洗濯ライフ

おもちゃを買ってしまった。
ミニ洗濯機

現役時代は仕事が終わった日曜日の夜に洗濯をした。日本でも週一に洗濯をするつもりで大型洗濯機を選んだのだったが、東芝ザブーンは11Kgまでの洗濯容量があって洗剤を入れてスイッチを押せば乾くまで何もしなくてよい。

ところが日本の夏は蒸し暑い。汗をかく。庭仕事でも着替えるので洗濯物がたまる。11キロ分たまるまでバスケットに置いておくと野良着がなくなってしまう。庭仕事用は上下3セットではとても1週間には足りない。こまめに洗わないといけない。毎日家にいるのでタオルや布巾類も毎夜に洗いたい。

ザブーンはいったん蓋を閉めてしまうと、タオルを追加したくても、乾燥まで時限付き金庫と同じ。すべてが終わった3時間後にタオルを2枚だけ新規で洗うとか水と電気がもったいないのではないか。

それでお風呂やキッチンカウンターに置いて洗濯をできるようなミニ洗濯機があるといいなと思っていた。リサイクルショップではほとんど見たことがない。この間、また洗濯機にタオルを入れ忘れて、やっぱ少量で洗える洗濯機だな。

で、メルカリで買ってしまった。
届いたら「ミニ」という言葉だけでスペックを見なかったおばちゃんの失態が明らかになってしまった。
おじちゃんが受け取ったのはちょうど大型扇風機が入る位の段ボール。
しまった、そういえばTシャツが6枚まで入るって書いてあった。キッチンカウンターには乗らないだろう。

事実を直視するのが嫌さにその晩は玄関先に段ボールを放置した。次の日の夕方、おじちゃんがしびれを切らして段ボールを開けリビングに洗濯機をぶら下げて(片手でぶら下げられるほど軽かった)持ってくると、若干小さく見えた。縦横35X35高さ50センチくらいか?

どうやって使うのだろう?マニュアルはついていなかった。本体には洗濯・すすぎと時間タイマーがある。付属のホースと内かごがついていた。
ホースというからには水道とつなぐに違いない。ところがキッチンの蛇口の口径と合わないので浴室で使うしかない。

浴室の水道につないで給水する。本体から排水のパイプが垂れていてそこから水がじゃあじゃあ出る。水が出てしまっては洗濯できない。

その光景がおばちゃんの頭脳のどこかを刺激した。
60年前くらいの洗濯機は確かこんな風にホースを倒して排水した。排水したくないときはホースを上向きに本体に引っ掛けるのである。するとサイフォンの原理で水は溜まる。

そこからは早かった。洗剤を入れタオルとおじちゃんのTシャツを入れてタイマーを15分に回すと、ゴンゴンと回り始めた。一丁前に洗濯機である。ミニ洗濯機。楽しい。
おじちゃんも面白がって覗いている。
15分経つと止まる。音もしない。

さて、次はすすぎである。昔のおばちゃんの実家は、井戸水と水道の両方があって井戸水につないだナショナルの洗濯機はホースを横倒しに排水したまま、井戸水からは水を流しっぱなしにしてすすぎをしていた気がする。


この山の水道代は高い。
渇水のカリフォルニアより水道代が高いのである。
昔山を開発するとき町が水道の施設費をうんと吹っ掛けたらしい。とっくに施設費の償却が終わっても水道代は高いままである。山に住みたいなら高い水道代を払えるんでしょ?というわけか。

資源と水道代を考えるとざあざあと水を流しながらすすぎをするべきではないな。脱水しすすぎを2回くらいしてから5分くらい水を流して手打ちとする。

次は脱水である。
60年前の洗濯機は脱水機能が付いていなくて婆ちゃん達は衣類を手で絞っていた。
その後圧縮ローラーが付け加えられた。ローラーはキッチン・ラップの芯より若干直径が太く長さは40センチくらい。そのローラーを2本並べて、隙間に洗濯槽から引っ張り出したおとうちゃんのステテコなんかの端を突っ込んで、ローラーについたハンドルを手でぐるぐる回すのである。
そうするとステテコがのしイカのようにペッタンコになってローラーの反対側から出てくるのであった。水切れが悪かったりすると、もう一度ローラーに突っ込んむのである。子供のころおばちゃんには面白かったが、ハンドルを回すのは力がいってなかなかの労働だった。

ミニ洗濯機は圧縮ローラーより発達した遠心分離機方式の脱水が採用されていた。洗濯槽から水を抜いた後、付属のかごに衣類を戻し洗濯槽にいれてまたスイッチを入れるとかごが回転して水けを切る、多少、ココロモチ、気休めに脱水。衣類はまだ重たい。どちらかといえばサラダの水切りにいいかもしれない。

ただ!このミニ洗濯機はゴンゴン動く。
浴室の洗い場は若干傾斜がついていて水平ではないので余計に踊る。跳ね回る本体を両手で抑える。餅つき機に転用できないか?

とりあえず洗濯過程は終わったので、改めて東芝ザブーンに入れて脱水と乾燥をする。少量の乾燥でふわふわに仕上がったが、たたむときに気が付いた。おじちゃんのTシャツが白い。
ドラム式洗濯機には「汚れが落ちない」という書き込みがある。もしかして本当かもしれない。

結局、野良着のジーンズは大きすぎて入らない。下着とタオルの洗濯には使いやすいかも。水は意外と使うかも。洗濯という行為を純粋に楽しむことができる。それなりに大きいミニ洗濯機の仕舞い場所はどうするか。今のところ役にたつのか失敗なのか評価がつけられない。

追記、

今日は爽快な天気で涼やかな風があって汗もかかなかった。おじちゃんは玉ねぎの植え付けや大根の種まき、桜の木に毛虫がついたというって作業していて大汗をかいたよう。シャワーを浴びて着替えてもリビングにやってこない。どこにいるのか探したら洗面所からゴソゴソと音がする。
洗面所のドアを開けたら、ミニ洗濯機を両手で抑えているおじちゃんがいた。
水平な洗面所でもこの洗濯機は脱水で踊るようだ。

  • footer