品ぞろえを見たら携帯電話の件はどうでもよくなり、別計画が浮かんだのであった。当時悩んでいたことで。

相手が正攻法でぶつかっても大きすぎて勝ち目がないときは、まず相手が何に一番弱いか考える。相手のビジネスを規制する役所はどこか、ライセンスを管理するのはどこの役所か?申告はしているのかどうか?ETCを調べる。

オンラインのカスタムオーダーでXXXのxxを作った。出来上がったxxはLAの転送住所から手に入れた。別のXXXで、ビジネスあるあるの相談をして返事をゲットした。その返事の主語をチビっと変え宛名をある人物にして印刷した。その手紙とイスラエルで買ったXXXを同封して、XXXのXX宛に、同時に別封筒でXXXXのXXにこちらはXX承りますのオンライン資料を印刷してXXもつけて投かんした。
XXとXXがXXXするように。

xxxとXXに入るのは何か?
税務署 仕事 喧嘩 恋愛 チワワ 誕生日 事務所 水泳 競争 人類 平和 機関銃 原爆 INS 監査 兄弟 ユダヤ カード 名刺 警察 操作

別のパラレル地球の話であった。正解がわかったらあなたはよっぽど頭がおかしいか性格が悪い。

mikie@izu について

海外在住何十年の後、伊豆の山に惹かれて古い家を買ってしまい、 埋もれていた庭を掘り起こして、還暦の素人が庭を造りながら語る 60年の発酵した経験と人生。
ブックマークする パーマリンク.

1件のコメント

  1. 私の知り合いでも、週に2回ぐらい雇っていたメイドさんが、お金がないから正式に雇うのではなく、現金で支払いをしてくれみたいな事を言ってきたらしいんですが、即、辞めてもらったそうです。そんな事をすれば、そのメイドさんが仕事上で怪我したりしたら保険がおりないし、その知人の税金のメリットもないから(使用人を雇うと税法上メリットあるのです)。その首になった人はショックで、考え直してくれとか電話してくるそうですが、もともと働き方も悪くなっていたので、考え直せないそうです。色々な人がいますね。。

  2. WeloveNYさんが、興味深い配信をされています。NYの総領事のジャパンナイトの始球式中止について。WeloveNYさんが仰るように、私は、多分、これはジャップに始球式をして欲しくなかったのだと思います。そんな事はない、これは行き違いだと言う人もいるかもしれませんが、実際に現地に住んだ事がないとその感覚はわからないかもしれません。NYポストにこの始球式の事についての記事が出ていますが、そのコメント欄がすごいです。

    https://www.youtube.com/watch?v=mk6JzkwGU1k

  3. お疲れさまでした。結果までたどり着くのに、ご心労もあったかと思います。これから暑くなる時期です。体調など壊さないようになさってくださいね。

  4. りんどう

    ジャパンナイトの始球式。仮に日本人に対する嫌がらせであるとしたら、ダメージを受けるのはアメリカサイドです。うろ覚えですが、大坂なおみさんや鳩山由紀夫氏も始球式に参加した事があったかと。故意にしろ手違いにしろ、あってはならない事だと思います。改善されてきたとはいえ、人種に対するさまざまな偏見や差別、嫌がらせはアメリカのみならず欧州でも感じる事があります。人類の永遠の課題かも知れませんね。

  5. 人種差別って、白人至上主義と共に、第二次世界大戦パールバー等色々な要素が混じっていたと思います。そして更に、コロナの事でアジアンヘイトがあります。

    りんどうさんも仰るように、欧州も差別は多いです。コロナ関係のアジアンヘイトは、多分アメリカの方が多いのかなと言う気はしますが。。心の中には差別する気持ちはある人が多いんですが、それを出すかとうかで、老人なんかは割と本音が出てきます。スポ-ツ選手も荒っぽいので、酷い言葉が出てきたりするようです。アメリカはNYはそれ程ではなくても、田舎に行けば行くほど差別が多いのではないでしょうか。それは欧州でも同じような傾向だと思います。パリではあまりなくても、少し郊外の都市に行くと結構きつかったりするようです。日本人は、自分たちを名誉白人的に思っている人がいるようですが、大きな勘違いだと思います。

  6. ハリ-の仕事塾で、興味深い配信をされています。要点は以下の通りです。

    ・ 就労ビザの申請登録が3月1日から18日で、その抽選結果が3月末までに雇用主に通知される。

    ・ 雇用主は、ビザの申請をする際に、労働省に労働条件申請書(LCA)を提出しなければならない。普通は申請登録したらLCAの準備もするそう。

    ・ ハリ-さんのお知り合いのNY在住弁護士さんが方チェックしたところ、LSはLCAを3月31日までに一件も提出していない模様。

    ・ しかし、4月以降にする可能性はある。これについては、7月にはわかるだろう。

    https://www.youtube.com/watch?v=hlV_z8nEWJs

  7. Mikie様、春子様、皆様、こんにちは。定期的に下記のサイトを見ています。

    https://h1bgrader.com/green-card/sponsors/lowenstein-sandler-llp-op0ldd342l

    ここにすべてのデータが吸い上げられるのか、仕組みは分からないので、手探りです。

  8. WAKAさん、ハリ-の仕事塾の情報提供者さんもそのサイトでチェックされているようです(ハリ-の仕事塾配信を参照)。 やはり、4月15日頃、試験の結果が分かってから(抽選に当たっているとして)、LSはビザ申請しているのかもしれないと思います。LCAはその少し前なのかもしれません。もちろん、ビザを申請していない可能性もありますが、最近のSECの窓口の事とか考えると、申請しているような気がします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

  • footer