梅雨の肌寒

6月も6日だというのに、というか、朝から雨で気温は15度しかない。土砂降りでおまけに風も出てきたからちっちゃな台風が来ているようである。

朝から寒いのでついに使用止めにしたはずのファンヒーターをつけた。まるで3月じゃないか。
せっかくカンパニュラとジキタリスが咲き乱れ、アカンサスはつぼみが大きくなって今週中に咲くはずの時に。よし、これから夏の庭に向けて手入れだぁ!というところで春に逆戻り。もうひと缶くらい灯油を買っておこうかと気弱になる。

おばちゃんはせっかちなので、冬のセーターもジャケットも寝具もとっくに衣替えをして、冬は押入れの奥底にしまってしまったのである。春夏服ではストーブなしで寒い。おじちゃんが嫌味に咳をする。
お前はいつも極端なのだよ。

毎年6月にやっておけばよかったと後悔するのは、夏と秋のお花の用意である。
5月は一年で一番花が咲きほこりお花でいっぱいになるのだが、8月まで咲き続けてくれる花はそんなにない。


ペチュニアやキンギョソウは花柄を切ったり切り戻したりできるが、ビオラやデルフィニュームはそろそろ終わりだ。7月に入って夏のお花の用意がないことに気が付いて慌てることになる。

7月8月の夏のお庭に花がなくなってしまうのよ。ガウラとエリゲロン以外に緑ばっかり。
夏秋のお花は5月終わりから6月に植えておかないと。

メインストリート

5年かかってそれをやっと理解したので、今年は朝顔とコリウスとコキアとホリホックの苗を植えて、コスモスとカスミソウとニチニチ草は種を蒔いた。種から育てるのは難しいね。一袋の花の種を蒔いて一株二株くらいしか育てられない。種用のポットを使って2三株づつ蒔くべきなのだろうが、おばちゃんは面倒くさいのが嫌いだ。
根性がある奴なら直播で育てよ!と思って地面にそのまま蒔く。成績悪し。根性がないんだわ種が。

今年新たな発見があった。増えに増えたうちの獰猛なイチゴは今年もやっぱりすっぱくて、収穫の数だけは多かった。植えた5年前からすると毎年酸っぱく味が野生に近くなるようだ。元の出自のとち乙女のふっくらした果肉の柔らかさ、甘みはどこに行ったのだ?
おじちゃんが朝ボールに収穫するのだがそのままではすっぱすぎてヨーグルトに入れる気にもなれない。

2,3日分収穫がたまったのでジャムにすることにした。
粒が小さいのであえて切らないでそのまま砂糖をかけ!水が出てきたところで炊いただけ。形がそのまま残ったジャム。
期待しないでトーストにのっけて食べたおばちゃん、思わずのぞけった。
人生で食べてきたイチゴジャムの中で一番おいしい!超びっくり。酸味がいい仕事をしている。甘いイチゴだと多分このおいしさにはならない。

しまったぁ!と思った。
何故といって、増えるば~っかりで年々まずくなるイチゴに腹が立って、おじちゃんにイチゴ棚を始末してって言っちゃった。おじちゃんは不承不承に棚を始末してしまった。


ただし、子株を20ばかりポットに確保していた。来年はどこに植えるつもりなのだろう。あのいちごジャムがもう一度食べられるなら、畑に植えてもいいけど。

mikie@izu について

海外在住何十年の後、伊豆の山に惹かれて古い家を買ってしまい、 埋もれていた庭を掘り起こして、還暦の素人が庭を造りながら語る 60年の発酵した経験と人生。
ブックマークする パーマリンク.

1件のコメント

  1. 素敵なお写真なので、夫にも見せたんですが、この石段の階段のところの木々が素晴らしいねと言っていました。お花の写真も綺麗で、日本のシットリした空気が伝わってきます。有難うございました。

    イチゴがお家の庭で取れてジャムにできるなら、とても贅沢で美味しくていいですね。私はイチゴはビオの農家がやっているマルシェ等で買ったりしますが、250グラムで800円以上したりします。私も朝は必ずジャムを食べるので、毎週果物を煮てジャムを作っています。お砂糖はあまり使いたくないので、果物の分量に対して10%以内にして、冷蔵庫で保存し、一週間以内で食べきるようにしています。冬はリンゴ、その他の季節はアプリコット、ブル-べり-、イチジク、プラムなどで作ります。イチゴ以外のベリーだと、パイやタルトもできるし、いいですね。

  2. mikieさんちのお庭。
    綺麗ですね~。
    梅雨空の朝からほっこり。
    ジャムを作って食べるとは、何と贅沢な。
    当方は20年花が咲かない木々の庭の手入れは、いい加減つまらなく、洗車の方が好きと言う。。
    住宅用の埋め立ての土が土台に使ってあるので、そもそも庭用の土では無いので入れ替えが必要と庭師に言われ諦めました。(笑)
    お庭も維持管理が大変ですね~。
    美は一日にしてならずとは、正にmikieさんちのお庭を言うのでしょうね。

  3. りんどう

    記事のアップありがとうございます。

    美しい花々と瑞々しい翠に心が癒されます。
    庭仕事はたくさんの発見があって面白いですね。
    最近は異常気象でゲリラ豪雨などの災害も増えていますが、
    日本本来の繊細な四季の移ろいを大切にしたいと感じます。
    今月末には茅の輪くぐり。季節は夏に向かいますね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

  • footer