日本人が米国で離婚するとき

“もし“の話である。
独身の日本人が渡米してNYで婚姻手続きをしたら、離婚はNYの離婚コートにファイルして進められる。

小室夫妻の場合はNYでは離婚裁判にならない。協議離婚なら総領事館に離婚届を出すだけでよいはず。何故なら、小室夫妻は日本で入籍してカップルとして渡米したから。

日本の協議離婚は簡単だ。ただし両者が合意すればの場合。小室圭が協議離婚に合意するかどうかは全く別問題。

ニューヨーク生活の生活費である小室眞子と離婚するということは、小室圭の人生計画そのものが無効になると同意義なので、例えば小室眞子さんが愛想をつかして離婚を思い立ったとしても容易ではないと思う。

それどころか、眞子さんが離婚をほのめかしただけで夫の抵抗にあうと思う。秋篠宮と眞子さんの密約であったという生活が安定するまでは子供を作らないという約束を守るよりは、しゃにむに子供を作ってしまったほうが離婚条件を主張しやすくなるだろうな。子供の父を無一文で放り出すわけにいかぬから。

NYで協議離婚できない場合は、帰国してから再度離婚条件を話し合うか、宮内庁差し回しの弁護士が入って、小室圭が納得する離婚条件を交渉するしかないのではないか。調停から離婚裁判に進展させて、国民全員が注目する離婚裁判ショーを開催する根性はきっと宮家にも宮内庁にもないに違いない。こういう時、婚姻前にプリナップ(婚前契約書)を交わすアメリカ人のほうがなんぼかまし。

あくまで仮定の話であって、しかも夫婦の仲は他人からはわからない上に、元皇族と小室佳代氏の息子なので話はどう転ぶか、さらに小室母の1600万強要スキャンダルと公金詐取疑惑はどのように決着がつくのか、国民の怨嗟の的、小室劇場はまだ続くのだ。

カリフォルニアの離婚

国際結婚あるある

混血と遺伝子サイコロ 

海外の嫁姑事情

さらに海外の嫁姑

  • footer