小室圭・父親になる覚悟―

これからも「他人の善意」に頼って生きていくのかーープレジデント・オンライン 
元木 昌彦7・26
https://president.jp/articles/-/59960

ジャーナリストの元木昌彦氏が女性セブンや女性自身などの週刊誌を読んで妊活に励む小室夫妻について書いた記事。

元木氏はーーー
もし、小室圭さんが3度目の司法試験に受からなかったら、眞子さんが持っているといわれている“持参金”を取り崩してしのいでいくしかなくなるが、子どもをニューヨークで育てていくには、1億円といわれる“貯金”もそう長くはもつまい。
週刊誌には、“かなりの額を補塡(ほてん)してくれるパトロンがいるのかもしれない”というたぐいの噂がよく載るが、秋篠宮家ではないとしたら、奇特な大富豪でもいるのだろうか。
だが、タダより怖いものはない。元皇室、将来は天皇の姉君というブランド欲しさに近づき、食い物にしようと考えている人間がいるかもしれない。――

元木氏は自分の娘や息子が結婚したかのように、二人の心配をなさっている。日本人としてまっとうな方なのだと思う。


あまりまっとうな生き方をしてこられたので、小室圭が――元皇室、将来は天皇の姉君というブランド欲しさに近づき、食い物にしようと考えている人間ーー
そのものかもしれないとは思い当たらないのが不思議。小室家は母と息子と2代にわたって人の善意と好意を「食い物」にしてきた。

――小室圭さんは逆に、幼い頃から金銭的な悩みを抱え、そのたびに、他人の誰かに助けてもらって生きてきたようだ。
きついことをいえば、2人とも自ら金銭的な問題を解決したことがない。なんでも人任せだったはずだ。しかし、これからも他人の善意にすがって生きていけると思ったら、甘すぎるというしかない。
生まれてくる子どもたちがそんな両親を見て育てば、人間にとって一番大事な自立という精神が養われるだろうか。――


これまたごもっともな高説である。
ただ、世間とかおばちゃんとかは、もっと下世話なひとであって、小室圭が人の好意に甘えてきただけの人間ではないと感じている。

彼が狙っている究極の人生は、自分で努力せず究極の金づるを捕まえて一生安楽に暮らすことである。ド平民の彼に捕まえられるこの世で最強のカードをつかみ、“あがり“にするためにはぜひとも元皇族の妻に子を産ませねばならぬ。

なぜなら、離婚すれば彼はただのド平民。ところが子供さえいれば元皇族の子の父、あるいは将来の日本皇室につながる天皇のいとこの父というブランドが手に入るのだ。離婚してもとても強いカードである。

元木氏の記事はつづく
―眞子さんに子どもが生まれれば、秋篠宮家にとっても初孫である。可愛くないはずがない。皇室としての面目などかなぐり捨てて、母親がニューヨークに飛んで行くはずだ。肉親の情というものはそういうものである。
国民もそれに対して異を唱えるとは考えられない。むしろ、皇室という立場をおもんぱかって娘と子どもに会いに行かないとしたら、秋篠宮夫妻の“情愛のなさ”に、国民はやりきれなさを感じるのではないかーー

おばちゃんはカンがくるってコケそうである。
この人の頭は昭和の人情劇のようだ。生活版に書かれるところの「空気」みたいな夫だな。自分のカミさんと母親がうまくいっていると信じて疑わない能天気な夫。自分の家の嫁姑問題に気が付かない人。

眞子さんの母親紀子さんにとって 現在一番大事なのは次次天皇になる男の子ではないか?彼を筑波―東大―天皇へのレールに無事に乗せねばならない。宮家への批判がなぜ生まれたか、原因は誰だったのか国民はSNSで書いている。これ以上のスキャンダルと国民からの批判は厳禁だということは感じられていると思う。


もし小室夫妻に子が生まれて、紀子さんが孫を見に渡米できるかどうかとか、もし見に行かなければ、、、、
―まごへの秋篠宮夫妻の“情愛のなさ”国民はやりきれなさを感じるのではないかーー、

元木氏は、週刊誌だけではなくSNSも読むべき。
国民が小室問題で一体何を怒り不満を持ち誰を批判しているかご存じないのだろうか?


国民は、ニューヨークの夫妻に子が生まるのを待ち望んでいない。夫妻の子はさらに将来の皇室に影響を及ぼすことがあるのではないかと思っている。もし生まれなければ小室圭が最強カードを持つことはない。トラブルの種は将来増えないのではないか、と思う。

mikie@izu について

海外在住何十年の後、伊豆の山に惹かれて古い家を買ってしまい、 埋もれていた庭を掘り起こして、還暦の素人が庭を造りながら語る 60年の発酵した経験と人生。
ブックマークする パーマリンク.

1件のコメント

  1. この記事は特に何も新しい事はないんですが、パトロン説をまた出した事かなと思います。パトロン説と言うのはつまりご両親やおばあ様方々からの援助なしと言う印象付けたかったのではないでしょうか。週刊誌はKM関係出せば必ず売れるようなので、こんな記事ばかりですね。昨年の結婚発表の時の雑誌協会の勢いはどうなったんでしょうか。。

    私も、Mikieさんのご意見には同感で、子供を持つと言うのは彼にとっては上がりと言うか、凄いカ-ドになると思います。将来例え離婚しても、彼の子供は将来の天皇の姪か甥なので、非常に近い関係です。今日のNewYorkNowさんの動画では、彼はニコニコしていたそうですから、ご妊活が上手くいっているのかも。。確かに会場に入場したかどうかは、また追って配信して下さると思いますが。。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

  • footer